おしごと > 人間関係

最近パートに出ました。
短時間パートなので6時間未満の仕事です。

私は今、主人と2人で分譲マンションに現在住んでいます。
間取りは3LDKで、築年数は10年以上経っていますが管理人がいるためとても10年以上経ってるとは思えないくらいきれいです。
私は地元ではないので知りませんでしたが、現在住んでるマンション群(何棟か集中して立っています)はこのあたりでもなかなか人気のある高級住宅街みたいらしいです。
場所は義母が、環境もいいし、主人が異動になった際にも通勤しやすい場所にとここを選びました。
将来的にこのマンションと彼の実家(その頃には建て替えをします)を、義両親と交換するということになっています。

私たち夫婦は結婚前に一生懸命お金を稼ぎ、貯めてこのマンションを買いました。しかしちょっと足りずに、義両親に借金をして、毎月少しずつ返していってます。賃貸で長々と住むのは嫌だという主人の意見に義母も賛成した結果です。

主人は普通のサラリーマン。収入だって普通です。
なので、結婚してしばらくの間は専業主婦で家のことをしていましたが、ようやく自分の時間が取れるようになってきたので少しでも家計の足しになればとパートに出ようと思い、扶養の範囲でお仕事をするようになりました。
そこで出会ったお仕事場の古株の主婦パートさんがネックです。。。
パートさんに言われたことが以下の通りです。

①「あんな高級マンションに住んでんのに仕事ってする必要あるの?うちみたいな貧乏主婦ならまだしもね~。もしかして嫌味?どうせ給料全部小遣いになるんでしょ?」
②「そんな掃除に時間かけなくていいの。ばーっとふけばいいだけなんだから」
③「一回言ったらわかるでしょ?なんでわかんないの?」

①について。先ほど書きましたように、主人は普通のサラリーマンです。普通の一般家庭です。お金だって、正直足りません。
小遣いなんて思っておらず、給料は全額貯金や家計の足しにします。
私は自分から住まいを話しておらず、主婦パートさんは古株というのをいいことに社員さんにも態度が大きく、今回面接を受けたときの私の履歴書に書いてあった住所を見たそうです。それで住んでるところを把握したようです。
そのパートさんが社員さんに「そんなシフト入れやんだっていいやんか。どうせ金はあるんやろうから」と言い、最近1日3~4時間しか働いていません。※ちなみに掛け持ちNGです。
社員さんにはきちんとお話しさせていただいたのですが・・・。

②について。
対お客様の仕事です。オープン前、営業中(数回)、閉店後と店内を掃除機をかけたりモップで磨いたりするのですが、「ホントに掃除してるの?」と思うくらい汚いです。大きな綿ぼこりがモコモコ出てきます。しかもお客様の目につくような場所に・・・。1日1回の掃除というわけでもないのになぜこんなに?と思います。
せめて私が仕事に入れるオープン前だけでもちょっとでもきれいにできたら・・と素早く、なおかつきれいにとしてるのですが、5分掃除してたらそのように怒られます。
たった5分では何もできません。ホントにばーっと拭くだけなんでしょうね・・・。

③について。
古株さんなので、社員さんが忙しいときは彼女に教えてもらうようにと言われました。なので社員さんが忙しいときは彼女が私の教育係です。
しかし、初日の何もわからないときにいきなり、仕事内容をばーっと説明されました。「この印は××っていう意味だから」とか「これは○○で××なときに必要で・・・・」とか、言われたのですが、まだ意味もはっきりと分からない状態で早口で話され、メモは取りましたが頭の中では「???」状態。
間違ってるといけないのでもう一度確認のために聞くとそう言われました。
なので他のバイトの子や社員さんに聞きました。

しかし私が仕事に入る時間は彼女と同じ時間帯なので、必然的に彼女が私の教育係になります。
社員さんはホントに多忙なのでなかなか時間が取れずにいます。
正直言って、まだ仕事を始めたばかりですが仕事に行くのが憂鬱・・・。「今日は何言われるんだろう・・・」とかストレスになっています。
仕事に慣れてきたらこんなこともなくなるだろうと、今は耐えるだけだ!と自分に言い聞かせてきましたが、仕事の日になると頭痛と胃痛に襲われます。
主人にもこのことを言ってるので「嫌なら辞めてもいい。まだほかに仕事はいっぱいいあるんだから」と言ってくれてますが、なんだか中途半端にここで逃げるのも嫌だなと思い、それに週3~4日で短時間の仕事ですからね。ちょっとの間の我慢だと頑張っています。


おそらくその古株さんはまだこれからも働き続けるでしょうし、私も子供ができるまでいるつもりです。可能なら出産後に復帰したいとも思えるほど仕事自体は楽しいです。

入社したときから私に対してこのような感じの古株さんをどのようにしたらうまく付き合っていけるのか・・・。悩んでいます。
みなさんはこういう方とはどのようにおつきあいしていますか?

