ココロとカラダ > ココロのこと

急に悲しい事を思い出してしまって寝れなくなってしまい、誰にも話す事が出来ずモヤモヤしています。

話させて下さい。長くなります。

私はちょうど、2年前癌を経験しました。
当時小さなクリニックの事務でパート勤め。健康診断も勤め先のクリニックで行っていました。

健康診断の時期になり、私は大の病院嫌いだったので健康診断を受けるのを嫌がってました。
持病があったこと。
貧血が酷く直ぐに息が上がってしまうこと。
風邪をひくとなかなか治らないこと。
足が浮腫むこと。
など、仲良くしてくれた先輩が凄く心配してくれ半ば強引に健康診断を受けました。


本当に不幸中の幸いなのか、その健康診断で癌が見つかり手遅れになる前に手術する事ができました。


本当にその先輩には感謝し家族皆、頭が上がりませんでした。

紹介された大きな病院で癌と宣告された時パニックになり、その先輩に
「今後の治療や癌の進行が全く分からなくので仕事を辞めます」
と泣きながら伝えしました。
そしたら、先輩が
「辞めなくていい。居場所を残しておくから、元気になって必ず戻ってきて。上司には私から伝えておくし、皆んなでカバーするから」
と力強い言葉を頂いて仕事を辞めずにお休みという形で治療に専念しました。


手術から3ヶ月後、私は元気になり職場に復帰。
私が復帰した時に新しく1人パートさんが入っており、そのパートさんとはとても気が合い仲良くしていました。

しばらく働いていると、先輩がトラブルを起こし急に辞めてしまいました。

トラブルを起こし辞めた先輩の事を皆んなは悪く言ってましたが私が擁護していると、新しいパートさんが
「キラちゃんは先輩の事凄く信頼してたから言えなかったけど、私はキラちゃんの代わりに入ったの。入った時先輩にそう言われたの。癌で休んでる子居るけど、復帰したら直ぐ再発して死んじゃうから。だから、あの子の代わりになる人を入れた。復帰してきてもキラちゃんを辞めさせるために入れた。って言ってたよ。そんな事言う人、もう信用しないで」
と言われました。

ビックリしました。
他のスタッフに聞いても
「言うの申し訳ないけど、言っていた」
と言っていました。
しかも、院長もマネージャーもその言葉を鵜呑みにし、新しいパートさんを入れていました。
(新しいパートさんには罪はありません)


本当、私、バカみたい。仕事に復帰するのを目標に頑張ってきた。なのに、信じてた人から直ぐに再発して死んじゃう。と言われてた。それに気付かなかった。
もっと悲しいのは医療従事者がそんな事を言ってた。院長まで。
院長まで言ってたのが、また信じられなくなりその職場を辞めました。
その悲しみや怒りを何処にもぶつける事が出来ず…モヤモヤしたまま今に至ります。


たまたま寝れなくて思い出してしまいました。


長い文章、読んで頂きありがとうございました。

キラ(99歳)ID:TewoY・09/12

12

最新のコメントへ

  1. シェーラ(29歳)ID:SXjLh・09/12

    ちょっち違う話なんですが、目的と結果が違うことってよくあるんじゃないかなと思うんです。
    なんというか、例えば私は漫画を買いに本屋へ行ったけど、欲しい漫画が売っていなくて落ち込んだものの
    面白げな小説を発見して幸せに帰ってきた。っていうことがままあるんですね

    行く目的と、本当に得られるものは違ってもまぁよくあることであって気にしなくていいんだよって言いたいんですが、説明難しいw伝わるかな。

    そのいなくなった先輩は、あなたが病気を治すためだけに(例えで言えば本屋へ行くためだけに)存在していたのであって
    本当に得られたのは後任のバイト仲間さん(別の本)であった。ということじゃないかなと思ったんです。

    あなたが彼女の言葉を励みに乗り越えたのは事実でしょう?
    たとえ嘘だったとしても、他のどんな言葉よりあなたを支えてくれたその言葉は、その時期その瞬間は間違いなく本物だったと。

  2. シェーラ(29歳)ID:SXjLh・09/12

    ちょっちじゃないwちょっとです。なんか古い言い方になってた(笑)

    先輩は、あなたが本屋へ行こうと思ったきっかけのようなものでしかなく、得たものは違うものだったとしても、それはそれという役目を終えたにすぎず
    それ以上でもそれいかでもないんじゃないかな。と私は思います。

    嘘だったってことは置いといて
    その言葉が嬉しかった。ってことは、そのまま嬉しかったでいいんじゃないでしょうか。
    嘘でも励ましてくれたのは事実なのですから。

