マスクしてる意味なーい!風邪の「予防にならない」着用法5つ

街を歩いているとマスク姿の人が目立つ季節となりました。マスクは風邪やインフルエンザの予防にもなるため、大勢の人が集まる電車・オフィス内で重宝しますよね。しかし、「マスクをしていたのに、風邪をひいてしまった」という人も多いのでは。では、一体なにが原因なのでしょうか?
今回は、マスクをしていても風邪の予防効果が期待できないNG着用法について、お話していきたいと思います。
 
■1:手洗い前につける
マスクをつける前は、手洗いが必須。手に付着したウイルスがマスクの内側に……、なんて事態を避けるためにも、石鹸で手洗いをしてからつけましょう。
 
■2:隙間があいている
マスクは、“顔にしっかりとフィットしている”ことが大事。そうでないと、隙間からウイルスや空気の汚れなどが侵入してきます。
鼻の部分のワイヤーを指で折り曲げて鼻の形に合わせる、プリーツ部分をある程度広げて頬・顎の下を覆うようにするといいでしょう。ただし、広げすぎが原因で隙間が出来ないように気を付けて。
 
■3:一日中同じマスクをつける
朝から使っているマスクを終日つけ続けるという人は、少なくありません。しかし、一日同じマスクをつけっぱなしは、避けた方がいいです。なぜなら、マスクの内側・外側は吐き出す息で温かく湿っており、雑菌が繁殖しやすい状態だから。
「予防していたつもりが、体調不良の原因になった」なんてことがないように、マスクは清潔なものを着用しましょう。
 
■4:裏表・上下が逆さま
マスクは、裏表・上下が決まっています。ワイヤー部分が上、プリーツが外側に向き、ヒダが下を向いている状態が正しいので、間違えないようにしましょう。
 
■5:外したマスクを放置
これは、一日中同じマスクをつけている人は、特に注意すべきです。外したマスクをデスクに放置したり、カバンの中に押し込んだり……。これでは、雑菌が付着してしまいます。
ガーゼマスクを使う人や替えのマスクを持ち歩かない人は、マスクを収納するポーチを利用するなりして、その辺に放置しないようにしましょう。
 
以上、マスクのNGな着用法をお伝えしました。この冬、風邪知らずで過ごすための参考にしてみてくださいね。
 

【関連記事】
実は小顔効果も!「マスクでいつもより可愛くなる」メイクルール3つ
知ればマスク手放せない!花粉&風邪予防以外の「美容メリット」4つ
明日はきっと…大丈夫!寒い冬の朝でも「スッキリ目覚める」方法
コレってまさに…私!? 恐ろしく「キレイが遠ざかる」洗面所の特徴3つ
もうヤメて!実は「爪をボロボロ」にしてしまうセルフケア法3つ

このページのトップへ