妊娠のために知っておきたい高温期の平均期間や短いときの対処法

女性なら一度は聞いたことある「高温期」。でも実際詳しいことは分からない…という女性の方は多いのかもしれません。基礎体温を計測すると身体の状態を把握することができます。本格的に妊活を始める前に、知っておくと便利な高温期の特徴や兆候についてご紹介します。
高温期とは

高温期とは、本来自分自身が持つ体温よりも0.3~0.5度を目安に上昇する期間のことを言います。

高温期が始まる時は、排卵日を知る目安になるので「赤ちゃんを迎え入れるチャンス期間」を計算することができます。妊活している人は、高温期を把握することでどのタイミングで仲良しすればいいのか分かります。妊娠する確率を上げるために重要なポイントが「高温期」にはたくさん詰まっているのです。

基礎体温計測を始めよう
基礎体温とは、朝目覚めて身体を動かす前の最も安静なときの体温のことを言います。

最近では、基礎体温の計測は妊娠のためではなく、自分のからだの周期が把握できるため、体調管理やダイエットのツールとして計測を習慣化している人も増えています。

基礎体温を計測しないと、高温期を知ることが出来ません。

基礎体温の測り方は、朝起きてすぐベッドから出る前、横になったまま計測します。およそ3ヶ月続けることにより自身の基礎体温を知ることが出来ます。測る場所は脇ではなく「口内の舌(裏筋)がある部分」で、体温計を口に含み安静にして測ります。

基礎体温を測るポイント

➀朝起きてそのままの体制で測る

②舌の下で挟み込むように体温計を含む

③毎朝同じ時間に測る

たまに計測の時間が過ぎてしまうこともありますが、多少ずれても毎日継続して測ることを重視しましょう。妊活する時は、産婦人科でも基礎体温をベースに検査するので日常的に記録しておくと、あとあと便利ですよ。記入が苦手という方も多いと思いますが、毎日の体温測定をグラフに記録してくれる高機能タイプの婦人体温計や、基礎体温アプリを活用するとアラーム機能などがあり、計測忘れを防ぎ習慣化しやすいかもしれません。
高温期が続く平均期間

高温期が続く期間は、個人差によって異なりますが平均期間は「約2週間」だと言われています。低温期から高温期に移るころ排卵が起こっているため、妊娠する確率がグッと高くなります。

「高温期」の前に「低温期」があり、こちらも約2週間続き一番低い体温に下がった時が次の「高温期」に繋がる境目となります。
「低温期」・「高温期」が始まる時期
基礎体温が下がる低温期は生理初日~排卵日が始まる前の約2週間を言います。排卵日初日から次の生理周期が始まる前の約2週間が高温期になります。なので、生理周期を把握していないと「低温気も高温期」も調べることは難しくなります。

「低温期」と「高温期」が重要なのは?
基礎体温は「排卵日」を知る重要な手がかりになります。

妊娠の確率を上げるために、「基礎体温・低温期・高温期」がキーワードになり、排卵日を予測して妊娠しやすい時期に営みをするタイミングを図ります。これは不妊治療でも行われる療法で「タイミング法」とも呼ばれています。

産婦人科で診察する時も「生理の始めと終了日」を尋ねられるので、記録しておくと聞かれた場合に答えやすくなりますよ!
「高温期が始まる前の体の兆候」
「高温期」が始まる前には、次のように何らかの症状があります。

・体が熱っぽい

・だるさを感じる

・おりものの量が増えるなど

と風邪と似た症状が起こり高温期を把握するポイントになります。

「風邪かな?」と思っていても熱はなかったりすることはありませんか?それは「高温期」に入り体温が上昇しているので、熱っぽさを感じている症状かもしれません。

おりものの量が増えるのは、子宮内で受精するために精子が通りやすいようにするために「おりものの量が増える」と言われています。無色透明で少し粘り気のあるおりものが出てくると、高温期に入ったお知らせです。

おりものに臭いや痒みがある場合は膣炎を起こしている可能性があるので、そのような時は病院で診察するようにしましょう。

妊娠した時の高温期はどうなる?

通常の高温期は約2週間ほどで低温気に変わり生理が始まりますが、妊娠した場合は高温期の期間が長くなります。妊娠すると黄体ホルモンのはたらきで高温期を維持し、体内では赤ちゃんを育てるための準備が始まります。次の生理周期を過ぎても、高温期が続くのなら「妊娠の可能性が高い」ということになります。

長期の高温期の途中で体温が下がり始めたら、妊娠超初期に入った可能性がありますが、検査薬ではまだ正確な判断は出来ないので産婦人科で検査してみましょう。
妊娠中の高温期に気をつけること
高温期の時は、風邪と似たような症状が体の中で起こります。「熱っぽい・だるい・倦怠感」など頭がボーっとする感覚になりますが、ここで風邪だと思って風邪薬を飲んでしまうケースは少なくありません。飲み薬は、お腹の赤ちゃんに影響を与える心配があるので避けたいですよね。

