【医師監修】締め付けられるような胃痛を伴う生理痛への対処法

生理痛の症状は人によりさまざまですが、中には締め付けられるような強い胃痛を感じたり、吐き気を感じたり、下痢の症状を起こす人がいます。では、なぜ生理により胃痛が起こるのでしょうか?


痛みを起こす原因は「プロスタグランジン」にある

生理が始まるときは、経血を排出するために「プロスタグラジン」というホルモンが分泌されます。これにより子宮が収縮するのですが、プロスタグランジンの分泌量が多いと子宮のまわりにある臓器にも影響を与えるため、下腹部に重さを感じたり、胃に強い痛みを感じることがわかっています。
多くの場合は下腹部の重さやだるさを感じる程度なため、生理のたびにひどい胃痛に悩まされたり吐き気を感じる人は、プロスタグランジンの分泌量が過剰である可能性があります。


プロスタグランジンの過剰分泌を抑え痛みを軽減

プロスタグランジンは、子宮の収縮による痛みや炎症を引き起こすほか、血圧や心機能、胃腸や消化機能、アレルギー反応、血液凝固、腎機能、各種ホルモンの生成などにも関係していると言われています。
低用量ピルには子宮内膜の増殖を抑える作用があります。これによりプロスタグランジンの分泌量も減らすことができるため、胃痛がひどい場合は婦人科で処方してもらうことをオススメします。また、プロスタグランジンのはたらきを抑える非ステロイド性抗炎症薬(ただし15歳未満の場合は不可。かわりにアセトアミノフェンを使用)を使うことで、痛みをコントロールすることもできます。


その他のセルフケア

動物性食品に含まれる飽和脂肪酸を摂りすぎるとプロスタグランジンが多く作られてしまうため、胃痛がひどいときには飽和脂肪酸を多く含むバター類や肉類の摂取量を減らすようにしましょう。
ストレスは痛みを悪化させる原因となるため、痛みがある時は無理をせず安静にすることが大切です。また、生理中は子宮のまわりがうっ血するため血行が悪くなりがちです。身体を冷やさないように注意し、特に腰回りやお腹を温かく保つようにしましょう。ホッカイロやブランケットなどで直に温めるのも有効ですし、身体を温める作用のある食材や飲み物で、内側から冷えを緩和させるのも効果的です。

【関連記事】
生理痛をテーピングで楽にする方法
生理中のつらい頭痛の対処法
【医師監修】生理痛の薬・痛み止めの正しい利用法
【医師監修】婦人科での重い生理痛への治療法
ぜひ試してみて!つらい生理痛を和らげてくれるツボ3つ

このページのトップへ