愛し合っているのに…!?「行き違いで破局する」カップル3パターン

彼氏や夫と「わかりあえない」って思うと、悲しいですよね。愛し合っているはずの2人が、些細な行き違いから破局を迎えるのも世の常。今回は様々な人間模様を見てきた元市議の筆者が、愛し合っているはずなのに些細な行き違いで破局を迎える男女にありがちなパターンを3つお伝えします。

1:2人の悪い噂が流れている
男女の関係を育むにあたっては、環境ってとっても大事。愛し合っている2人であっても、周囲が2人のことをよく思っていないと悪い噂が流されがちです。
「あの2人は本当は合わないよね」「あのカップルが一緒にいると気味が悪い」などと悪い噂が流れているカップルほど、当人たちが一緒にいる気力を失われがちに。
愛があれば噂なんて関係ない! ……はずなのですが、リアルな社会ではそうも言ってられず、悪い噂に負けて気持ちがくじけ破局を迎えるカップルもいます。
それだけ注目を浴びているということなのですが、本人たちはそんな風に冷静には考えられないのかも。残念ですよね。
 
2:お互いに意地っ張り
意地っ張り同士のカップルは、互いの意地が意地を呼び、修復不可能なところまで複雑になりがちです。
どちらかが折れているうちはイイのですが、互いが意地を張りまくってしまうと増長しあって言動がエスカレートします。
すると、本来はしなくてもよかった揉め事やイザコザに発展しやすく、収拾がつかなくなって破局を迎えることも!
意地はプライドと直結しやすい部分だけに、なかなか自制がきかないのかもしれませんが、愛し合っているのに意地のせいで終わってしまうなんて、なんとも残念な結末です。
 
3:周囲が別れを煽る
それぞれの周囲にいる友人や知人が、「合わないから別れたほうがイイよ」と別れを煽る人だと、せっかく愛し合っている2人でもあっさり破局を迎えやすい傾向にあります。
「別れたほうがイイ」と断言されちゃうことで、別れの決意が加速してしまうのかもしれません。
反対に、周囲が「別れないほうがイイ」「少し様子を見たほうが……」などと建設的なアドバイスをする場合には、困難を乗り越える傾向に!
周囲からの意見って、当人が思っている以上に影響されやすいものなのかもしれません。自分の人生は自分だけが責任を負えるのですが……っ!
 
些細な行き違いで別れてしまったカップルの中には、復縁してゴールインするケースもなくはありません。
しかし、男女関係はご縁とタイミングに左右される部分も大きいもの。せっかく愛し合っているのに、些細な行き違いから破局を迎えるなんて、悲しすぎると思いませんか……?
 

【関連記事】
【連載8:AFTERⅡ】行き場をなくして…辿り着いた場所で出会ったのは
2位エッチの拒絶…夫が「結婚を後悔するキッカケ」1位もエグい
【連載7:AFTERⅡ】うまくいくはずなかった…うそから始まった2人
【連載6:AFTERⅡ】「まだ彼を信じたい!」なんて思う私…どうかしてる
【連載5:AFTERⅡ】二人で暮らした部屋…そこに彼が女の子と!?

Menjoy! 6日前

このページのトップへ