絶対に彼氏が喜ぶ「キス」のテクニック6つ

恋人と会うときには、お互いの気持ちを確かめ合うため、「キス」をする方も多いことと思います。ぜひ上手なキスで、彼を「おっ!」と思わせたいものですね。では、彼をもっとメロメロにするためには、いったいどうすれば良いのでしょうか。女性たちに、「キスがうまいと思われるためにやっていること」や「男性を喜ばせるために心掛けていること」について教えてもらいました。

■事前のケアを頑張る

・「唇を柔らかくする」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「いつもリップなどで唇に潤いを与えておくようにしている」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

キスで相手を気持ちよくするためには、キスの前の事前準備が大切? ガサガサのリップや口臭は絶対に避けて。近づけば近づくほど、彼をガッカリさせてしまうでしょう。いつキスしても大丈夫なよう、準備しておくのがオススメです。

■身を任せる!

・「あまり積極的に出ないで彼にリードさせること」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「男性の流れに任せるようにしている」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

キスがうまいと思われたくても、彼から主導権を奪うような振る舞いはNGという意見も目立ちました。彼にも彼なりのペースがあるはず。黙って合わせてあげることも、優しさなのかもしれませんよ。

■恥じらいを見せる

・「最初はちょっと恥ずかしそうにする」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「キスをした後にかわいく恥ずかしがってみる」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

こちらは、大人の女性による彼のための「サービス」ですね。「ぶっちゃけ、もうキスくらいで恥じらうことはない!」という方も多いかと思いますが、恥じらう彼女の姿に満足度をアップさせる男性も少なくないのでしょう。

■時には駆け引きも……

・「焦らすこと。相手をよりドキドキさせるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「緩急をつけてマンネリしないようにしている」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

キスの時間をより充実させるためには、駆け引きだって重要です。特に「最近ちょっとマンネリかも……」と思うときには、「焦らす」「攻める」などの方法も使い分けてください。

■自分からするときには?

・「女性らしく思われたいので、自分からキスをするときはかわいらしく一瞬だけチュッとする」(31歳/その他/その他)

・「口内・口周りの清潔を保つ。自分からはソフトキスのみ」(30歳/ソフトウェア/その他)

こちらは、自分からキスをするときのテクニックです。女性にだってキスしたい瞬間はありますが、「がっついている!」と思われるのは避けたいところ。こんなキスなら、程よく気持ちを伝えられることでしょう。

■最後は「気持ち」!?

・「気持ちを込めてキスをすること」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「頑張る事。気持ちが相手に伝わると思うから」(33歳/不動産/専門職)

テクニックやタイミングなどなど……上手なキスをするためのコツは様々ですが、最後はやはり「気持ち」なのかもしれません。相手を思ってするキスは、きっと大切なことを伝えてくれるはず。二人の絆も、より一層深まりそうですね。

■まとめ

こんなキスをすれば、彼の気持ちは一発でメロメロになってしまうのかも……!? 二人の時間をもっともっと楽しいものにするために、ぜひみんなの意見も参考にして、幸せなキスをしてみてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数118件(22歳~38歳の働く女性)

関連リンク
当たりすぎて怖い! ジョニー楓の週間恋愛占い
どんな男性に選ばれる!? 「未来の旦那様像」診断
女子が気になる男性についしてしまう質問4選

このページのトップへ