家庭 > 子育て・教育

小学一年生の娘についてです。
先日、夏休み明けテスト(夏休みの宿題プリントの中から国語算数)があり、持って帰ってきました。
国語68点、算数86点でした。
90点以上取れるまで再テストです。
一年生でこの点で、とてもショックだったんですが、取ってしまったものは仕方ないので間違えたところを復習させて、今日また再テストを受けて帰ってきました。
国語91点でギリギリ合格、算数87点でした。
算数は、前は間違えていなかったところばかり間違えていて、4-2=7や、10-3=2など、ちょっと理解し難い間違いをしています。

普段、学校や塾宿題も、ピアノの宿題も凄く嫌々でしかしないし、集中力がなくだらだらしていて、テストのときもほか事を考えながらやってるのかなと思いますが、ほんとにショックで悲しいです。こんな子他にいるんでしょうか。。
勉強の塾は学研で、学校で習っているところよりどんどん先に進んでいっています。うちの子には合わないのかなと思います。
くもんは、その子に合ったペースでやってくれるんでしょうか。
これからが不安でなりません。
勉強の仕方で困ったことがある方とか、アドバイスをいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

マリン(30歳)ID:8RdPl・09/01

23

最新のコメントへ

  1. リリト(28歳)ID:QGv3a・09/01

    2年の娘がいますがそんな感じでしたよ~。
    うちは他に習い事してて塾にいく時間がないので
    宿題を毎日みてました。
    公文をやるぐらいなら個別の塾のほうがいいかと…
    でもまだママが教えてあげたらいいんじゃないかな~?

  2. マリン(30歳)ID:8RdPl・09/02

    コメントありがとうございます。
    宿題は毎日見ています!
    リリトさんのお子さんも似たような感じだったんですね。私が気にしすぎなんでしょうか。。
    時間が経って、夏休み明けで気が緩んでるから集中できなかったんだろうなと思えてきました。
    一年生で、個別塾はまだ早いような気がして、、私が教えるのが一番ですよね。頑張ります。

  1. ミズホ(99歳)ID:WlqHo・09/01

    学研教室、最低じゃないの?
    答案持ってなんで詰問しないの?

    理解してないのに進んだってことじゃん。

    無責任にも程がある。

  2. マリン(30歳)ID:8RdPl・09/02

    コメントありがとうございます。
    授業形式なので、さっさと進んでいってしまいます。。やってきたプリントを家で見ても、理解してないことがよくあります。
    家で復習して、自分で理解するしかないのかなと、、うちの子が特別理解できていないのかもしれません。
    だから、塾を変わろうかなと思っています。

  1. ジョジョ(29歳)ID:ZVXGV・09/02

    塾が嫌→勉強嫌→勉強に集中しない

    のループになってませんか?

    中学受験を考えているなら別の塾を検討してもいいけど、まだ小学校低学年だし本人が嫌なら「家でお母さんと勉強するなら塾やめようか」と話して、しばらく塾はやめてみてもいいのでは?

    このままだと「勉強は嫌いなもの」って認識が強くなって、勉強自体の苦手意識、敬遠意識が定着してしまいそう

    全くわからないわけではないとのことなので、まずは勉強の内容よりも、勉強に対する姿勢、わからないことがわかるってこんなに楽しいんだよってことを教えてあげるほうが先かなと思います

    中々難しいですが、毎日学校の復習と、次の授業の予習のつもりで楽しく褒めながらゆっくりすすめてみてはどうでしょう?

  2. マリン(30歳)ID:8RdPl・09/02

    コメントありがとうございます。
    私が教えるのが苦手だし、叱ってしまうと思って、塾に行かせています。。でも、子どもにとっては勉強の塾なんて楽しくないですよね。
    周りは、うちの子よりももっと色々習い事をしてて、あなたの子は少ない方だよと言われました。金銭面の問題もあるのでこれ以上は増やせないし塾だけは続けなきゃと思ってました。
    皆ができるのかなと思ったら、焦ってしまいます。
    中学受験などは考えていないので、楽しんでできる方法を一緒に考えていきたいです!

  1. アオイ(33歳)ID:ZvDl4・09/02

    家は公文から学研に変わりました

    公文は学研と同じで入所時のテストの結果で始める範囲が決められます。
    進められ方も同じでプリントが進めば進むだけ先に行きます。
    年に二回程面談があり、目標を決めるよう指導されますが、家の子が通っていた教室では半学年(1学期中なら2学期に習うところまで)か一学年先まで進めるのかでした。

    公文の算数プリントは計算のみです。
    後々に習う時計や単位などの問題は一切出ません。
    家庭で指導あげてくださいと言われました...

