更年期による肌への変化

更年期を迎えると、ホルモンバランスが変化し、心身に影響が現れます。そのため、生理サイクルをはじめとするさまざまな身体の変化が生じます。症状には個人差がありますが、肌の変化を感じる人も多いようです。


更年期は肌に変化が出る時期

「今まで使っていた化粧品の効果が落ちたような気がする」「お手入れ方法を変えていないのに、肌が荒れやすくなってきた」など、更年期にさしかかってから肌の不調を訴える人は少なくありません。
更年期における肌の変化としては、第一に肌荒れが挙げられます。肌荒れによってキメが乱れ、ごわつきやすくなります。肌がもつ水分保持力が低下するとバリア機能も弱くなり、乾燥やかゆみなども引き起こします。また、シミやシワ、くすみなどが急に目立ってくるのも特徴です。
場合によっては、ファンデーションなどのベースメイクでも隠しきれないほど悪化することがあり、その症状は顔だけでなく全身に現れるケースもあります。


卵巣機能の低下が原因

更年期を迎えると卵巣機能が低下し、女性ホルモンのバランスが崩れます。女性ホルモンの中でも、エストロゲンは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促し、肌のハリや弾力、保湿力などにも関係しているホルモンです。ほかにも、プロゲステロンは皮脂の分泌に影響を与えています。更年期でこれらの女性ホルモンが減少すると、肌の水分を十分に蓄えられなくなってバリア機能が低下します。その結果として、肌荒れが起こりやすいといわれています。
また、バリア機能が低下した肌は些細な刺激にも反応しやすくなります。結果的に、かゆみや赤み、かぶれ、炎症、吹き出物などのトラブルを抱える人もいます。


更年期の肌の変化は加齢も関係している

これらの症状は、女性ホルモンの減少だけが原因とは限りません。加齢によって肌の新陳代謝そのものが低下し、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れやすくなることで肌が荒れてしまうことも考えられます。
ただでさえデリケートになっているところに加えて、外的刺激を受けやすいという悪循環に陥りやすいのが更年期です。このように肌が不安定なときは、たっぷりな泡で洗顔をするなど、できるだけ肌に刺激を与えないようなお手入れを心がけましょう。肌を乾燥させないために、これまで以上に保湿ケアを心がけることも重要です。また、紫外線は肌に大きなダメージとなりますので1年を通して徹底したUV対策を行いましょう。
また、この時期は睡眠も大切です。肌の回復をサポートしてくれる成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるため、質のよい睡眠も心がけましょう。かゆみが強いと睡眠の妨げになりますので、皮膚科などでかゆみ止めを処方してもらうこともひとつの方法です。
(この記事の監修: 松井クリニック院長 / 松井潔 先生)
【関連記事】
皮膚のかゆみは、更年期のサイン?
更年期にニキビができやすくなる理由
更年期に起こりがちな肌トラブル
美しさを保つ!50代(更年期)からの美容
乾燥が老化を加速させる!更年期の保湿ケア

このページのトップへ