本気でつらい心に向き合うなら!「ストレスマネジメント」のススメ

みなさんはイライラしているときにどんな方法でストレス発散していますか? ヤケ食いしたり、一人カラオケで熱唱したり、友人にグチってみたり、人それぞれあるでしょう。しかし、どんな方法を試してみてもスッキリしないときってありますよね。
スッキリしない原因は、アナタが感じているストレスと発散方法が、ズレている可能性があるかもしれません!
そこで今回は、厚生労働省の情報サイト『e-ヘルスネット』を参考に、“ストレスマネジメント”を改めて考えてみましょう。これを自分で理解するだけでも、ストレスとの向き合い方が変わるはず!
 
■ストレスマネジメントを知って発散方法を考えよう
まずは、ストレスマネジメントについて『e-ヘルスネット』の解説を見てみましょう。
ストレスとの上手な付き合い方を考え、適切な対処法をしていくこと。ストレスは、日常的にどんな方でも受けるものです。しかし、中にはストレスによって様々な症状がでたり、疲れてしまったりするときがあります。そのように、身体や心に悪影響を起こすストレスに対し、どのように対処しどのように付き合っていくかを考えることを、ストレスマネジメントと呼びます。ストレスマネジメントでは、ストレスがかかったときの対処法(コーピング)やストレスに対する認知の変容を中心に指導をしていきます。
自分が何にストレスを感じているのか、きちんと把握することがストレス発散に繋がるということです。
今回は、日常生活の中で起こりやすいストレスの原因である、心・体・環境の3種類に注目してみましょう。それぞれの原因ごとに向いているストレス発散方法が異なってきます。どれに当てはまっているか、考えながら見ていきましょう。
 
■原因1:心
人間関係や仕事でのトラブルなどで、“心”がイライラする状態。将来のことを考えて急に不安になり、鬱っぽくなって沈んでいるときのストレスは心に原因があることが多いです。
こんな状態のときは、とにかく心を休めることが効果的なストレス発散方法です。いろいろと考えてしまい、負のループから抜け出せなくなるのは避けましょう。
しかし、悩んでいるときに「何も考えるな」といわれても、それは難しいですよね。頭の中の不要な雑念を消す作業は、慣れも必要です。オススメは寝てしまい、強制的に考える時間を減らすこと。
悩みすぎて眠れないという人は軽い筋トレをしたり、散歩をしたりして体を疲れさせて眠くなるようにしましょう。とにかく考えることを止めることが必要です。
 
■原因2:体
疲れが溜まっていたり、飲み会続きで内臓がダメージを受けていたり“体”へのストレスがかかっている状態。女性の場合は、生理によるストレスもこのパターンに当てはまりますね。
体ストレスの場合も上記と同じように、休息が第一。体に優しい食べ物を食べたり、リラックス効果が期待できる温泉に入ったりしてケアしましょう。
一日中デスクワークで同じ姿勢をずっと続けていたり、長時間の立ち仕事などで、体の一部に疲労が蓄積されていることも。こんなときはマッサージなどで、疲れが溜まっている部分をほぐしてあげることがストレス発散になります。
生理痛などは腹部を温めてあげるなどして、とにかく体を休めてあげることで、ストレスは緩和されます。
 
■原因3:環境
環境によるストレスとは、寒さや暑さといった気温からくるストレスもこれに当てはまります。特に寒さからくるストレスが原因で季節的な“冬鬱”を引き起こす人もいるそうです。
このように、環境によるストレスは大きいので、きちんとした対策が必要です。服装による気温調整はもちろん、冷たいものばかり飲んだり、食べたりするのは避けましょう。
気温の変化がストレスに関係しているとは、なかなか思いつきませんよね。しかし、油断しているとストレスがどんどん溜まってしまう可能性も。そうなる前にきちんと対策しましょう。
 
自分がどんなことでイライラしているのか、しっかり分析することで、的確にストレス発散法を実践できます。アナタもストレスマネジメントをして、心と体に余裕のある快適な生活を送りましょう。
 

【関連記事】
たった5つの習慣で…毎日を「ノンストレス」に!簡単で驚きの方法とは
山田優のセレクトは?去年のコートはアリorナシ「2016年トレンド」判定
1位が意外だった!男が「彼女を友達に紹介しない理由」TOP3
うねうね髪にイライラ!扱いにくい「デコボコ髪」の原因になるNG3つ
7割が経験!妊娠以外で「生理が遅れた時の状況」1位はあのストレス

このページのトップへ