もし、自分の平均体温よりもかなり高めの体温なら(38.0度以上を目安に)風邪の症状かもしれませんが、38.0度未満であれば風邪薬の服用はせず、診察を受けるのが良いでしょう。
高温期が続いたら「妊娠確実」?
高温期が14日以上続いたら「妊娠確実!」と思ってしまうかもしれません。実は、「妊娠した確率が高い」と考えられますが、決定と呼ぶにはまだ早い段階なのです。なぜなら、妊娠の反応が出るまでの期間は「21日目」でやっと検査薬での反応があります。その日数までは確実ではないのでもう少し様子を見ましょう。
高温期の「7日目」が着床の時期
できる事なら早めの期間で「妊娠かどうか」知りたいのが本音です。そこで、高温期の「7日目」に注目です。先ほど「高温期が21日ほど続いたら妊娠の確率が高い」とご紹介しましたが、早い方では高温期7日目で「着床」が始まることがあります。高温期7日目の早い時期で妊娠が分かれば、こんな嬉しいことはないですね!「着床が分かる症状」でもっとも多いのが「下腹部のチクッとした痛み」ですが、生理痛の時の症状とよく似ているのでほとんど気付きにくく見過ごしてしまう事があります。

もし、性行為の後で排卵から1週間後くらいに一度体温が下がり、1日~2日で高温期に戻ることがあるなら「着床」によるホルモンバランスが乱れたことで体温の変動が起こると考えられます。あくまでも目安なので自己判断で「妊娠した」と確信しないようにしましょう。
高温期が短い場合は妊娠しにくい?

短い高温期では妊娠しにくい状態といえます。高温期が10日未満では、子宮内膜の厚さが十分ではない状態です。受精卵ができても子宮内が妊娠の準備ができていないため着床しにくくなってしまうのです。次のような原因の場合は体質改善が必要となります。
血行不良
14日間続く高温期が10日で終わる場合は「高温期が短い」状態になります。その原因は「血液の循環」が関係しています。血液の循環が悪いと子宮や卵巣が温まりにくくなり体温が低くなるので、高温期に入っても体温が下がりやすくなります。それで高温期が早めに終わってしまい、排卵日が短くなります。

高温期の理想体温は「37.0~37.2度」ですが、体が冷えやすい冷え性の体質だと基礎体温も高温期も低めです。体内が冷えると、子宮内の体温も上がりにくくなるので「体の冷え」は妊娠しにくい原因の一つとなります。
黄体機能不全
最初は10日以内で終わった高温期が、次の周期でも短い期間だった場合は「黄体ホルモン」の分泌に原因があると考えられます。高温期は、黄体ホルモンの分泌で体温が上がった状態を維持しますが、分泌が少ないと高温期が短くなる症状が現れます。

黄体機能不全とは、排卵後の黄体ホルモンの分泌が滞って不十分な状態のことを言い不妊症の原因の一つです。黄体機能の低下すると妊娠が難しくなります。月経周期で高温期が10日以内の状態が2週続いたときは受診するようにしましょう。
無排卵、卵子が未熟
通常、低温期から高温期に移行する境目で体温が下がりますが、排卵が無い場合は、高温期から体温が下がる日がありません。そのため基礎体温のグラフでも低温期から高温期へ移行する日がわかりにくく、高温期がはっきりとわからない状態になります。

また、卵がしっかり育っていないまま排卵してしまうと、黄体ホルモンの分泌の分泌量が少ないため高温期が短くなると考えられます。
高温期が短い時の対処法

高温期が短いと分かった時は、どのような対処法で改善することが出来るのか知っておきたいですね。なかなか時間がなくても簡単に始められる「自分でできる対処法」をご紹介します。
体を冷やさないようにする
短い高温期の原因で一番多いのが冷え性です。妊娠中も「体を冷やさない」と言われるように、高温期にとって体の冷えは良くありません。足先や腰回りを温めると冷え改善には効果的ですが、体内から温めるハチミツ生姜など体を温めるものを取り入れ、冷えから体を守りましょう。
ストレスを減らすためのリラックス効果
ストレスを感じるとホルモンのバランスは乱れてきます。ですが、完全にストレスを無くすのは困難なので自分の一番好きな音楽や趣味、映画などで少しずつ発散しましょう。お気に入りの香りもリラックス効果には最適ですよ。

この他にも「十分な睡眠をとる・食生活を見直す」などの対処法があるので、ライフスタイルに合った方法でいろいろ試してみてください。
まとめ

いかがでしたか? 妊娠のためには体を冷やさないことが前提になります。高温期が上昇する時は1~2日程度かけてゆっくりと上がるので、大幅な遅れがない限りあまり考え過ぎないことです。高温期の体温が低くても低温期の平均体温から0.3度上がっていれば問題ありません。妊娠のために重要なのは基礎体温が2相になっているか、高温期への移行がはっきりしているかどうかです。基礎体温の計測を習慣化し、自身の状態を把握しておきましょう。

このページのトップへ