ビタミンB12と葉酸の不足で起こる「巨赤芽球性貧血」とは

ビタミンB12や葉酸の欠乏による巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)について解説します。


巨赤芽球性貧血が起きるメカニズム

巨赤芽球性貧血は、体内のビタミンB12や葉酸が欠乏することによって細胞分裂が正常に行われなくなり、骨髄の中の赤芽球が大きくなる「巨赤芽球(きょせきがきゅう)」によって引き起こされる貧血です。
通常よりも赤血球が大きくなってしまうと、骨髄での造血能力は上がる一方、赤血球になる前に壊れてしまう無効造血という状態になります。白血球や血小板も同様の状態となり、赤血球と白血球、血小板のすべての血球が減少する「汎血球減少症(はんけっきゅうげんしょうしょう)」になり、貧血の状態が引き起こされるのです。ただし、巨赤芽球性貧血は日本人にはあまりみられません。


原因はビタミンB12と葉酸の不足

巨赤芽球性貧血は、主にビタミンB12や葉酸の摂取不良や吸収障害が原因です。ベジタリアンは、ビタミンB12の摂取が不十分で発症することがあります。小腸や胃の摘出手術を受けた場合や胃酸の分泌が減少している場合などでは、ビタミンB12の吸収率が低下して、巨赤芽球性貧血が起こることもあります。葉酸は、アルコール依存症によって小腸での葉酸の吸収が妨げられている場合や、葉酸を必要とする妊娠時に欠乏することが多くなります。


症状は貧血以外にもいろいろ

巨赤芽球性貧血では、一般的な貧血の症状として動悸や息切れ、全身の倦怠感や疲労感、顔面蒼白などが起こります。舌の表面が平滑になり、痛みや灼熱感を生じるハンター舌炎のほか、味覚低下や食欲不振といった消化器症状も現れることがあるのが特徴です。ビタミンB12の欠乏による場合では、四肢のしびれなどや歩行障害といった運動失調をきたすケースもみられます。症状は徐々に進行していくことから、初期では、特段の症状が現れないこともあります。


病院での検査方法や診断

巨赤芽球性貧血は、血液検査で白血球や血小板の減少のほか、MCV(平均赤血球容積)とMCH(平均赤血球ヘモグロビン量)の値が高く、MCHC(平均赤血球ヘモグロビン濃度)は正常値を示す、大球性高色素性貧血(だいきゅうせいこうしきそせいひんけつ)が認められる場合が多くみられます。
生化学検査では、間接ビリルビンとLDH(乳酸脱水素酵素)の値が高く、ヘモグロビン結合蛋白であるハプトグロビンの値が低いと、巨赤芽球性貧血と診断されます。病名が見極められない場合には骨髄検査が行われ、赤芽球系細胞の過形成が求められ、巨赤芽球の割合が高いと、巨赤芽球性貧血の診断が確定されます。


巨赤芽球性貧血の治療法

巨赤芽球性貧血の治療は、ビタミンB12の欠乏による場合には、ビタミンB12が注射か点滴で投与され、経口投与も有効とされています。ただし、根本的な治療とはならないため、定期的なビタミンB12の補充が必要ですが、症状は改善されます。
葉酸の欠乏が原因のケースでは、葉酸の経口投与による補充療法が基本です。医師によって葉酸を多量に含むほうれん草やレバーなどの食品の摂取も指導されます。

【関連記事】
貧血の主な原因はどんなもの?
不妊の原因にも! 生理で貧血になるメカニズム
貧血の主な症状とは?
【医師監修】先天性と後天性に違いはある?「溶血性貧血」とは
【医師監修】腎不全の人は注意!「腎性貧血」とは

このページのトップへ