うぇっぷ…気持ちわる。「二日酔い」の朝に飲めばシャキーン!なドリンク3つ



二日酔いの朝のコーヒーが効くワケ

コーヒーは、二日酔いの頭痛を緩和するとの説もある飲み物です。秘密はカフェインにあるようですが、実はカフェインには肝臓でアルコールの解毒作用を早める効果もあるといわれています。
カフェインには肝臓を活発に機能させ、アルコール分解の過程で発生するアセトアルデヒドの分解を早める作用もあるといわれています。
ただし、利尿作用があるカフェインは、飲み過ぎると脱水状態に陥るリスクもあります。コーヒーで二日酔い対策をするときには、適量を守ることと水分補給を忘れずに行うことが大切です。
コーヒーは一日何杯までならOK?


お酒好きならグレープフルーツジュースを常備!

グレープフルーツには、果糖のフルクトースとビタミンCが多く含まれています。2つの成分には、アルコールの分解過程で生じるアセトアルデヒドの分解を助ける力があるとされています。そのため、二日酔いの症状も和らぐのです。

さらに、グレープフルーツの果汁に含まれている「イノシトール」には、肝臓の負担を軽減する作用があり、別名「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれています。肝臓の負担が軽減されることで肝機能の向上につながり、アルコールのスムーズな分解に役立つと考えられます。
予防するなら●●前に飲むのが◎!


トマトジュースで二日酔い防止

トマトジュースに含まれるリコピンも、毒物のアセトアルデヒドに対抗してくれる成分です。トマトジュースには解毒作用に役立つグルタチオンや利尿作用を持つカリウムも多く含まれているため、全般的に二日酔い対策となってくれるでしょう。

ウォッカベースのブラッディ・メアリーや、ビールベースのレッドアイなど、トマトを組み合わせたお酒がありますが、これらのカクテルが親しまれているのは、二日酔いにはトマトがよいという昔からの言い伝えがあるからだともいわれています。
トマトジュースでデトックスも!?
いかがでしたでしょうか?二日酔い対策に、薬や栄養ドリンクなどを飲んでいた人は、自然由来のドリンクにも注目してみてはいかがでしょうか。身体への負担を抑えつつ、二日酔い対策ができるかもしれませんよ。

【関連記事】
朝のトイレタイム。今日は5分だけ延長してみて。
足の冷えを解消して憧れの美脚をGET!
むくみ・便秘・貧血・エイジングケアまで!?「美」の味方をする3つの甘いモノ
ビフィズス菌は善玉菌!腸にやさしいビフィズス菌の働きとは?
今夜は、週末シンデレラになりましょう。

このページのトップへ