家庭 > 子育て・教育

障害者の配慮についてです。
先日、美術館に行きました。ちょうど障害者施設の子供たちがいて、つきそいの先生(?)3人くらいに対して子供は5,6人でした。その中で3人ほどがジッとしていられないタイプで、先生の手を振り払って走り出したり、床に寝転がったりしていました。
子供たちが走りまわって、それを先生が走って追いかけます。子供がガラスケースに入っていない露出してる彫刻像にぶつかりそうだったので、スタッフが「あぶないですよ!館内では走ったりしないで下さいね。」と笑顔で優しく声をかけました。すると先生が「無理なんです。この子は障害があるんでジッとできないんです。あと、怒られるとパニックを起こすんで、注意しないでやってください」と。
スタッフが「配慮してさしあげたいのですが、けがをされては大変ですし、大きな音や振動で警報装置が作動する恐れもあるんで……(ちょっと考えて)わかりました。先生、気をつけてあげてください。」と。
その後も子供と先生の追いかけっこは止まらず(そりゃそうだ)、館内ずっとドタバタ。スタッフも注意できず、黙ってみていました。
健常者だろうと障害者だろうと学ぶ権利はあります。だから、来るなとは言わないけど、ルールが守れないなら、こういう場所には行かない方がいいような気がします。本人(こども)もまったく美術館に興味なさそうでしたし……。この考えは差別になるのでしょうか。
あと、スタッフの対応はこれでよかったのかどうかも気になります。他の健常者の子供にはルールを守らせるために注意するのに、いくら注意するなと言われたからって障害者にだけなにも言わないのも、健常者子供目線で見るとズルい!て思っちゃうんじゃないでしょうか。でも、スタッフもこれが精一杯ですよね。私でもそうしてたと思います。
私も接客業なので、スタッフさんの気持ちがわかります。もし、このような経験された方、または障害を持つお子さんの保護者の方、今後のために、こういうときの正しい対応を、教えて下さい。

最新のコメントへ

  1. マナミ(30歳)ID:5L3jE・05/22

    そんな場に連れてくる職員さん(先生)が駄目ですね。

    学ぶ権利はあるけれど、じっとしていられない子を静かにしなければならない場所に連れてくるのは、その子達自身が嫌な目で見られるし、周りの方にも迷惑になってしまってその場の全員が嫌な思いをしますよね…

    対処法は無いです(´ㅂ`;)

    職員さんや先生がそういった場を選ばない様にするしか対処法はない…

    答えになってなくてすみませんm(_ _)m💦

  2. ゼノヴィア(54歳)ID:E0Ga9・05/22

    おっしゃる通り、その子自身が嫌な目で見られてかわいそうでした。やはりこういう場所には連れてくるべきではないと私も思います。本人も楽しめてないだろうし。他の子と一緒に公共の場所で学ぶことは大切だとは思いますが、きちんとマナーを教えられない(障害のため覚えられない)のであれば意味がないですよね。ここじゃなくても、もっと本人が楽しいと思える学びがあると思います。コメントありがとうございました。

  3. リン(99歳)ID:aTv7Q・05/22

    すみません💦
    下の方で主さんへの批判があったので
    ぶら下がりで失礼しますm(__)m

    主さんは障害者の方への
    批判がくるから
    控えたらどうですかっていう
    意味でトピをたてたんだと
    わたしは理解してます。

    付き添いの方が読んでることを
    願います。

  1. エリカ(45歳)ID:87171・05/22

    無理なんです。この子は障害があるんでジッとできないんです。あと、怒られるとパニックを起こすんで、注意しないでやってください

    は?

    障害があるから何?

    そんなこと知るかボケ

    つーか障害を盾に躾を放棄して迷惑かけてんじゃねーよ

    ホントいいご身分だよな差別だって騒げば何でも思い通りに出来るなんて(笑)

  2. ゼノヴィア(54歳)ID:E0Ga9・05/22

    お気持ちすごくわかります。以前は私も同じように思ってましたが、いろんな方の意見を聞いたところ、躾でどうにかなるものではない、脳の病気らしいので、走ることや暴れることは押さえられないようですね。だからといって、「こういう子供だから」でなんでもかんでもルール無用でいていいとは私も思いません。その子のタイプに合った学び、場所があると思うので、無理に美術館に連れてくるべきではないですよね。施設の先生の選択ミスだと思います。コメントありがとうございました。

