目立つ毛穴をどうにかしたい!正しい角質ケアで愛されお肌に

顔の毛穴が目立ってしまうと女性はもちろんのこと男性でも見た目が悪くなって嫌になってしまいます。

いろいろなケアの方法があるけれども、どのようなケアが効果的なのでしょうか?

今回は毛穴のケア方法についてご紹介します。

要チェック項目


□毛穴が目立つ原因は黒ずみ
□角栓により黒くなる
□こすりすぎると皮脂が増える

毛穴が目立つ原因とは
正しい毛穴ケアを行うためには、どうして毛穴が目立つのかについてしっかりと理解しておく必要性があります。

見当違いの対策を行ってしまえば、場合によっては症状がひどくなることがあります。毛穴が目立つ原因について、勉強してみましょう。

毛穴が広がる原因として最も大きなものは、毛穴が黒く黒ずむことが原因です。毛穴の黒ずみは、毛穴の入り口にあるものが詰まることにより毛穴が拡張され目に見えて大きな毛穴ができてしまいます。

この毛穴に詰まるあるものというのは角栓です。角栓という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

角栓とは
角栓というのは、体から出てくるひしとたんぱく質が固まってできたもののことを言います。毛穴の中には、皮脂腺という皮脂を分泌するものがあります。

特に人の顔の鼻というのは、皮脂腺が多く存在しています。皮脂腺が固まっただけでは、黒いわけではなく透明なものなのです。

ですが、角栓が放置されると空気中の酸素によって酸化されどんどんと黒く硬くなってしまいます。皮脂の分泌が活発であればあるほど、角質ができやすくなります。

そのため、女性のみならず、男性に多くできやすいともいわれています。

また、黒い角栓をそのまま放置しておくと、毛穴が広がってみるだけではなく、アクネ菌の繁殖を促してしまい、ニキビの原因にもなります。

誤った角栓対策
毛穴の黒ずみというのは、角栓が詰まって参加したものであるということは説明しましたが、角栓自身は病気などのトラブルなのではなく、人が生活していくうえでどうしても覆ってしまうものです。

人というのは、絶対に皮脂と角質が発生するものです。肌サイクルの上で、健康である証拠でもあるのです。

ただし、毛穴ケアを間違えてしまうと、逆に毛穴のつまりを助長させてしまったり、肌を傷つけてしまうことがあるのです。

ごしごしと顔を洗う


角栓の原因である角質というのはたんぱく質の一種です。通常の洗顔では、皮脂を綺麗に落とすことができても、角質を落とすことはできません。

それなのに、肌を刺激しすぎてしまうと、毛穴を広げてしまい肌の乾燥を進めます。乾燥が進むとさらに皮脂の分泌を増やしてしまうのです。

毛穴パックを過剰に行う


毛穴パックは、ごっそりと角栓を取ることができて気持ちがよく、ついついた繰り返し使ってしまいがちです。ですが、頻繁にやりすぎると肌に極端なダメージを与えてしまい、悪化させてしまいます。

極端にケアをしすぎる


極端なケアは、肌に良くありません。極端なケアをしすぎずに時には気にしないことも重要です。

不要な角質の除去
角栓の原因となる皮脂については、通常の洗顔によって落とすことができますので、残った不要な角質を取り除くことで、毛穴のつまりを改善させることができます。

通常の洗顔では。角質を取り除くことができません。余分なたんぱく質を取り除くための処置が必要です。

たんぱく質を取り除くためには、ピーリング効果のある石鹸でたんぱく質を落としたり、余分なたんぱく質を分解する酵素洗顔で角質を柔らかくして流すようにしましょう。

ですので、通常の洗顔料で長時間顔を洗ったりしてしまうと、肌を傷つけるだけでなく、角質用にあるセラミドや保湿のための成分がすべて流されてしまいますので注意してください。

角質をためないためには
毛穴を目立たせないためには、日頃から角質をためないようにすることが重要です。日頃から予防をすることで、角質のできる限り予防することができます。

洗顔で肌をこすらない


洗顔をする際は、しっかりと泡立てて撫でるように優しく洗顔してください。こすると肌を傷つけてしまいます。

スクラブ洗顔を使用しない


スクラブ洗顔は、毛穴の汚れを取ってしまうようなイメージがありますが、肌を傷つけますので、ノンスクラブの洗顔料を使用しましょう。

長時間洗顔しない


洗顔は長時間行わずサッと終わらせましょう。

熱いお湯で洗顔しない


熱いお湯で洗顔すると、皮脂を落としすぎてしまいます。過剰な皮脂の発生を助長しますので、冷たい水かぬるま湯で洗顔しましょう。

保湿を行う


洗顔後は保湿を行い、皮脂の分泌を抑制しましょう。

毛穴を引き締めよう
今回は、毛穴が広がる原因や対策方法についてご紹介させていただきました。

皮脂や角質は処置を誤ると、さらに増やしてしまう原因になります。

しっかりとケアをすることで、角質の量を減らすことができますので、ぜひ皆さんも毎日しっかりとケアをするようにしてください。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
こめかみやほっぺに出来るニキビどうにかしたい!原因から考える改善法
ニキビの元“コメド”は正しい処理を 細菌を入れない清潔な方法とは?
チョコレートでニキビはできる?女性が気になるチョコとの上手な付き合い方

Doctors Me 11/27

このページのトップへ