前からよりも…後ろからっ!彼が「ドキッとする接触」2位ハグ1位は

どんなにラブラブな男女でも、結婚して数年経てばドキドキが失われがち。ならば、妻からのスキンシップでドキッとさせてみませんか? マンネリ夫婦も倦怠期カップルもラブが再燃しそうな、男性がドキッとする妻からのスキンシップをある調査をもとにご紹介していきます。

思わずドキッとするスキンシップを夫500名に調査
結婚してからドキドキが失われた……というのはよく聞く話ですけれど、夫になった男性でも妻からされると思わず「ドキッ」としちゃうスキンシップがあるんです。
今回は、アンファーが実施した「夫婦愛と頭髪に関する調査2016」をから500名の夫に調査を行なった“妻にされるとドキッとしちゃうスキンシップ”のトップ3をランキング形式でご紹介しましょう。
結婚後の夫婦でも有効なのですから、倦怠期を迎えたカップルでも使えそうですよね!
 
3位:手をつなぐ・触る
同調査の「妻にされると愛情を感じるスキンシップランキング」で3位になっていたのは、17.0%が選んだ「手をつなぐ・触る」。
付き合いが長くなるとパートナーの手に触れる機会が減ってしまう男女もいますけれど、妻から手をつながれるとそれだけでドキッとしてしまう男ゴコロが垣間見えます。
ちなみに、似たようなスキンシップでも「脚や太ももを触る」は6.8%、「顔に触れる」は6.4%だったことから、女性から触れるならダンゼン手がオススメである実情がわかりますよね。
一緒に歩くときに、さりげなく手を繋いでみるとよさそうです。
 
2位:後ろからハグをする
続いて、同ランキングで2位になっていたのは20.0%が選んだ「後ろからハグをする」でした。
ちなみに、「前からハグをする」は15.4%の得票率だったことからも男性をドキッとさせるポイントは、“後ろから”という部分。
後ろ姿という無防備な状態にギュッとしてくるあたりに、可愛らしさと恥じらいを感じるのかもしれません。
彼が冷蔵庫を物色しているなどの無防備な場面で、そっと背後から近づいてハグしてみては?
 
1位:唇にキスをする
そして、同ランキングで1位になっていたのは28.2%が選んだ「唇にキスをする」でした。
唇同士のキスは、まさに愛し合う男女のスキンシップの定番中の定番。だからこそ、男性からのドキドキ感も最高潮に達するのかもしれません。
余談ですが、「首筋にキスをする」は9.4%、「頬にキスをする」は8.2%だったことからも、キスでドキッとさせるならダンゼン唇がよさそうです。
 
長く連れ添うと、なかなか相手にドキッとするシーンは訪れにくいかもしれません。
女性からのちょっとしたスキンシップでラブラブに戻るキッカケになればハッピーですよね。
パートナーをドキドキさせたい女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
 

【関連記事】
引き出物よりカレが欲しい!友達の結婚式で「モテまくる方法」3つ
玄関入った瞬間「完璧だ…!」と思われる彼の部屋に行った時の第一声
あなたにはコレが足りてない!「告白したくなる女性」2つの特徴
本当に「ハイスペック男子」と幸せになれるのか?問われる6つの理由
「いい彼女持ったなあ…」仕事で忙しい彼も感激!デキる彼女の神対応

Menjoy! 11/26

このページのトップへ