家庭 > 妊娠・出産・育児

何のために働くんだっけ。。。
結婚するまで実家暮らしだったから、「生活のために働く」感覚はあんまりなかった。
自分の能力を使って一生懸命なにかに取り組んで、結果を出して評価されるのが好きだったから。
一定の収入を得る事で社会に認められたかったから。

これから子供が生まれて、保育園だって入れる保証はないし、入れたってすぐに時短勤務がおわって、まだ3歳の子供と1日の半分以上離れて過ごすことになる。
確実に入るには生後半年で入園させて復職しないといけない。
経済的には、認可外とかならむしろ赤字だし。。。

家族のためにいちばんいい道は何なんだろう。

わたしが働きたい理由が自分のためでしかないのなら、それはエゴなのかな。

ユナ(28歳)ID:MTfZT・06/27

2

最新のコメントへ

  1. ココロ(35歳)ID:4IF15・06/27

    子供産むこと自体エゴと言えばエゴやからな。自分が欲しいから産むってだけやし。
    子供産んだからって全て子供の為の人生にしろってわけではないんやで?自分の人生も入れとかな子供に執着し過ぎて子供壊す原因にもなっちゃうからな。いずれ、子供は育つからね〜。

  1. メグ(30歳)ID:DT56S・06/28

    何のためにが思い浮かばないなら働かなくてもいいんじゃない?

    仕事はいつでもできるけど、子供の小さい頃は2度と戻って来ないんだし。

  1. アリサ(99歳)ID:CyHVb・15時間前

    https://ameblo.jp/happycym/entry-12404023337.html

  2. エルマ(88歳)ID:91R07・15時間前

    お!
    みっけ!!

    お仕事ご苦労様です。。。。。

  1. ミウ(88歳)ID:j4uvD・15時間前

    勤労の義務は、国民三大義務の1つ。
    日本国憲法で定められています。

    認められたいとか、、、違うのでは。

  1. パメラ(44歳)ID:4PU2I・15時間前

    そんな単純な考えで「働く」選択も「働かない」選択も選べるのなら、ご自由にって思います。

    「共働きでフルタイム勤務です!」とか言ってる割には、生活費は全部旦那さん持ち、あとは自分の稼ぎは自分のもの・・・という主婦も多いですよね。

    所詮「大黒柱」ではないのだから、好きに選べばよいのでは?

家庭 の人気トーク

  1. 1 外食するとき、ドリンクバーを頼む事があると思いますが。家族でファミレ...

    (家庭>家庭総合)

    チアキ(50歳) ID:y5eTz・59分前

    • 84
  2. 2 誰か、褒めて(^_^;)昨日、夫は飲み会で晩飯不要の日でした。準備があ...

    (家庭>夫婦関係)

    リーズ(41歳) ID:ajsf7・10分前

    • 62
  3. 3 ご家庭ではお茶碗って各自、自分のものがありますか?私の実家は自分のお茶碗...

    (家庭>家庭総合)

    アン(89歳) ID:C7apt・34分前

    • 37

9/23の人気トーク

  1. 1 整体に予約してたけど整理で当日キャンセルした。理由を体調不良でってぼ...

    (雑談>独り言)

    カナ(29歳) ID:9y3TR・0分前

    • 117
  2. 2 バレバレの嘘を書く

    (雑談>馴れ合い)

    メグ(30歳) ID:DT56S・5分前

    • 337
  3. 3 長い話になりますがお許し下さい。私は生活保護受給者です。今まで自分から...

    (雑談>独り言)

    ルル(48歳) ID:5BpST・0分前

    • 126

関連したトーク

  1. 1歳の誕生日から保育園に入れます。育休も取りました。仕事が好きだからというわけではなく、経済的に無理なので働きます。保育園...

    (家庭>妊娠・出産・育児)

    ミシェル(28歳) ID:B43R8・17時間前

    • 52
  2. 0歳からの保育園生活。自分自身や周りの人で0歳から子どもを預けてる人って、どういう理由で預けてましたか?特に、自営や病気でや...

    (家庭>子育て・教育)

    アレシア(78歳) ID:zKsRg・2017/02/09

    • 28
  3. 産休、育休中に保育園を利用するのはおかしい。税金使って無駄に保育園を増やすより、産休、育休中は保育園の利用をやめてもらう方が待機児...

    (家庭>子育て・教育)

    リサ(32歳) ID:rQNLd・2017/08/24

    • 16

このページのトップへ