環境省が萌えキャラ募集は「白けちゃう」? ネット賛否

環境省が、地球温暖化対策のための「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」の認知度向上を目的として、11月21日より“萌えキャラ”のデザインの募集を開始。ネット上では疑問の声が多数あがっている。

「COOL CHOICE MOE 萌えキャラクター」(「MOE」はMinistry of the Environment=環境省の頭文字ともかかっている)制作プロジェクトにより、キャラクターのコンセプトは、ぐうたらで不摂生な女子高生「君野イマ」と、パラレルワールドからあらわれた知的でしっかり者の「君野ミライ」という2人にすでに決定している。現在、プロジェクトの公式サイトでは「萌えキャラクターのデザイン募集を開始することをお知らせいたします」と書かれている。

この2人のデザイン案の募集期間は12月4日までで、報酬金額は54万円。採用されたキャラクターデザインは3D化され、COOL CHOICEに関する普及活動など様々な場面で活用されるとのことだ。

国民運動のPRとして「萌えキャラ」を作ることについて、Twitter上では

「国に乗り込まれると白けちゃうジャンルがあるんだ(´・д・`) 」
「環境省は萌えキャラがターゲットとしている層をわかってやってるんだろうか。国民運動を謳っておいて。私企業がやるならカラスの勝手だけどさあ。。。」

とムズムズしている人の声が続出している。

一方で、

「ほう。尖っているな」
「ったく、仕方ねぇな…ガタッ」
「官公庁系で並行世界設定って初めて見た気が」
「3D化も、ちゃんとした所にお願いしないと大変なことになるぞ! なるぞ!」
「キャラクターデザイン募集はいいと思う。同時に脚本も募集して、ストーリーに対する付加価値を加えたらどうかな?」

など、興味を示したり、様々な提案をする人も現れている。

議論を呼んだことで、萌えキャラ設定以前に「COOL CHOICE」の認知度向上にはなったようだが、果たして「萌えキャラ」の登場により、さらなるムーブメントとなるか?
(花賀 太)

(R25編集部)

※当記事は2016年11月25日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
環境省が萌えキャラ募集は「白けちゃう」? ネット賛否の【もっと大きな画像や図表を見る】

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

■「topic」に関する過去のイチオシ記事
感動の声多数『BLEACH』久保氏に届いた手紙 送り主は
「漫画の実写映画化」が多いカラクリに怒りの声
山本圭壱がよしもと復帰!「めちゃイケまた観る」の声
江戸時代、セレブに大流行!?新婚初夜のヒミツの作法
『チャンプロード』休刊へ ヤンキー文化の衰退に寂しさ

R25 11/26

このページのトップへ