これで真剣にッ!デートを終えた後に送るべき「可愛いLINE」4つ

意中の男性との楽しいデートを終えた帰り道。デートの余韻に浸りながら帰り道を歩くのもよいのですが、モテる女はそのデート終わりのタイミングこそ、男性の心をガッチリ掴むのにもっとも効果的だということを知っています。では一体、どんなLINEを送れば彼の気持ちを揺さぶることができるのでしょうか?

1:「今日は楽しかったよ!」
男性とのデートを終えた際、まずは彼にLINEを送らないと何も始まりません。
「お疲れ様でした」では他人行儀ですし、「今日はありがとうございました」では二人の間に距離感があるように見えます。
やはり、自分がデートの最中に楽しいと感じていたことを彼に伝えるためにも「今日は楽しかったよ」とメッセージを送りましょう。それだけで男性は嬉しく思ってくれるものなんです。
あなたが「楽しかった」と気持ちを伝えれば、彼も「俺も楽しかった。また飲もうよ!」と返事をしてくれるでしょうから、次回以降にも繋がりやすくなります。
 
2:「あっという間だったね!」
デートを通じて男性と「もっと一緒に居たかった!」と感じても、その気持ちをダイレクトに伝えるのは恥ずかしいですよね。
そんなときは「今日はあっという間だったね」と彼にメッセージを送りましょう。
人間は楽しい時間は短く感じ、面白くない時間は長く感じるものです。つまり、彼に「あっという間に時間が過ぎちゃったね」とLINEを送ることで、間接的に「もっと一緒にいたかった」という気持ちをアピールすることが可能になります。
そんな気持ちが伝われば、彼も悪い気はしません。
 
3:「また美味しいもの食べに行こうね」
彼が料理のおいしいお店などにあなたを連れてってくれた場合、帰り道で「また美味しい物食べに行こうね」とメッセージを送るのもよいでしょう。
「また美味しいもの食べに行こうね」という言葉には、「今日のお店は美味しかった!」という彼への感謝と、「また会いたい」というあなたの希望が自然なかたちで溶け込んでいます。
自分のお店チョイスを褒められ、文面から漂うほのかな好意を感じ取った男性は、あなたと「また会いたいなぁ」と感じてくれるはずです。
 
4:「次は私がご馳走しますね」
デートのお会計で、彼がおごってくれたり、お金を多く払ってくれたりした場合、「今度は私がご馳走しますね」とLINEを送るのがオススメです。
男性の多くは女性におごることを嫌だとは思っていませんが、おごられるのが当たり前だと思っている女性は嫌いです。
デートからの帰り道、LINEで一言、おごってもらったことに触れるだけで、男性はあなたのことを「しっかりした子だなぁ」と思ってくれます。
また、次のデートがあることをほのめかすことで男性はあなたの好意を感じ取り、あなたとの交際を真剣に検討してくれるかもしれません。
 
デートを終えた後というのはとても大切な時間です。デートの余韻が残っているうちに男性の心を揺さぶることができれば、その恋はあなたにとって優位に進んでいくことでしょう。
 
 
 

【関連記事】
「河野悦子」にならえ!可愛さ徹底解説…ズバズバ女子がモテるワケ
「元カノはリスカ常習犯!?」ヤンデレが本気で愛されるワケ4つ
「モテテク使う女は嫌い…」と言う男もひっかかるモテテク3つ
カレシが照れてカワイイ!ラブが盛り上がる「小悪魔イタズラ」4つ
絵文字に威圧感…!? 彼のLINEが鈍いときにするべきコト2つ

Menjoy! 11/28

このページのトップへ