恋愛 > マンネリ

カメラの仕事をしている彼の事で、完全に愚痴になりますが、誰にも相談できなく、客観的にご意見頂きたいです。
文章見づらく恐れ入りますが宜しくお願い致します。



・彼33
・私31(恥ずかしながら、初めての彼です。)
・付き合い二年~


先日、彼が「やっぱもっと人を撮る練習したいなー。男でも女でも。仕事で撮ってる人(モデルさん)とは別に、撮ってもらいたい人を自分で見つけて、お互いにノーギャラで、休みの日とか予定を合わせて付き合ってもらって、ご飯位は行くかなー。」

と言いました。


・彼、とっても面食いです。
アジアンビューティー系の美人芸能人(松下○緒、水原○子、入○杏奈…等)がタイプと自分で言っています。
・相手が見つかったら、その時撮りたいニュアンス、世界観に合えば長期的にその子にお願いしたいそう。
・ニュアンス、世界観に合う子=彼のタイプの容姿です。
・個人的に連絡のやり取りをして、どんな構想にするか打ち合わせで会う事になる。
・休みの日は、彼の職場のスタジオは誰もいないので、撮影の時は二人きり。
・ご飯も二人きり。


今まで仕事でモデルや女優さんの撮影は応援してましたし、彼の友達や、その友達から紹介された女の子で仕事の宣材写真を撮影するから、その女の子と二人きり…、撮影後も二人きりでご飯(これは何も報告されてなかった)までは大丈夫だったんですが…、上記の事もあり、素直に「男の子でも女の子でもいいなら、女の子はやめて欲しいな。」と言いました。

そしたら

彼「○○(私)は俺の仕事の邪魔をしたいの!?」と、キレ気味で言われました。

私「仕事はずっと応援してるし、邪魔をしたいとかではなくて、ただ単にカメラに興味のある女の子で、特に○○(彼)の世界観に合う人と頻繁に近い距離で二人きりというのは不安に思うよ?」

彼「仕事のためなのに、なんでそこ理解してくれないの!?」と、キレ気味で言われました。

何を言っても同じことを繰り返し言われ、最終的に「分かった。それでいいよ。」と言ったら、

彼「それで俺は、これから女の子撮ることになったら、いちいち罪悪感感じなきゃいけないんでしょ~!?」等、上記発言オンパレード。

いや、なんでそんな飛躍するかな。
不安ってそんなに言ったらいけない言葉でしょうか?


というか、女の子は~でここまでキレてこだわるって事は、彼の性格からして最初から女の子を撮りたいんだなと思う。


私が不安なのは、今回はちょっと今までと次元が違うと思うんです。
仕事では完全にお互い割りきりであっても、彼が自分で自分好みの子を探して、休日に誰もいない密室のスタジオでその子と二人きり。
そんな状態で、同じ世界観を二人きりで度々共有してたら、どちらかに特別な気持ちが芽生えてしまうんじゃないかと、かなり不安です。


彼は「俺の気持ちがどうかなるとかは、100%ないから!」と言います。


それでも信用出来ず不安なのは、例えば前日に「俺から離れる事はないから、一生側にいるから安心してね。」と言われても、次の日に些細なことでケンカして頭に血が登ると、「やっぱ無理。好きかどうか分からない。」と言ったりして毎回投げ出します。話し合いもせず、荷物持って、どっか行ってしまいます…。

あと、彼は休日の半分くらい、趣味のスポーツの練習や試合を入れます。
それ以外でも、基本的にカメラのスキルアップに終わりはないから自由でいたい、休みの日に写真撮って回りたいからと言われてました。(結局、寝て食べて寝てですが)
そこに練習で撮影とはいえ、他の休日も埋められてしまうと、私との時間は考えてくれてるのかな…とも思ってしまいます。


そんなに心配するなら、自分を磨いて自信つけて、彼が魅力的な女性と二人きりになっても揺るがない位、内面も寛容に…とか、
そういう職種の人と付き合ってるんだから、割り切って気持ち良く彼を応援しないと…とか思うんですが、正直不安です。


彼の仕事を応援したいし、邪魔がしたいわけじゃなく、ただ素直に不安な気持ちがあることを伝えただけで、「俺の仕事の邪魔をしたいわけ!?」 とキレ気味に言われたのもショックです。
突然キレるんじゃなくて、その間に「その辺りはちゃんと誤解にならないように 行動するから。」とか一言欲しかったなと思ってしまいます。

モモ(99歳)ID:i7XHK・12/04

243

最新のコメントへ

  1. ヴァネッサ(101歳)ID:YFrBR・12/04

    ガキすぎるなー、その彼。

    あと、クリエイターとしての、作品作りへの気持ちは、分かるし、女の私でも女の子が撮りたいっていう独特の気持ちはあるから、そこは理解するんだけど、まずそれにしては、プレゼンが下手くそ。

    プライベートな作品作りだけなら、はっきり言って、彼女が立ち会っててもいいわけよ。
    スタジオ撮りなんて。

    自分しか好きじゃないんだよね、結局。
    大事な相手なら、どんな職種だろうが、彼女をきちんと納得させるし適度に優先するよ?