    嬉しかった言葉は、ひどいことを言う先輩とは別物として切り取っておいていいんじゃないでしょうか。
    それはそれ、これはこれ。です。

    お体ご自愛くださいね。

  1. リュシー(100歳)ID:pbEfW・09/12

    別に宗教とか持ってるわけではないのですが

    こういうのって「めぐり合わせ」や「与えられたもの」があるなあと感じるときがあります
    結果は本当に許せなくて腹立たしい内容ではありますが
    その先輩が検診に連れて行ったのももしかしたら自分の手柄にしたかったのかもしれないけど、あなたは癌を早期で見つけられた
    裏でひどいことを言っていて口から出まかせだったのかもしれないけど先輩の言葉であなたは治療を頑張って仕事に復帰できた
    もしこれが、あなたの闘病中に教えられていたら、辛さで治療になにか差し障ったかもしれないし、仕事にも戻ることがなく今の生活はなかったかもしれないですよね
    そして知ったのがその先輩がみんなに嫌われて去って行ってから
    長くなってごめんなさい、一回切りますね

  2. リュシー(100歳)ID:pbEfW・09/12

    続きです
    この言い方は相手に失礼かもしれませんが先輩は「あなたにとって必要ではなくなった人」になったと思うんです
    いろいろ腹だったしいとは思います
    でも、「周りの人にひどいことを言っていた」ということを除けば「早期にガンを見つけるきっかけをくれて、治して仕事に戻る気持ちを与えてくれた人」なのだからあなたにとっては「与えてくれた人」には違いないと思うんですよ

    小さなクリニックで専門で無ければ、一番親しいと思っている看護師が「もうだめ」と言えば鵜呑みにしてしまうかもしれません(自分から院長に症状や経過を伝えていましたか?)
    経営者なのだから、他のスタッフのことも考え人員を増やすのは当然です

    これから、またあなたの力になってくれる人が現れると思います。同時にあなたも人の力になれる人になれると思います
    すぐには怒りは消えないと思うけれど、いつかは消えるといいですね

  1. ヒカリ(35歳)ID:FYDqZ・09/13

    先輩があなたに言ったわけでないんでしょう?
    人から伝わる悪口は本当に言ってたことの何倍もひどくなって伝わるものです
    だれも本当に思っていることは口に出しません。
    みんながすこしずつ嘘をついて真実を隠してしまうの
    だから、先輩があなたに見せた優しさだけ信じていればいいんじゃないでしょうか。
    先輩のおかげで、今が生きられて、幸せにもなれる。
    恨むより感謝する方が心も幸せでいられると思います

ココロとカラダ の人気トーク

  1. 1 女性ホルモンの事で相談なので、嫌な方は読まないでください。実年齢56歳...

    (ココロとカラダ>悩み総合)

    マドンナ(55歳) ID:F20uX・1時間前

    • 19
  2. 2 既婚者に告白され、お断りをしてから2年経ちます。相手は会社の上司です。...

    (ココロとカラダ>悩み総合)

    ジュリエッタ(28歳) ID:43wy9・2時間前

    • 12
  3. 3 GT見ていて思ったんですが。なんで皆さんそんなにいじわるなんですか?例...

    (ココロとカラダ>ココロのこと)

    ユミ(33歳) ID:5aAFx・3時間前

    • 8

2/28の人気トーク

  1. 1 日本は心が小さい大人が多い。1歳と3歳の子連れで新幹線。ずっと静かに...

    (雑談>今日の報告)

    ルリカ(33歳) ID:Utdtr・1分前

    • 481
  2. 2 メルカリで明らかにゴミを売っている人って案外いる気がするんですが、私がゴミ...

    (雑談>今日の報告)

    セシル(30歳) ID:OhJxe・2分前

    • 198
  3. 3 よくある「悪気がないんだから許してあげてよ」を論破する一撃ってありますか?...

    (雑談>独り言)

    ユキノ(99歳) ID:LFUSr・0分前

    • 152

関連したトーク

  1. 職場の先輩に超嫌われてる〜。人並みに仕事してるつもりだけど、認められてないんだろうな〜。仕事が出来ない、顔がブス、暗い(先輩に萎...

    (雑談>独り言)

    サラ(23歳) ID:ghxaX・09/03

    • 3
  2. カテゴリー合っているかわかりませんが質問させて下さい。私は今週に1~2日パートで働いていました。3月いっぱいで退職しようと決め、...

    (おしごと>職場での悩み)

    マリアンヌ(26歳) ID:2XuQH・2015/03/04

    • 6

このページのトップへ