家庭 > 夫婦関係

うちの旦那は最低ですか?私の心が狭いですか?

4歳2歳0歳の3人の子がいて臨月の妊婦の専業主婦です。
最近旦那の行動にイライラしていてママ友に愚痴ってもそれはありえなさすぎると言われることが多く、旦那とも喧嘩になりました。
旦那は会社経営していて平日は仕事&趣味などで育児はまったく手伝わないスタンス。仕事終わったあとにご飯食べいったりジムにいったり夜中からサーフィンしにいって帰って少し寝て午後から仕事いったり美容院いったりと本当に自由です。
取引先との付き合いでキャバクラなどいって朝帰りもよくあります。
朝帰りじゃないときは23時〜深夜2時頃帰宅。
家でご飯をたべることなんて月に1度あるかくらいです。
休みは急な仕事がなければ週に2日とっています。休みはほぼ家族のためにつかってくれて、外食やら旅行やらディズニーやら欲しいものやら家族の要望には応えてくれます。
でもやっぱ平日は子どもの体調不良のときなどは3人小さい子の面倒みるのがキツイときもあります。

旦那の言い分は、「週休2日で家族サービスしてる、家族のために1億円近くの注文住宅をいま建てている、私と子ども専用のファミリーカーも用意している、お金の心配をさせない生活を送らせている。だから仕事がある平日に趣味やら会社の飲み会やらを盛り込んでるわけだから育児がつらいとかグチグチ言わないで頑張ってくれ」です。

まわりの友達は共働きでも家事育児協力的な旦那さんが多く、いくら稼いでてもそんな旦那さんはありえないとよく言われます。
私も感謝はしてますがそう思ってしまい口論になったところ、「お前もお前の友達も、お金を稼ぐことの本当の大変さを知らないんだよ。俺は家族にできることを精一杯やっている」と言われました。
これは私の心が狭いでしょうか?世間知らずでしょうか?もっと旦那に感謝してイライラを我慢するべきなのか、、ママ友以外の人のいろんな意見も聞きたく、投稿しました。

ソフィー(25歳)ID:5UJZB・08/11

1779

最新のコメントへ

  1. ロザンヌ(102歳)ID:DdQMy・08/11

    心狭くないと思います。が、どんなに話し合っても旦那さんが納得して変わることはないとも思います。旦那じゃなくても、人って変わることって難しいし、そんな簡単に変われたら初めっからそんなことはしないというか、、
    そこまでお金に余裕があるなら、シッターさんかお手伝いさんを雇うのはダメなんですかね?毎日じゃなくてもたまにとか。

  2. ソフィー(25歳)ID:5UJZB・08/12

    大変だろうし手伝えないし、家事代行などは全然つかいなよって言われるのですが、お金ですべて解決されようとしてる気がして嫌な気持ちになります。家族としてどうなんだろうと、、求めすぎですかね(T . T)

  3. ロザンヌ(102歳)ID:DdQMy・08/12

    解決できるほどのお金を稼いでくれていて、その提案をしてくれることも素晴らしいと思いますよ。主さんの言いたいこともわからなくはないですが、主さんの現況であるならば、シッターさんに家政婦さんにたまにでもいいから来てもらい、自分も趣味の時間などを設けて、旦那さんにガミガミ言わない方が旦那さんとの関係のためにも家族の幸せのためにも賢明かなと思います。
    旦那さんは今の平日の過ごし方と土日の過ごし方がそれだけ稼ぐ仕事の活力になってると思えば納得できるのではないでしょうか。

  1. ナツキ(36歳)ID:PN5P1・08/11

    うーん。
    それだけの金額を稼ぐって並大抵の事ではないし、飲み会や趣味をしてるなかでの人とのつき合いも仕事に繋がっていそうですよね。
    そして休日は家族の為にいつも使ってくれるってなら、私なら家事までは旦那さんには頼まないかな…。
    でも、主さんのところは小さなお子さんも居るようですし、大変ですよね。
    掃除洗濯とかは家政婦さん雇ってもらうとか、そういうのはダメなのかなぁ?

