皮膚医学的におすすめのシャンプーの条件まとめ

シャンプーを選ぶとき、クチコミやパッケージで選んでいる方も多いのではないでしょうか。それも悪くはありませんが、商品の中身について、自分自身できちんと理解して選ぶこともとても大切です。ここでは、明日から試したくなるシャンプーの見分け方をご紹介します。自分に合ったシャンプーに出会いましょう。


シャンプーの成分「界面活性剤」とは?

界面活性剤という言葉はご存知でしょうか。シャンプーには界面活性剤が含まれています。汗やホコリ汚れは水でも洗い流すことができますが、皮脂や整髪料などは界面活性剤でないとなかなか落とせません。界面活性剤は、水では落とせない汚れを包みこんで髪や頭皮からはがしやすくし、再び髪に付かないようにしてくれます。


界面活性剤の種類と商品表記

界面活性剤は、細かく分類すると、以下の6つに分けられます。
・天然物
・石けん系
・脂肪酸エステル系
・アミノ酸系
・高級アルコール系
・石油系
これを化学的な分類で見ると、天然界面活性剤と合成界面活性剤に分けられます。上記の天然物が天然界面活性剤、それ以外の石けん系から石油系までの5つが合成界面活性剤になります。
また、使われる原料で見ると、天然由来と石油由来の界面活性剤に分けられます。上記の天然物からアミノ酸系までと高級アルコール系の一部が天然由来で、高級アルコール系の大半と石油系が石油由来の界面活性剤になります。


界面活性剤を用いたシャンプーの見分け方

中でも大きく分けて「高級アルコール系」「石けん系」「アミノ酸系」の3つの分類と特徴についてご紹介します。
アミノ酸系肌の弱い方、乾燥しやすい髪質や頭皮の方などにおすすめで、よく美容院で使われています。
・成分
水の次(または5番目以内くらい)に「ココイル…」「ラウロイル…」と書かれているものはアミノ酸系界面活性剤になります。
・ポイント
刺激が弱く、頭皮にもやさしい天然由来の高級脂肪酸にアミノ酸を反応させて作られた界面活性剤が使われています。
・注意点
洗浄力も強くないので、しっかりした洗い心地が好みの方には向きません。
高級アルコール系高級とつくから値段が高いとか品質がよいというわけではありません。アルコールの分子に含まれる炭素数が多いものを高級アルコール、少ないものを低級アルコールと呼びます。
・成分
製法によって脂肪酸から作る天然系と、石油から作る石油系の2つに分けられます。ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩(成分表記では「ラウレス硫酸Na」)などがあります。
・ポイント
炭素数が多いものは泡立ちがよく、程よい洗浄力を持っています。一部に天然由来の高級アルコールを原料とした界面活性剤が使われている商品もありますが、多くが石油由来の高級アルコールを原料とした界面活性剤を使用しています。
・注意点
石油由来の界面活性剤は、人によっては刺激が強すぎる場合があるので注意が必要です。市販されているシャンプーのほとんどがこの高級アルコール系です。
石油系多くの商品に、洗浄成分として天然由来の油脂や、脂肪酸にアルカリを反応させて作られた界面活性剤(石けん)が使われています。
・成分
水の次(または5番目以内くらい)に「ラウレス硫酸…」「ラウリル硫酸…」といった表記がある場合は石油系界面活性剤です。
・ポイント
石けんは、天然由来の原料から作られることや、人間が古くから使ってきた界面活性剤であることから、石けん系シャンプーは、安全・自然志向の方から好まれています。
・注意点
アルカリ性で洗浄力も強く、毛穴の汚れも落としてくれますが、正しく使わないと皮脂をとりすぎるという特性もあります。


フケに強いノンシリコンシャンプーに関して

シャンプーは、シリコンタイプとノンシリコンタイプに分けることができます。フケを改善するためにはノンシリコンタイプを選ぶとよいでしょう。
なぜシリコンが入っているのか多くのシャンプーにシリコンが入っているのは、洗いあがったあとに髪のツヤを出すためです。たしかにツヤのある髪の毛を維持するためにシリコンは効果的ですが、すすぎが足りないせいでシリコンが頭皮に残ってしまうと、頭皮に負担を与えてしまいます。シリコンは安全な物質とされ、医療の現場でも使われています。しかしながら、シリコン入りのシャンプーによって頭皮トラブルを起こす方もいるので、フケが気になる場合は使用しない方が無難です。


皮膚医学的におすすめシャンプー

シャンプーに使われているさまざまな界面活性剤を紹介しましたが、皮膚医学的観点からひとつおすすめするとしたらアミノ酸系シャンプーです。
そもそも、髪をはじめ身体の素となるタンパク質はアミノ酸で構成されています。これまであげた界面活性剤のなかでも刺激が少なく、髪や頭皮にやさしい成分です。特に乾燥・敏感タイプの方でトラブルがある場合は、アミノ酸系を選ぶとトラブルが改善されることが多いようです。
(この記事の監修: 広尾プライム皮膚科 医師 / 谷口由紀 先生)
【関連記事】
肌タイプ別!正しいシャンプーの選び方
【医師監修】アミノ酸シャンプーの効果
【医師監修】アミノ酸系シャンプーの洗浄成分(界面活性剤)とは
【医師監修】石鹸シャンプーの特徴と使用上の注意点
医師に聞く!本当に髪と頭皮に良いシャンプーとは?

このページのトップへ