    安いデリヘルみたいな扱いされてて、怒るの当然でしょ。
    男慣れしてなさすぎて、都合のいい女として使われちゃってる。

  2. モモ(99歳)ID:i7XHK・12/04

    コメントありがとうございます。
    私も都合の良い女になってしまってるな、と感じてます。
    女の子だからこそ撮れるものがあるのは分かるんですよね。
    ただ、おっしゃる通り、やってもいいけど不安な気持ちはあるから「納得」させて欲しかったんですよね…。
    否定とか邪魔とかってキレるんじゃなくて。
    結局、彼は了承の言葉はもらったけど心底応援してくれてるわけじゃないんでしょっと、終始不機嫌でした。
    今回のこと以外でも一緒に居て「そこ」じゃないだけどなーというズレが大きく生じる事が多く離れた方がお互いの為と分かってるのに、毎回踏ん切りつけられなくて。自分に落胆します…。

  1. ジュリアンナ(100歳)ID:lrqGN・12/04

    彼とはあわないんですよ、きっと。
    彼女が不安になるのは当たり前。仕事だから仕方ないとしても、もっと彼女こ気持ちに寄り添った対応するのが、優しい彼ではないですか?私だったらそんな彼ならやっていけるけど、逆ギレするような人とは一緒にいたくありません。

    悲しい思い、辛い思いをして、それを我慢してまで一緒にいたいと思うほど、すんごいお金持ちで将来セレブな生活が待っているなら少しは我慢します。笑

  2. モモ(99歳)ID:i7XHK・12/04

    コメントありがとうございます。

    合わないですね。
    こういう感じで中間の会話がなく、即逆ギレがいつものパターンで。
    私が伝えたいのはそうじゃないんだよと、言っても、「いや、でも俺はこういう風に受け取ったから、絶対そうだ!」とキレてふて腐れます。どっか逃げます。

    将来の話もしてるからなおのこと、こういう時のお互いの気持ちの譲り合い、擦り合わせはしっかり会話したかったんですが、彼は「俺は変われないから。」とヘラヘラ言えてしまうので、おっしゃる通りこれから先も我慢していくの辛いですね。
    中々他の人には打ち明けられない事情を受け入れてくれた人だから、それで踏ん切りつけずにいます。

  1. マティルダ(31歳)ID:M0l0f・12/04

    撮影後に二人きりでご飯なんて女の子からすればぶっちゃけ迷惑だよ。
    彼は何勘違いしてんだか。
    めんどくさい奴にならなきゃいいけど。
    あわよくばって気持ちがあるから逆切れもするし、罪悪感がどうのって言い出すんだよ。

  2. モモ(99歳)ID:i7XHK・12/04

    コメントありがとうございます。

    私も「まあ、ご飯位はいくかも。」とさらっと言われた時はビックリというか、引きました。
    本人的には撮影の構成の打ち合わせやお礼で一緒にご飯。という意味合いもあるのかもしれませんが、どこまで自分思考なんだろうと…。
    ご飯位って。
    確かに、たまに私が彼をスマホで撮ったやつを見せると、「このおっさん誰だよー笑」と卑下しますが、普段の発言だったり、行動を見てるとナルシストだなーと思います。SNSの写真も彼一人キメ顔で白黒でカメラ目線で佇んでたり…。

  1. ヴィオラ(99歳)ID:j0CGb・12/04

    なんか、隙があれば浮気したいって極端にいえば聞こえる。その彼氏、将来の話してるとか言ってるけど、自分のことばかりじゃん。そんな人と付き合ってていい事があるのでしょうか?主様を大切にしてくれてますか?

