包んで捨ててよ! 生理用ナプキンにまつわる許せないマナー違反

人を不快にさせるマナー違反は色々あるけれど、同性だからこそ気になる生理やナプキンの処理に関するマナー違反。もう少し他人への気遣いがほしいと感じてしまうことは多いようです。今回は、トイレで見かけた「生理やナプキンに関するマナー違反」について女性たちに聞いてみました。

■トイレを汚す

・「トイレに血がついていたとき」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「和式で生理の血が便器についていたこと」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

用を済ませるときに便器に血がついたのに気づいていながら放置。サッと拭けばすぐにとれるものも、そのままにしておくとこびりついてなかなか取れなくなりそう。入った瞬間に血がついたトイレを見るのは確かに不快なものですよね。

■包まないで捨てる

・「むき出しのままでキチンと包んで捨ててない人」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「包まずそのままポイ」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

ナプキンを捨てるときにはトイレットペーパーに包んで捨てるというのが、女性の中では暗黙の了解のようになっていますが、それができていない人も。むき出しで捨てると使用済みナプキンが丸見えでイヤな気分になりますよね。

■ゴミ箱などに捨てない

・「きちんと決められた場所に捨ててほしいと思う」(25歳/その他/専門職)

・「汚物箱がない公衆トイレなどに使用済みの生理用品を放置していくのはマナー違反だと思う、汚いしやめてほしい」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

一般的な女子トイレにはサニタリーボックスが設置されていますが、まれにそれがないことも。だからと言って、使用済みナプキンを置きっぱなしにするのはマナー違反ですよね。捨てる場所がなければ、持ち帰るのがマナーと言えそうです。

■サニタリーボックスのふた

・「汚物入れのフタを閉めない」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ビックリ箱みたいに出てる」(33歳/不動産/事務系専門職)

サニタリーボックスがあっても中がいっぱいで入りきらない。でも、蓋が開けっ放しの状態は見たくないですよね。強引にでも押し込むか、入らないものは持ち帰るくらいの気遣いがほしいものです。

■包んでください

・「丸めて捨てていない(経血が見える状態で捨てられている)。ゴミ箱の中に入っていても、目に入ると不快」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「血のついた面が見えるような形で、無造作に捨てている」(31歳/その他/その他)

ナプキンを捨てるときには血がついた面を内側にして丸めるのが普通ですが、経血が見える状態で捨てる人も。あとから捨てる人が捨てようと思っても手に血がつきそうでためらってしまいますよね。

■汚しても平気

・「ゴミ入れを汚くして個室から出てくる。気持ち悪く感じる」(33歳/不動産/専門職)

・「使用済みナプキンがトイレットペーパーの上に出しっ放しだったとき。違うトイレに移動した」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

使用済みのナプキンやナプキンの袋などを個室内に散乱させたままほったらかし。同じ女性としてもどういう神経をしているのだろうと疑わずにはいられませんよね。自分だけよければという人が多いのでしょうか。

■まとめ

トイレに入った瞬間に使用済みナプキンや血で汚れた便器が目に入るとイヤな気分になるのは誰でも同じ。もちろん、汚した本人もそんなトイレに入るのはイヤなはずですが、自分が汚すのは平気なようですね。大勢の人が使うトイレでは、自宅のトイレ以上に気を使う、人を不快な気分にさせない。そういう気持ちがあれば汚したままにはできないはずですが、マナー違反をする人はそんなことにも気づかないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数118件(22歳~38歳の働く女性)

関連リンク
当たりすぎて怖い! ジョニー楓の週間恋愛占い
どんな男性に選ばれる!? 「未来の旦那様像」診断
女子が気になる男性についしてしまう質問4選

このページのトップへ