「プチ更年期」って一体なに? 女性ホルモンとの関係は?

「ささいなことでイライラしてしまう」「憂鬱な気持ちが続く」「顔がほてりやすい」「ふとしたときに大量の汗をかく」「頭痛が治まらない」といった心身の不調は、更年期障害の代表的な症状です。
50歳前後の女性に起こるとされている更年期障害ですが、最近は、若い女性で上記のような症状に悩まされる方が増えています。
一体なぜ、若いうちから更年期障害の症状が起こってしまうのでしょうか?
今回は、近年注目されている「プチ更年期」について詳しくお話しします。


そもそも更年期障害って?

年齢を重ねるにつれて卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の分泌量が減少します。
エストロゲン量の低下を感じた脳は、「ゴナドトロピン」という性腺刺激ホルモンを分泌してエストロゲンの分泌を促す指令を出すのですが、機能が低下した卵巣ではエストロゲンの量を増やすことができません。すると、脳はエストロゲンを出せ、出せと指令を出し続けることになります。
このような状態が続くと、ホルモンバランスや自律神経に乱れが生じ、更年期障害が起こるのです。
一般的な日本人女性の閉経は50歳前後。そのため、閉経にともなって徐々に卵巣の機能が低下する40歳半ばから50歳くらいの女性に、更年期障害が起こるとされています。



20代〜30代女性に起こる更年期障害?


卵巣の機能が安定しているはずの若い女性に起こる更年期障害のような症状は、「プチ更年期」や「若年性更年期障害」、「プレ更年期」などと呼ばれています。
そもそも「更年期」とは、女性の閉経前後の期間を指す言葉です。
それなのに、若い女性が更年期障害のような症状に悩まされているのは一体なぜなのでしょうか?
その原因は、「視床下部」の働きが悪くなるせいだとされています。
視床下部は、ホルモンの分泌や自律神経をコントロールする脳の部分のこと。
ストレスや過労、行き過ぎたダイエットなどによって自律神経が乱れると、同じ部分でコントロールされているホルモンの分泌にも悪影響を与えてしまいます。
自律神経の乱れによってホルモンの分泌量が低下し、プチ更年期と呼ばれる症状を引き起こしてしまうのです。


プチ更年期の症状

「最近なんだか体調がよくない」「生理の周期が乱れている」という方は、プチ更年期の可能性があるかもしれません。
プチ更年期の症状を放っておくと、女性ホルモンの分泌量が低下したままになり、卵巣の機能が衰えてしまうことも考えられます。
以下の症状に当てはまるものが多い場合は、すぐに対策を行いましょう。
・倦怠感、疲労感が拭えない
・手足の冷えが気になる
・めまいやのぼせがする
・気力や集中力が続かない
・記憶力が低下した
・食欲がない
・夜眠れない
・顔や体がほてりやすい



プチ更年期を予防・解消するためには?

女性ホルモンの分泌量を低下させる原因は、普段の生活習慣にあります。
バランスのよい食生活を心がけ、入浴やアロマテラピーなどでストレスを解消するよう意識して生活を送りましょう。
適度な運動で全身の血行を促したり、規則正しい生活で十分な睡眠時間を確保したりすることも大切です。
若い女性を悩ませる「プチ更年期」は、女性ホルモンのバランスが乱れることで起こります。
プチ更年期を経ると、実際の更年期にさらに重い症状に苦しめられるともいわれているため、要注意!
生活習慣を見直して女性ホルモンの分泌量を整え、プチ更年期を予防・改善してきましょう。
(女性ホルモン美容研究家 / 申弘美)
【関連記事】
セックスをすると女性ホルモンが高まるって本当?
忙しい時こそNG!女性ホルモンに悪い3つの生活習慣
女性ホルモン美人になれる秘訣「ストレス解消」のススメ
女性ホルモンを高める! おすすめアロマ
意外と知らない?女性ホルモンを整えるコツとセルフチェック法!

このページのトップへ