東京初の11月積雪で「北国vs東京」の議論勃発!

11月24日、強い寒気の影響で関東地方を中心に雪が降り、東京都心では気象庁が観測を始めた1875年以降初めて11月での積雪を記録した。この日は朝からニュース番組で雪の話題が扱われるなど、関東地方では大騒ぎとなっていた。

特に朝の通勤・通学時には、雪による遅延を心配して早めに家を出る人が多かったようで、混雑により交通機関には少なからず影響を与えた。しかし、都心では、雪はぱらついたものの“みぞれ”が混じり、北国の“雪”とはほど遠かったようで、ツイッターでは、

「ニュースで東京の雪の様子見てるけど全然降ってないじゃん…」
「大正義東京では雪ふってるのか 雪国の辛さ、思い知れ! こんなもんじゃねぇぞ」
「東京で雪が降りましたーなんてニュース朝から見てて冷めた目で見てるわ(笑)そんくらいたいしたことないわって思ってしまう北国住み←」

などと、北国出身と思われるユーザーから“大したことない天気なのだから、そんなに騒がなくてもいいのではないか”という声が多く寄せられた。また、

「数センチの雪で 電車が遅れるとか 東京の雪対策があまりにも酷すぎる 首都だよ。首都 ←」
「ニュースが東京の雪の話ばっかり。何であんなにニュースにしてるのか不明… 毎年一度くらいは降るんだから対策出来るでしょ」

と、東京はしっかり雪対策をするべきだという意見も…。

このような意見は、東京で雪が降るたびにネット上では多く聞こえてくるもの。東京在住と思われるユーザーからは、

「東京は雪の対策しろしろってみんな言うけど、ほんとおっしゃるとおりなんだけど、365日のうち3~4日のためにお金を割けるかって言われたら、なんか無理な気がするよね」
「東京で雪が降るたび北国とのバトルが始まるけど、 年に何度もない大雪のために莫大な費用をかけて対策はできない が結論だったはずだが」

などの反論もあり、「東京vs.北国」の議論が続いている。

観測史上初の11月での積雪ということで、ニュースでは大々的に取り上げられた東京での初雪。しかし、混雑で電車が遅れたり、東京の雪対策に関する議論が盛り上がったりと、世間の反応は例年通りだったといえそうだ。
(小浦大生)

(R25編集部)

※当記事は2016年11月25日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
東京初の11月積雪で「北国vs東京」の議論勃発!の【もっと大きな画像や図表を見る】

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

■「topic」に関する過去のイチオシ記事
女子高生考案「イヤホンガンガン」やってみた人続出
新語「シワシワネーム」に大反発!
「コンビニの成人コーナーなくせ」主張にネットは賛否
「若気の至りでやると後悔」1位は
1位は「うたた寝」 夫が許せない妻の習慣TOP10

R25 11/26

このページのトップへ