    学研のプリントが先に進みすぎていて過去問に不安が出ているのなら教室の先生に今回の結果を合わせて相談してみては?
    公文は家庭で復習してくださいとしか言われませんでしたが、学研では不安の出た所まで戻って指導してもらってますよ(^o^)

  2. マリン(30歳)ID:8RdPl・09/02

    コメントありがとうございます!
    くもんも同じなんですかね、、子どもが通っている学研は授業形式なので、皆同じところをやります。
    授業でやりきれなかった所とか、解けなかったとこは自分でやってきてねって感じです。
    国語は、漢字を結構やっていますが、うちの子はまだカタカナも全部書けないし、小さい「っ」とかもわかってないときがあります。
    1人だけついていけてない場合、違う問題をやらせてもらえるんでしょうか。
    くもんは、個人個人でやるみたいなので、子どものレベルに合わせてくれるかなと思ったので、体験に申し込みしました。

  1. カリン(29歳)ID:tTIcv・09/02

    まず娘さんはどんな気持ちなのか聞いてみてはいかがですか。
    例えばどの教科が楽しいのか、苦手だと思う教科や単元は何か、テストの時はどういう風に解いていって、どんや気持ちだったのか。
    まだ引き算が定着してないのかなと思います。
    私の子供も引き算の定着はまだかなと感じていて、足し算なら出来ます。
    繰り返し勉強して定着させれば大丈夫だと思いますよ。
    学習教室や塾に行ってるだけで安心は出来ないと思います。
    平日は宿題と習い事で復習は出来ないので、休日にやっていこうと思います!
    主さんもお子さんも頑張って下さい!

  2. マリン(30歳)ID:8RdPl・09/02

    コメントありがとうございます!
    テストを見た時、突拍子もない間違いをしていたので、これはどうやって解いたの?って聞いてみました。でも、うーん、、って悩んで、気持ちはわかりませんでした。
    国語よりは算数が好きなようで、成績表でも算数の方が評価がよかったです。
    平日は、ほんとに宿題以上の勉強はできないですね、、今日も午前中はほぼ学研の宿題で潰れました。
    見てるだけでもほんとに疲れます、、でも、勉強が嫌いなまま成長してしまうのは嫌なので、私が考えてあげたいと思います!

家庭 の人気トーク

  1. 1 晩婚、アラフォーで結婚式する人って何なんでしょう。誰もおばさんおじさんの...

    (家庭>家庭総合)

    ミナミ(29歳) ID:rxvCl・3分前

    • 244
  2. 2 5ヶ月の息子がいます。夫が気が利かない。茶碗洗うとか色々しなきゃいけ...

    (家庭>夫婦関係)

    シエナ(25歳) ID:zRztC・9分前

    • 51
  3. 3 夫にご飯を作るのがプレッシャーというか、小さな小言?にイライラし嫌になりま...

    (家庭>夫婦関係)

    ロシェル(24歳) ID:hmwRP・2分前

    • 60

11/21の人気トーク

  1. 1 晩婚、アラフォーで結婚式する人って何なんでしょう。誰もおばさんおじさんの...

    (家庭>家庭総合)

    ミナミ(29歳) ID:rxvCl・3分前

    • 244
  2. 2 夕食を作ってゲームで夜ふかしして起きない夫を起こして食事しながら今...

    (雑談>独り言)

    コハル(30歳) ID:XLkl6・31分前

    • 62
  3. 3 好きなお菓子デブるとわかっていてやめられないお菓子をあげていくトピ

    (雑談>独り言)

    マキ(37歳) ID:cgHyY・8分前

    • 105

関連したトーク

  1. 大学一年生です。一科目、再履修になってしまいました。今日、発表されて、かなり落ち込みました。泣きました。自業自得だってのは分か...

    (ココロとカラダ>悩み総合)

    アヤメ(22歳) ID:7jq6L・2013/09/24

    • 7
  2. 子供の参観日。うちの学校のお母様は子供達の授業も覧ないで廊下でペチャクチャお喋り´д` ;教室で授業覧てるお母さん達は数えるく...

    (雑談>独り言)

    ユイカ(36歳) ID:dLO40・2015/11/13

    • 42

このページのトップへ