冬に起きやすい「ヒートショック」の恐ろしさとは

冬に気をつけたい「ヒートショック」についてご存知ですか? 急な温度差によって血圧などが急に変化して起こる、健康への悪影響のことです。
今回はこのヒートショックについて、医師に詳しい話を聞いてきました。

ヒートショックとは
ヒートショックは正式な医学用語ではありませんが、家の中での急激な温度差が、健康上悪影響を及ぼすことをさす言葉です。
典型的な例では
・あたたかいお風呂場の中から寒い脱衣場へ出る
・暖かいリビングから寒いトイレに行く
といったことが挙げられます。

私たちの体は室温が大きく変化すると、それに適応しようとして血管が収縮し、脈が変化したり、血圧が大きく変化します。ですから、 心臓に非常に大きな負担をかけることになります。
年間、1万人以上もの人がこのヒートショックで死亡しているともいわれています。

ヒートショックの影響を受けやすい人
1.高齢のかた
目安として、65歳以上になるとヒートショックを起こす可能性が高くなります。

2.持病のある方
・肥満
・糖尿病
・高血圧
・心臓の病気

3.温度の急激な変化にさらされているかた
以下のように、家の中に温度差が大きい環境があれば、リスクが高いといえるます。
・熱いお風呂に入ることを好む人
・お風呂の脱衣所やトイレなどに暖房器具がない

ヒートショックの予防・対策法
【すぐできるヒートショックの予防・対策法】
・脱衣所やトイレなど、寒い場所は暖房を置いて温める
・お風呂の温度は熱すぎないよう調節する
・身体を冷やさないよう、肌寒く感じたら一枚羽織る

特に 65歳以上の高齢者、糖尿病や高血圧の持病のあるご家族がいる場合、不測の事態を防ぐためにぜひ気を付けてあげましょう。

【その他のヒートショックの予防・対策法】
・寒暖差が大きい状況を、家の中で作らない
・肥満や糖尿、高血圧といった持病のある人は、体重コントロールや、こまめな血圧測定、血糖コントロールを心がける
・過度の飲酒はしないようにする

医師からのアドバイス
冬は特に、ヒートショックに気を付けなくてはいけない季節です。家の中でも肌寒いときは、重ね着をしたりスリッパを履くなど工夫しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
高血圧ガイドラインでセルフチェック 注意したい仮面高血圧って?
睡眠不足が高血圧の原因にも…?人間の睡眠と血圧の関係とは
キスマークによる血栓で脳梗塞に…17歳の少年に襲いかかった悲劇

Doctors Me 11/26

このページのトップへ