  1. ハナ(32歳)ID:ukrYC・05/22

    館内の美術品を壊したとしても障害があるからって言い訳するんだろうね
    落ち着きないなら付き添いの先生がおとなしくさせるべき
    それができないんだったら美術館なんて連れて行かないでくれと思う

  2. ゼノヴィア(54歳)ID:E0Ga9・05/22

    壊してもそうだし、他のお客さんにケガをさせても、障害者だから、ですまないですよね。
    見た感じ、(施設の先生は)一応はものを触らせない、走らせないように体を押さえたり、気をそらせたりと努力はしていたようですが、結局振り切って走るので、それを追いかける先生まで走る羽目に。そこまでして連れてくる必要はあるのか疑問です。コメントありがとうございました。

  1. エレン(31歳)ID:1um4s・05/22

    様子からして多動児だったんだろうけどその場合は無理に帰らせた方が良かったと思うけどなぁ。

    なんで他のお客さんが配慮せなかんの。

  2. ゼノヴィア(54歳)ID:E0Ga9・05/22

    確かに。スタッフが注意できないとなると、結局他のお客さんが配慮する(我慢する)形になりますよね。
    美術館の立場上は「帰って下さい」とは言いづらいのだと思います。事情を知らない人たちからバッシングを受けてしまう可能性がありますからね。客商売は本当に難しいです。コメントありがとうございました。

  1. ブリジット(29歳)ID:DT56S・05/22

    なんで美術館なんかに連れてきたんだろう。
    毎日見てる子なら、その子がなにが好きか、どこが向いてるか、迷惑かけないかわかるはずなのに。
    不思議だなー。

  2. エリカ(45歳)ID:87171・05/22

    皆と同じ体験をさせたいからゴリ押したんじゃね?

    認めないと差別で訴えられちゃうし(笑)

  3. ゼノヴィア(54歳)ID:E0Ga9・05/22

    多分、学校(施設)行事の社会見学的なものなんだとおもいます。みんな一緒に行動するのに、この子だけ多動だからダメってわけにいかないのでしょう。多動の子にばかり合わせるわけにもいかないのかもしれません。だとしても、どうしても寝転がっちゃったり走ったりするのなら、美術館の外で(庭のような広場がありました)待つとかすればいいのにと思いました。コメントありがとうございました。

家庭 の人気トーク

  1. 1 芸能人のペコ・りゅうちぇる夫妻が「臨月なのに原宿に出歩いてた」って叩かれて...

    (家庭>妊娠・出産・育児)

    ナギサ(33歳) ID:byaz7・5分前

    • 187
  2. 2 亡くなる時の話です。先日、祖母が亡くなりました。急にです。私は...

    (家庭>家庭総合)

    シャノン(39歳) ID:vPXOu・2分前

    • 67
  3. 3 妊娠中に旦那さんが逮捕されたことある人いますか??うちの旦那が執行猶予中...

    (家庭>夫婦関係)

    サキ(26歳) ID:S8UPA・0分前

    • 44

6/25の人気トーク

  1. 1 葬儀の参列について。子供(年長)のクラスの子のお母様が亡くなり、葬儀...

    (雑談>今日の報告)

    リリアーナ(24歳) ID:lkrAi・0分前

    • 168
  2. 2 芸能人のペコ・りゅうちぇる夫妻が「臨月なのに原宿に出歩いてた」って叩かれて...

    (家庭>妊娠・出産・育児)

    ナギサ(33歳) ID:byaz7・5分前

    • 187
  3. 3 暇なんで^^好きなアイスをただ上げていくスレ・・・気楽に答えてください。...

    (雑談>今日の報告)

    ローレンシア(99歳) ID:QNnFd・5分前

    • 219

関連したトーク

  1. 愚痴です。うちの子は小6で発達障害です。だけど、静かに座っていることできるし特に自己主張もしない。なので先生は他の子に手一杯...

    (家庭>子育て・教育)

    サラ(40歳) ID:0Oby1・2017/05/25

    • 9
  2. また知的障害の犯行…知的障害者全てが凶悪やことをするとは言わないが、あまりにも酷い!!知的障害だからって刑が軽くなると思って...

    (雑談>独り言)

    フローレンス(36歳) ID:gFsjD・08/27

    • 56
  3. 一歳8ヶ月の子供がいます。市の検診で、 発達がグレーゾーンで発達の専門家のもと、遊戯療法をうけています。自閉症らしき症状があり心...

    (家庭>子育て・教育)

    ユキ(33歳) ID:v6qFn・06/11

    • 20

このページのトップへ