ココロとカラダ > カラダのこと

もし、病気の末期で長く生きられないと宣告されたら
私は安楽死してもらいたい
耐え難い痛みや苦しみに耐える自信がない
日本ではまだ倫理的問題などで認められてないけどいつかは認めてほしい
残される家族は生きてほしいと思うかもしれないけど本人が苦しくても痛くても生きたいという意思がなければエゴだと思う
本人が望むなら安らかに死ぬか寿命が尽きるまで生きるか選べる自由があってもいいと思う

ジュリアン(100歳)ID:ahi4y・2016/09/21

79

最新のコメントへ

  1. ジャスミン(99歳)ID:pVcnF・2016/09/22

    わたしもそれがいい、痛いおもいはしたくない

    愛する旦那と一緒に逝きたい

  1. ヒトミ(52歳)ID:LptbJ・2016/09/22

    自分はその方がいいです。

    でも、これが家族だったらどうなんだろう
    凄くデリケートな問題ですよね。

  1. アリアンヌ(100歳)ID:qYhCR・2016/09/22

    仕事柄、沢山の方の最期に立ち会ってきました。

    最期の時は自分の為にあるというより
    家族の為にあると感じています。

    家族のエゴでも
    残される家族が後悔のない
    最期の時を過ごして欲しい。

    痛いのも嫌。
    苦しいのも嫌。

    家族が看病という形で
    1日1日心の準備をしながら
    この人の為に頑張った。
    と思えるくらいでいくのが
    孝行だな–とも思う。

    逆に家族が納得して
    あの時の選択は間違ってないと
    確信が持てるなら
    安楽死という形でも良いと思う。

  1. アンリエット(78歳)ID:B0WUD・2016/09/22

    私も思う。金かかるし、自由に動けないのに病室に閉じ込められて只生きてるだけの人生なら安らかに逝きたい。

  1. オルネラ(34歳)ID:FHdyf・2016/09/22

    安楽死まではいかなくとも、何がなんでも生き延びさせる、動けるようになる見込みも無いのにor痴呆でどうしようもないのに何年も何年も延命治療はやめてほしいなぁと思う。体の臓器が機能してるだけの延命治療はしないでほしい。

ココロとカラダ の人気トーク

  1. 1 結婚して1年以上、子供が出来ません。毎月必ず決まった日に生理がくるわけ...

    (ココロとカラダ>悩み総合)

    クララ(23歳) ID:0vpt9・3時間前

    • 13
  2. 2 私は、高校の頃から精神疾患があります。高校3年の春に、障害手帳を持ちました...

    (ココロとカラダ>ココロのこと)

    リズ(19歳) ID:47MpG・9時間前

    • 12
  3. 3 LINEの誤爆で旦那の浮気が発覚したけど黙認してます。というか一切LINE...

    (ココロとカラダ>悩み総合)

    マルティナ(31歳) ID:zysqf・2時間前

    • 9

11/18の人気トーク

  1. 1 赤ちゃん連れの地域の清掃皆さんなら参加しますか?今度地域のゴミ拾い・...

    (家庭>家庭総合)

    マオ(27歳) ID:i2lRN・13分前

    • 179
  2. 2 子ども無し世帯、年収800万以上で増税案って酷くない?欲しくても、理由...

    (雑談>独り言)

    レオン(27歳) ID:xHujQ・12分前

    • 107
  3. 3 先日、自宅の前に 知らない人の保育園のIDカードが2つ(兄弟)落ちていた。...

    (家庭>子育て・教育)

    マリアンヌ(29歳) ID:8JW9e・8分前

    • 69

関連したトーク

  1. 日本にも人間の安楽死制度できないかなー。病気で苦しんで死ぬのも、老いて動けなくなって死ぬのも嫌。それなら、自分がここで死にたい...

    (雑談>独り言)

    ジジ(28歳) ID:A8YBW・2015/12/24

    • 10
  2. ラビットファーは生きたままのウサギの皮を剥ぐのを知っていましたか?インターネットやFBで動画が見れます。殺す為の薬品などを節約す...

    (雑談>独り言)

    ビバリー(27歳) ID:dBw1O・2014/12/13

    • 26
  3. 北朝鮮、どうにかならないのですかね?グアム攻撃なんてしてしまったら、もう、始まってしまう…私の祖母は、「もう、疲れた。もう...

    (雑談>時事ネタ)

    イヴ(75歳) ID:gQ7JW・08/19

    • 40

このページのトップへ