  1. セイラ(34歳)ID:8vyKn・08/11

    うん、お金あるならシッターと家政婦入れたらいいんじゃないの?
    全然それでいいと思うよ。
    お互いのストレスないのが一番なんだから、旦那にはお金で解決してもらおう。

  1. ニーナ(32歳)ID:ZWUFa・08/11

    我が家も平日は仕事と趣味でいません。
    でも土日は子供たちと遊ぶし、ご飯も頼めば用意してくれるし、私は1人でお出かけもします。
    億近くの注文住宅も建ててもらって専業主婦してますが、夕飯の後片付けとかも頼む時あります。
    嫌な顔せず全部してくれますよ。
    私はお金稼げないけど、お金稼いでるんだ!と偉そうな顔をされたこともないし、私が家事育児してるんだ!と偉そうな顔をしたこともないし、しんどかったら助けを求めます。
    平日の趣味は健康目的なことばかりなので、仕事ばかりの夫が楽しめたらいいなと思ってます。

    旦那さんは、してやってる感がすごいですね。
    そして家事育児の弱音吐くのもダメなんですか…。自分は平日ストレス発散してるのに、弱音も吐かせてもらえないんですか…
    私なら離婚考えます。夫婦で助け合えない関係ならいらない。

  2. ニーナ(32歳)ID:ZWUFa・08/11

    週2日したくもない家族サービスしてるなら、やめたらいい。億近くもする家、建てたくないなら建てなかったらいい。
    いちいち恩着せがましいですね。
    そんなに大変な思いをしてお金稼いでいて、家族のために使うのが惜しいと思うなら、なんで結婚して子供4人も作っちゃったのかね?
    旦那さんの発言に私はこう感じました。
    そんな金いらねーわ、自分で使っとけ。たいして稼いでもないのに稼いだつもりになって馬鹿じゃねーの。ちっせー器。と私ならこころの中で思います。

  3. ニーナ(32歳)ID:ZWUFa・08/11

    そうですか(>_<)
    主さんが我慢しているように思ったので、私は私の思うところを書かさせて頂きました。
    ご気分害されたなら申し訳ありませんm(__)m

  1. カノン(46歳)ID:D2aFj・08/11

    稼いでくれて家庭優先してくれる旦那は理想だけど、世の中そんなに理想通りにはいかない。

    かなり裕福な暮らしをさせてくれてるみたいだし、週に2日は家庭を優先してくれるなら良い旦那様だと思うよ。

    巷にあふれてる普通のサラリーマン戦士たちは家庭を省みれないほど働きまくっても、奥さまたちのやりくり必須の暮らし向きなのが圧倒的多数よ。

    シッターさんかハウスキーパーさんか雇うのが一番平和だと思う。

  2. ソフィー(25歳)ID:5UJZB・08/12

    本当上を見てたらキリがないんですよね。わかっているし感謝してるんですが、なんだろ、稼いでいて家族の日の時間をとっていれば自由にさせてって言われてるのがすごいいやです。
    平日少し時間あいたら子どもと関わろうとか思わないのかなっておもってしまいます。求めすぎですかね、。

家庭 の人気トーク

  1. 1 引きこもりの息子のことでようやく支援センターに相談に行ったママ友。10...

    (家庭>ママ友・ご近所)

    パスカル(40歳) ID:9xhZF・19分前

    • 158
  2. 2 現在3人目を妊娠中ですが45週になってもまだ生まれない。自宅での自然分娩派...

    (家庭>妊娠・出産・育児)

    ユキナ(87歳) ID:s8dn9・0分前

    • 64
  3. 3 主語を言わない夫。突然、夫『どうだった?』私『何が?』とか、...

    (家庭>夫婦関係)

    シオリ(39歳) ID:8kvUY・14分前

    • 49

10/19の人気トーク

  1. 1 snsによく書いてあるぞわぞわしちゃう系ハッシュタグのトピ

    (雑談>馴れ合い)

    イゾルデ(70歳) ID:rh3tF・2分前

    • 139
  2. 2 ジュリー😱沢田研二ドタキャン騒動 これで二度目💦観客が少ないって お...

    (雑談>独り言)

    リリー(88歳) ID:PdvuO・4分前

    • 222
  3. 3 引きこもりの息子のことでようやく支援センターに相談に行ったママ友。10...

    (家庭>ママ友・ご近所)

    パスカル(40歳) ID:9xhZF・19分前

    • 158

関連したトーク

  1. 結婚して6年、子供2人います。最近旦那に自由になりたい。とかもっと考えて結婚すればよかったとか言われます。今日も呑気に飲みに行っ...

    (家庭>夫婦関係)

    キャシー(30歳) ID:IxxiS・2014/11/28

    • 22
  2. 旦那には仲の良い男友達が二人ほどいます。「家族ぐるみの付き合いって良いよね~」とよく言っていて、その男友達家族とうちの家族と旅行に...

    (家庭>家庭総合)

    リリト(33歳) ID:KVXjm・09/30

    • 15
  3. 兄弟で旅行いきますよね?私(26歳)兄(27歳)の年子兄弟です。昔から仲が良く、喧嘩もしましたが最近は年もとったので喧嘩も減りました...

    (家庭>家庭総合)

    ルイーザ(27歳) ID:69tUv・2015/12/02

    • 267

このページのトップへ