絶対別れるべき!! 「不幸なカップル」の特徴6つ

付き合っているのに、なぜかあまり幸せそうでないカップルもいますよね。結婚しているならわかりますが、未婚であるのなら、何のために付き合い続けているのか不思議に感じてしまいそう。女性がまわりで見かけた「不幸なカップル」の特徴を教えてくれました。

■ケンカが多い

・「ケンカばかりしてる人。一緒にいて疲れないのかなって思う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ケンカしすぎてケンカしてるのが普通になってる」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

いつもケンカばかりしているカップルだと、何のために付き合っているのか理解できないこともありますよね。ケンカするほど仲がいいともいいますが、度が過ぎると、いつもケンカしている不仲なカップルという印象に。

■不倫している

・「不倫カップル。どんなに愛し合っていても先が見えないから」(31歳/その他/その他)

・「不倫カップル。まわりの目が気になるし、うしろ指をさされないように、コソコソしている」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

不倫で付き合っているカップルは、まず幸せになることは難しそうです。配偶者も悲しませることになりますし、裁判沙汰にならないよう、早めに別れたほうがいいと言えるでしょう。

■束縛が激しい

・「どちらかが束縛しすぎて窮屈な状態になってるカップル」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「束縛が激しくて飲み会なども楽しめない」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

どちらかの束縛が激しすぎると、相手は息苦しくなってしまうもの。どんなに相手が好きでも、ある程度自由な時間を与えたほうが、長続きしそうにも思えますよね。

■借金がある

・「借金をしているカップル。お金に必死でデートも楽しめてないから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「借金を背負っている、不幸になっている」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

借金があるカップルだと、それだけで不幸なように感じますよね。やむをえない事情なら仕方ないですが、娯楽のための借金とすると、一緒にいてもさらに借金を増やしそうな気がしますよね。

■2人でスマホいじり

・「2人でいてもスマホばかり見ていてお互いを見ていない」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「2人でカフェにいて、それぞれスマホをいじっているようなカップル。楽しくなさそうで不幸だなと感じた」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

せっかく2人でいるのに、何もしゃべらずにスマホばかりをいじっているカップルも、たまに見かけることがあるかもしれません。何も話さなくてもわかりあえているならまだしも、お互いに興味がないだけなら不幸ですよね。

■スペックだけで付き合っている

・「女性側が男性をスペックだけで選んでいる」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「彼氏の仕事や年収だけで付き合って、一緒にいて幸せそうに見えない女性」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

付き合う相手をスペックだけで選んでいると、心の底から幸せを感じることは少ないのではという意見も。恋人に欠かせない条件は人それぞれですが、もし何らかの都合で相手のスペックが下がったら、すぐに別れることになりそうです。

■まとめ

お互いに思いやりのもてないカップルだと、付き合っていても不幸になってしまいそうですね。相手のことを大切に考えるからこそ、長く付き合えることができるもの。最近あまり彼のことを思いやれていない女性は、自分たちが「不幸なカップル」になっていないか、一度振り返ってみてもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月9日~11月14日
調査人数:115人(22~34歳の女性)

関連リンク
彼より強引に……。女性が「浮気してみたい男性」5選
恋愛梅雨前線にご注意! 「じっとり女子度」診断
そりゃ断然モテるわ! 大人の男が経験で学んだ「彼女へのマナー」 4つ

  1. カノン(20歳) ID:mCfyE・11/27

    彼の奨学金1106万円也。 それでも、結婚したいと思ってます。

    2

  2. ティファンヌ(19歳) ID:hbI3d・11/26

    私の彼にも奨学金の支払いがあるけど、別に気にならないよ?10年以上かかるだろうって言われたけどだから何?って思う、サポートするのが私の役目。

    2

  3. グレース(37歳) ID:iT3N3・11/26

    あれ?一番肝心な『男が低所得orケチ』が抜けてるけどwww

    8

  4. ミユウ(39歳) ID:1W80L・11/25

    本人達がよければいい。

    13

このページのトップへ