『ひるね姫』予告編 高畑充希の歌声に称賛

11月24日、アニメ『東のエデン』『攻殻機動隊S.A.C.』の代表作で知られる神山健治が原作・脚本・監督を務め、女優・高畑充希(24歳)が主人公の声を演じるアニメーション映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』の予告編が公開された。ネットでは高畑の歌声が話題になっている。

SF作品に定評のある神山監督が完全オリジナル書き下ろしのファンタジーに挑んだ本作。2020年東京五輪を3日後に控えた岡山県倉敷市児島を舞台に、父と娘の親子愛が描かれる。女子高生ココネ(高畑)の父親・モモタローが警察に逮捕され、東京へ連行されることをきっかけに、ココネは現実世界で起こる様々な出来事が何度も見ていた夢とリンクしていると気づき、謎を解決する鍵であると知る。現実と夢が交差するストーリーだ。

本作の主題歌に採用されたのは、1967年に発表された米国のポップロックバンド「モンキーズ」のオリジナル曲を、故・忌野清志郎によく似ているという人物・ZERRYが率いる覆面バンド「タイマーズ」がカバーした名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」。高畑が主題歌を担当し、予告編では歌声が解禁されている。Twitterでは、

「ひるね姫、すごい面白そうですね!」
「ひるね姫のPVめちゃくちゃよさげですぐに聖地巡礼出来る」
「ひるね姫、岡山が舞台なんか。高畑充希の関西感の残った岡山弁演技・・・w」
「『ひるね姫』の高畑充希、さすがにうまいわ。新海作品のような『芸術性』とはちょっと違うけれども、ストーリーは面白そう」

と作品への期待が高まっていることがうかがえる。

「ひるね姫予告いいね!面白そうだ!充希ちゃん歌うまい」
「ひるね姫の映像今見たんだけどすごい良い...!!歌もすごい透明感」
「『ひるね姫』この作品も気になる☆高畑充希さんが歌っている『デイ・ドリーム・ビリーバー』もすごく良い♪」
「高畑充希天才だなひるね姫のデイドリの歌声素晴らしいやっぱりすごい女優だ」

と高畑の歌声に魅了されているユーザーが相次いでいる。

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で国民的女優となった高畑。主戦場のミュージカルで培ってきた歌声が、アニメでもその実力が存分に発揮されているようだ。来年3月の公開を前に早くもユーザーたちは歌声にメロメロといえそうだ。
(山中一生)

(R25編集部)

※当記事は2016年11月27日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
『ひるね姫』予告編 高畑充希の歌声に称賛の【もっと大きな画像や図表を見る】

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

■「entertainment」に関する過去のイチオシ記事
マネージャーが苦労しそうな女芸人TOP10
夫が浮気してもやむなく許す「40代独身女優」TOP10
結婚してショックを受けた女性有名人TOP10
結婚したら苦労させられそう…な独身女優TOP10
1位は「うたた寝」 夫が許せない妻の習慣TOP10

R25 11/28

このページのトップへ