ピル使用中に不正出血しても大丈夫?考えられる3つの原因を知ろう

ピルを使用している際に不正出血が起こることがあります。

誰にでも起こりうることですが、自分に不正出血が起こると不安ですよね。

今回はピルを服用中の主な不正出血の原因を3つ紹介したいと思います。

要チェック項目


□ピルの飲み始めの不正出血は生理での出血がゆっくり排出されるため
□ピルを飲み忘れても不正出血が起こる
□もし不正出血が起こってもそのままピルを飲み続けて大丈夫

不正出血とは?
不正出血は月経時以外に何らかの原因で起こる出血の事を指します。

ピルには卵巣ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが配合されています。服用することにより、視床下部からの排卵に働きかけるホルモンを抑制することで排卵を止めます。

排卵が止まることで、子宮内膜の成長も止まり月経の量もへることがあります。この月経を通常の月経とは区別して消退出血とよぶこともあります。

消退出血以外のピル服用時の出血は不正出血であると考えられます。不正出血では以下のような症状があります。

不正出血の特徴


・赤黒い血やピンクの出血
・茶色いおりもののようなものが出る

ピルを服用してる際には、基本的には少量の不正出血が続きます。

ピルが原因の不正出血1:ピルの飲み始め
ピルを使用したときの不正出血で最も多いと言われているのが、ピルの飲み始めの時期です。

ピルは生理の開始時期に服用を始めます。その際無理やり月経を止めてしまうことで、子宮内に残った子宮内膜がゆっくりと排出されます。これが飲み始めに不正出血が続く原因です。

この症状は服用を始めて1シート目で起きることが多いです。飲み始めの不正出血は休薬期間中に治まり、2シート目には不正出血が起こりにくくなるようです。

また、喫煙を行っている女性も不正出血が起こりやすいようです。

ピルが原因の不正出血2:飲み忘れ、ピルを吸収できない
ピルの効果で女性ホルモンを妊娠時と同様のものにして生理を止めていますが、ピルの飲み忘れがあると女性ホルモンが通常の状態に戻るため不正出血が起こります。

また、ピルを服用しても下痢のときや、飲んで数十分で吐いてしまった場合はピルが十分に吸収されません。ピルの作用を抑える薬や飲み物を飲むとピルの効果が低下します。

ピルの効果を抑えるもの


・セントジョーンズワット
・チェストベリー
・ペニシリン
・テトラサイクリン
・喘息の薬
・タバコ

以上のようなものはピルの効果を抑えてしまいます。また、逆にグレープフルーツは薬剤の効果を高めてしまい、副作用が出てしまう可能性があるので注意しましょう。

ピルが原因の不正出血3:飲み始めてしばらくして出血
飲み始めてしばらく時間が経過してからも不正出血が起こるケースがあるようです。原因は複数考えられます。それぞれ原因を見ていきましょう。

ピルを飲み忘れた


ピルを飲み忘れることでホルモンの血液中の濃度が下がり、不正出血が起こることがあるようです。飲み忘れでの出血は消退出血と呼ばれます。

消退出血は生理と同じ仕組みで起こります。生理よりは出血量が少ないですが、消退出血が始まったら生理用ナプキンを使用しましょう。生理と同程度の日数で終了します。

消退出血の場合は再びピルを飲み始めることで、不正出血が治まるようです。

子宮内膜が少しもろくなる


長期間ピルを服用してる場合、子宮内膜が少しもろくなってしまうことがあります。ピルの服用が原因のため、数か月以上経ってから発症します。

この場合は、またしばらく飲み続けることで不正出血が治まることがあるようです。

不正出血が起きてもピルは飲み続けて平気?
不正出血が現れた場合はピルは飲み続けても平気なのでしょうか。飲み始めから飲み続けて数か月経ってもやはり不正出血が起こるケースは珍しくありません。

基本的には前述の通り、大きな問題がないケースがほとんどですので、そのままピルを飲み続けても平気です。

ただし、以下の場合は産婦人科に相談しても良いかもしれません。

産婦人科に相談したほうが良いかもしれないケース


・ピルが3シート目以降でも不正出血が続く
・副作用である吐き気、頭痛が続く
・ニキビが出やすくなり、数か月続く

このような場合は産婦人科に相談し、ピルの種類を変えてもらうと良いかもしれません。ピルには一般的に飲まれている低用量ピル以外にも、中用量ピル、低用量ピル2錠/日等があります。

おかしいと思ったらまずは産婦人科に相談してみましょう。

もしピルを服用中に不正出血が出たら
ピルの使用中に不正出血が起きても、ひとまずは何もしなくても良いです。そのままピルを服用し続けてみてください。

ピルを使用している際の不正出血は誰にでも起こることです。

心配をしすぎてストレスを溜めても、ストレスが不正出血の原因になる場合があります。

どうしても心配で悩むのであれば、産婦人科に相談をしてアドバイスをもらってみてください。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
不正出血が止まらなくて心配…考えられる8つの原因と対処方法
生理前の不正出血で考えられる3つの可能性 心配な場合は産婦人科へ
不正出血と腰痛は関係あり? 悪性腫瘍を早期発見出来るサインかも

Doctors Me 11/27

このページのトップへ