かぶれやヘルペスも!?人には聞けない「陰部」のトラブルとその改善法



「敏感で弱い」からトラブルが起こりやすい

女性の陰部はとてもデリケート。角質層がいつもムレやすい状態なので、トラブルにも弱いんです。ですが、そんな陰部のトラブルを女性たちは意外と見落としてしまっているよう。気付かずにそのまま放置してしまうと、ニオイや黒ずみの原因になるだけではなく、炎症などの大きなトラブルに発展してしまいます。トイレやお風呂のタイミングで何か変化が起きていないかをチェックする習慣をつけましょう!



かゆみの原因にも。ナプキンなどによる「かぶれ」

陰部のトラブルで最も多いのがこの「かぶれ」なのだそう。その原因はデリケートゾーンのムレ。通気性の悪いショーツや生理用ナプキン、キツめのパンツやガードルなどはムレを引き起こしやすく、結果かぶれとなってしまうのです。
どれも、身につけなければならないものなので仕方がないのですが、ムレない対策をすることによって改善することは可能です。ショーツは通気性の良いコットン素材を選ぶこと、ナプキンやおりものシートなどはこまめに交換することなど、まずは些細な気配りから行ってみましょう。



疲れやストレスでも起こる「膣炎」

膣炎は陰部が細菌やカビに感染することによって炎症を起こした状態をいいます。種類はカンジダやトリコモナス、大腸菌など。カンジダは健康な女性の膣には常に存在する常在菌ですが、実は疲労やストレスによって増殖し、炎症を引き起こしてしまいます。
膣炎の予防法としては、デリケートゾーンの清潔を保つこと。お風呂では専用石鹸できちんと汚れを落とし、ムレにくい環境を整えてあげることも必要です。もし感染が見られた場合は、早めに医師に診察してもらいましょう。治療法として、座薬や内服薬、外用薬を処方されることがあります。



性感染が多い「ヘルペス」の症状

外陰部に水泡や潰瘍のようなものができてしまった場合、もしかしたらヘルペスかもしれません。水泡が潰れると、陰部に強い痛みを感じます。
ヘルペスの原因としては性感染によるものが多いのだそう。予防は難しいですが、陰部にトラブルがある場合はパートナーを思いやってお互いに性行為を控えるように心掛けることが大事です。症状が見られた場合は早めに医師に相談を。治療法としては、抗ウイルス剤を使用し、内服薬や外用薬、点滴でアプローチしていきます。



日常からできる「陰部トラブル」の回避

これらのトラブルの多くは、ナプキンやおりものシートの付けっぱなしや下着などによる締め付け、陰部の洗いすぎ、寝不足や過労などの抵抗力を弱める生活習慣が原因と考えられます。健やかな生活習慣を心掛け、陰部トラブルを日常から回避しましょう。

【関連記事】
毎日ジメジメ、体がだるい…。アップルパワーで元気&キレイになりましょう
「足のニオイが気になってヒールが脱げない」ジョシへ。3つのニオイ撃退術
まさか「ワキの黒ずみ」の原因に!?毎日使う、あの必須アイテムの意外な落とし穴。
ニキビ…妊娠線…。妊娠すると見舞われる肌トラブルを予防・改善しよう!
むくみでパンパンのふくらはぎ。「着圧ソックス」ですっきり美脚美人に

このページのトップへ