意外と多いです!もしも彼が「婚約破談」経験者だったら…確認3つ

婚約はしたものの、結婚まで至らなかったカップルっていますよね。結婚してから別れるよりはスマートだと言えるかもしれませんが、そんな“破談”の経験がある男性と付き合う時に気を付けるべきことってあるのでしょうか? そんな疑問に答えるべく海外情報サイト『Women's Health』の記事をもとに3つのポイントを紹介します。

1:若気の至りだったかどうか
誰でも若い時って恋愛経験も少ないし、「愛があれば万事うまくいく!」といった幻想を抱きがちですが、現実はそんなに甘くはありません。
熱愛の末に勢いで婚約しても、「早く燃えるロウソクほど、早く燃え尽きてしまう」の文字通り、気持ちが冷めてしまい婚約解消することもあれば、仕事も安定せず経済面で無理がある……といった壁にブチ当たることも。
もし、彼が若気の至りで婚約してダメになってしまったのだったら、あなたにだって起こり得たことだと思って、それほど気にする必要はないでしょう。
しかし、彼が熱しやすく冷めやすい性格ならば要注意!
あなたとの恋も急激に熱くなって、冷や水を浴びせたように恋の炎が消失してしまうことも考えられるので、あまりにも彼との恋愛が急ピッチで進んでいるようなら、あなたの方からペースダウンするよう働きかけてくださいね。
 
2:何度も婚約破棄を繰り返していないかどうか
かつて、愛する彼が他の女性と婚約したことがあると知ったら、女としては、ビミョーな心境になってしまうのではないでしょうか。
嫉妬に似たような気持ちを抱きつつも、「婚約までしたのなら、結婚する気はあるということ」とも取れるので、いつまで経っても、年貢を収められない性格ではなさそうだとも判断できます。
しかし、彼の婚約破棄が1度ではなく、2回以上繰り返していたら赤信号だと思った方が賢明でしょう。
婚約して女性を捨てる常習犯は、“プリンス・チャーミング”……最高の恋人を演じることを楽しんでいるだけの可能性もあります。
別れるまでは最高の恋人を演じているので、捨てられた女性は理由が分からず、彼を諦め切れずに復縁を懇願して、今度は女性が追いかける側に!
このように、彼が恋と破局のゲームを楽むようなタイプなら、深い関係になることを避けた方が無難です。
 
3:彼が婚約していた過去を本人から聞いたか
真剣に付き合っている相手だったら、過去に婚約していたという話は持ち出しにくくても、正直に打ち明けるべき情報です。
昔1週間デートしたぐらいの女性なら、全てを語る必要はありませんが、婚約するほど真剣に将来を考えていた女性の話ならば、なぜ別れたのかなどの理由もパートナーに伝えるべきです。
ところが彼の口からではなく、その情報を他の人から聞かされたとしたら、良い兆候とは言えません。
婚約破棄に関して、彼の人格を疑ってしまうようなエピソードが隠されているのかもしれないし、婚約していたという大事な過去を隠されたら、「他にも隠し事があるのでは……」と疑心暗鬼になっても仕方がないでしょう。
 
 
婚約だけでなく、結婚についても同じことが言えそうですね。
過去に婚約経験がある男性とイイ感じになったら、深入りする前に、上に挙げたチェック事項をしっかり確認しておいてくださいね!
 
 
 

【関連記事】
大事!合コン幹事に伝えておきたい「男メンバーの最低条件」4つ
優しさは仇になる!「ビッチになって楽しく恋愛する」2つの方法
この犬種に要注意!「カップルの邪魔」をしてくるワンコちゃん…1位は
一目瞭然…!? 彼が「あなたを利用している」3つの絶望サイン
1位は確率100%!?「1年以内に恋人ができる」出会いランキング

Menjoy! 11/26

このページのトップへ