ルナ(32歳)ID:kEetT・2015/02/21

5

最新のコメントへ

  1. リマ(31歳)ID:EVVOg・2015/02/21

    ホント社員より課長より下手したら部長より厄介なのが古株パートですよね〜´д` ;若い子イジめて楽しいのかなと思います…私はとにかくその人といる時だけは女優‼︎笑になりきり何言われてもニコニコ…その人の娘を褒め孫を褒め…してたら今はすごい親切にしてくれますよ笑。心の中では蔑んでます‼︎周りみんな意外とわかってくれてますよ大丈夫‼︎

  2. ルナ(32歳)ID:kEetT・2015/02/22

    そうですね・・・。
    まだ古株さんからはご自身の話をしてくれないので、少しずつ距離を縮めていこうと思います。

  1. キラ(88歳)ID:WhDDQ・09/22

    こういう人、どんな職場に行っても必ずいますよね。
    だから辞めないでとは言いません。
    あなたの心が耐えられるのであれば、馬耳東風と聞き流し口先だけで謝って心の中ではスルーしましょう。

    まともに受け取っていたらしんどいですよ。

    その人は自分の存在感を誇示したいだけなんです。
    自分がいなけりゃこのお店はうまく回らないと思っている筈。
    自尊心を満足させてやったってください。
    心の中ではあっかんべーしてネ。

    そうじゃないとあなたの心が壊れてしまいます。
    そうなってからでは遅いんです。

    まだまだきっとお若いのでしょうからパートなら仕事はすぐに見つかると思います。

    頑張るのもほどほどに。
    ご自分の気持ちを大事になさってください。
    応援しています。

    同じような経験をして心を壊したおバカさんです。

  1. リノ(38歳)ID:VpfEu・09/22

    掃除してない店なんてそのうち廃れるから早めに転職すればよいと思う。理由?掛け持ち不可で思ったより仕事に入れないからでよいかと。

    まあそういう古株はまた新人をいじめるから新人が入ってくるまで待つということもありです。

    転職活動だけしてみるとか。

おしごと の人気トーク

  1. 1 愚痴です。育児休業明けで、復帰しました。でも、穴埋めで入っていた派遣...

    (おしごと>職場での悩み)

    ステラ(28歳) ID:F0gH3・1時間前

    • 34
  2. 2 突然仕事を辞めると言った派遣の女性。私は半年間、物覚えが悪く全然仕事が...

    (おしごと>職場での悩み)

    マーガレット(18歳) ID:nsWaH・3時間前

    • 23
  3. 3 許せねーーーーーーーーーーーー私は介護職ですが今日、応援の看護師...

    (おしごと>パワハラ・セクハラ)

    リマ(99歳) ID:2s5QB・7分前

    • 17

5/23の人気トーク

  1. 1 上の子の幼稚園のバス停問題。バス停まで歩道の無い川沿いの道路や駐車場や横...

    (雑談>独り言)

    ヒナタ(30歳) ID:aeRMO・19分前

    • 118
  2. 2 はじめまして。交際4年、結婚してもうすぐ9年になる夫婦です。子供はいませ...

    (家庭>夫婦関係)

    アレクシア(35歳) ID:NFpPv・2分前

    • 120
  3. 3 練習に5日参加させてもらえなくて試合で「潰してこい」絶対やってはい...

    (雑談>独り言)

    ガブリエッラ(29歳) ID:TXXnn・6分前

    • 87

関連したトーク

  1. 私が勤めている職場(パート)では、5分単位で時給が発生します。なので、みんな仕事が終わったら、さっと上がります。でも、一人だけ...

    (おしごと>職場での悩み)

    エルヴィラ(38歳) ID:P6IN4・2016/03/14

    • 1
  2. 専業主婦の皆さん、質問させてください!お小遣いってもらってますか?旦那様の手取月収はおいくらで、いくらお小遣いもらってますか...

    (家庭>夫婦関係)

    マリナ(31歳) ID:pjZU0・2016/07/19

    • 12
  3. 製造系の社員です。うちの会社は早番、遅番があります。(例 早番→7時 遅番→9時)まだ今働いてから1年が経ったばかりで2年目なる...

    (おしごと>職場での悩み)

    シノ(19歳) ID:8Xhk0・04/27

    • 4

このページのトップへ