  2. モモ(99歳)ID:i7XHK・12/04

    コメントありがとうございます。

    彼は「俺は浮気絶対ありえないと思ってるし、してるやつとか信じられない!!」とよく言ってました。
    ただ…、なんというか、あくまで彼の中の浮気でないだけであって、他者から見たらどう思うんだろう?って思うこと、たまにありました。
    友達の紹介で撮影した方とご飯行った事を黙ってたりとか、彼はやましいことないから言わなくても良いという感覚かもしれないですが、「一緒にご飯行ってくるね。」くらいは言って欲しかったです。あと、以前「過去の彼女ともは今も関係良好なんだよねー。みんな一応繋がってる!」と無邪気に言われた事も…。
    実は今回ご相談したこと以外にも、感覚を越えて、次元のズレ?かと思うことが多々あって、悩んでます。
    なんか虚しくなってきました(笑)

  1. モエコ(30歳)ID:RDcJI・12/04

    カメラマンの旦那がいます。
    あくまでカメラマンであり写真家ではないので、主さんの彼のように自分でモデルを見つけて練習したりはしませんが、例えばレストランのメニュー写真を頼まれた時、そのメニューを作るデザイナーの女性と打ち合わせしたり、片道1時間一緒に移動して現場に行ったりするので、ヤキモチやいてました。

    一言でいうなら、そういう、「感性」を売りにしてる人とは合わないなって勉強になりました。笑笑
    一般の人にはない感性を持ってる人がそういう仕事してると思うんですが、やっぱり考え方とかが違うんですよね。だから言い合いになっても平行線のままのことがしょっちゅうあります。
    休みにも仕事しちゃうんですよね〜。だからもう私は「私と一緒の時間を過ごしたいならあなたが時間作りなさいよ。作らないなら一緒にいたくないってみなすわよ」って意味のことを伝えました。
    来世は一般サラリーマンと結婚します!

  2. モエコ(30歳)ID:RDcJI・12/04

    あと、ついでに言うと、私より一回り年上でそこそこ遊んできた人なので、「あのさ。そんだけ女の人と遊んできて女心もわかんないの?学習してこいよ」って言ったことあります(*/▽\*)

  3. モモ(99歳)ID:i7XHK・12/05

    コメントありがとうございます。

    旦那様がカメラマンなんですね。
    寛容な懐で今の旦那様とご結婚されて、一緒にいらっしゃって、とても尊敬します。

    彼は一般企業みたいな締め付けられる仕事は自分に合わないと辞めて、今の仕事をしています。

    やきもち…、やきますよね。
    女性関係だけでなく、やっぱり「個」が強いです。
    口では「俺が○○(私)から、離れるわけないじゃん!」と言いますが、実際は口だけで、「俺は俺のやりたい事だけして自由に生きたい。休みも自分の好きなことだけしたい。一緒に居たいならそれを理解して。○○(私)も休みが一緒でも他にやりたいことがあったら、そっちを優先していいから!○○(私)を好きな気持ちはあるんだから、それでいいでしょ?」と悪びれもせず言われました…。
    平行線のまま、とても良く分かります。
    もはや別の生き物と思わないと疲れてしまいます。
    励みになりました。ありがとうございます

恋愛 の人気トーク

  1. 1 シンママです。好きになった人は、既婚者。。。彼には、私の子供と同じ...

    (恋愛>不倫)

    レイナ(37歳) ID:Hkj59・2分前

    • 404
  2. 2 ◯時に電話するという約束を、何回も破られますが、結局いつも私が責められます...

    (恋愛>恋愛総合)

    アスカ(88歳) ID:F9sbM・2分前

    • 59
  3. 3 実年齢です。4年半付き合い、復縁した彼と結婚について真剣に考えてます。...

    (恋愛>結婚)

    リア(25歳) ID:CaxC2・0分前

    • 40

12/14の人気トーク

  1. 1 シンママです。好きになった人は、既婚者。。。彼には、私の子供と同じ...

    (恋愛>不倫)

    レイナ(37歳) ID:Hkj59・2分前

    • 404
  2. 2 保育園の事でご相談させて下さい。今日、保育園から保護者宛に一斉メールが...

    (家庭>子育て・教育)

    エイミー(32歳) ID:vzryW・5分前

    • 225
  3. 3 未満児がいる家庭でも兼業主婦が多い時代ですが、保育園に預けずに家庭で子供を...

    (家庭>子育て・教育)

    マーリン(32歳) ID:OCcxa・1分前

    • 153

関連したトーク

  1. ブスが嫌いです。SNSにひたすら自分の自撮り写真をあげている、可愛くない女の子が嫌いです。アイドルや一般人全て含め全員です。...

    (雑談>独り言)

    ガブリエラ(29歳) ID:75oQF・2015/09/08

    • 24
  2. ただの独り言~(>_<)先日桜を見に行った時の出来事。綺麗に咲いてる桜の木々があり、写真撮影をしている人が複数いました。...

    (雑談>独り言)

    カリン(78歳) ID:ZvvRl・04/20

    • 3
  3. 公衆浴場で自撮りしている大学生の女の子2人発見(。-_-。)しかも脱衣場。何考えているの?髪の毛乾かしていたので鏡越しに睨んでみた...

    (雑談>今日の報告)

    マリリン(35歳) ID:t62AR・06/26

    • 3

このページのトップへ