彼女がいる人を好きになった時に、まずやるべき6つのコト

誰かを好きになったとき、「残念ながら、相手にはすでに彼女がいる」という状況もあるかと思います。彼と彼女の関係性によっては「諦めたほうが良い」という場合もありますが、何もしないまま引き下がるのも……ちょっともったいないのかもしれませんよね。もしもあなたが、彼女がいる男性を好きになったとして、彼を振り向かせようと思ったら、どんな作戦をたてますか? その内容について、女性たちの具体的な意見を教えてもらいました。

■自分を磨く

・「一生懸命努力をするでしょう。あらゆることにおいて」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「彼の好みの女性に近づけるよう自分磨きをする」(25歳/その他/専門職)

彼女がいる男性は、ある程度満たされている男性。その男性の目線を自分のほうへと向けるためには、強い魅力を身につける必要があります。たとえ彼が自分のものにならなくても、努力は決して無駄になりませんよ。

■まずは「女友だち」に!

・「まずは彼の一番の理解者としての女友だちとして仲良くなり、彼女と別れそうなときを虎視眈々と狙って待つ」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「その男性に彼女との話を聞いて、相談にのったりするようにする」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

突然「彼女」の座を奪うのは難しいから、まずは「女友だち」に!という意見も目立ちました。恋愛相談をされる仲になれば、自然と相手の状況も耳に入ってくるはず。「アプローチをするべき瞬間」も、見逃さずに済みそうです。

■積極アプローチ

・「食事に誘う。誘わないと振り向いてもらえないので」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「小さなプレゼント(お菓子等)をちょこちょこあげる」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「とにかくよくメールしたりして私の存在を大きくする」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

彼女がいてもいなくても、まず「自分の気持ち」を知ってもらわなければ話になりません。誘いに乗るかどうかは、相手次第。まずは自分の気持ちのまま、素直にアプローチする方も少なくないようです。

■あえて一歩引く

・「いつも笑顔で、優しく楽しい人でいるようにする。『彼女がいるなら、二人で会うのは申し訳ない』という気持ちを出して、相手男性が『彼女と別れる』ことを自ら発想できるように導いていく」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

上とは反対に、あえて一歩引いて「待つ」姿勢を見せる女性もいるようですね。ぐいぐい来られると、気持ちが引いてしまう男性は多いもの。追いかけたい気持ちをぐっとこらえ、「追いかけたくなる女性」を目指すのは、かなりの手だれと言えるでしょう。

■自然体で

・「変に手出しはせず、仕事を頑張ったり趣味を見つけたり、自分の人生を楽しむ。それで、こちらに魅力を感じてくれたらいいなと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

こちらは、ナチュラルな自分の魅力をアピールする意見ですね。無理をして頑張って相手の気持ちを振り向かせても、きっと長続きしないはず。自然体でいても惹かれ合うような二人であれば、運も味方してくれるのかも?

■潔く……諦める

・「作戦は立てない。人のものには手は出さない」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「作戦など立てない。彼女より魅力的になれる自信が無い」(32歳/商社・卸/その他)

彼女がいる人へのアプローチ……「潔く諦める」というのも、一つの作戦なのかもしれません。誰かから奪うようにして恋を始めても、いずれ誰かに奪われるだけ!? トラブルを避けることが、自衛につながることでしょう。

■まとめ

彼女がいる男性を好きになってしまったけれど、どうしても諦めきれない!なんてこともあるかと思います。そんなときには、ぜひ女性たちの意見も参考にしてみて。今の自分にできることを一生懸命頑張ることで、未来も見えてくるのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数118件(22歳~38歳の働く女性)

関連リンク
当たりすぎて怖い! ジョニー楓の週間恋愛占い
どんな男性に選ばれる!? 「未来の旦那様像」診断
女子が気になる男性についしてしまう質問4選

このページのトップへ