再会で急接近!実は…同窓会で「恋に落ちやすい」心理的秘密とは

マンガやドラマの世界だけではなく、同窓会で旧友と恋に落ちちゃうという人は意外と多いもの。場合によっては、不倫をしてしまうというひともいます。「なんか手近ですませたみたいで嫌だな」と思うかもしれません。ですが、同窓会が新しい恋につながるというのは、じつは心理的な秘密が隠されていたんです。化粧心理学者の筆者が解説いたします。

心理的な距離が近い
大人になると、どうしても「○○さん」とか「○○部長」とよばれてしまうもの。そこには複雑な立場や人間関係があり、壁があるというか、親しさはありませんよね。
ですが、旧友の間柄であれば「○○ちゃん」とか、場合によってはニックネームでよばれることだってあります。すると、壁が取り払われて、心理的な距離が近くなるわけです。いってみれば、警戒心がなくなるということ。
一気に、彼はあなたの懐に入ってきてしまい、恋の炎に火をつけられてしまうんです。
 
お互いのことを詳しく知っている
恋愛関係で大事なことは、お互いのことを深く知っているということです。
心理学的にいえば、“自己開示”ができているということなのですが、相手のことを知っていればいるほど、そして相手が自分のことを知っていればいるほど、好意の感情が芽生えます。
同窓会は、基本的には仲のいい旧友や元クラスメイトたちとおこなうもの。大人になって知り合ったひとよりも、自分や相手のことを一番知っている間柄なわけです。
ですから、そこに好意が生まれても何ら不思議ではありません。
 
ギャップが大きい
同窓会で、旧友と恋愛関係に発展する理由の一つに“ギャップ”があります。
子どもの頃はそうでもなかったのに、再会してみるとかっこよくなっていたり、かわいくなっていたり。いつも宿題を忘れていて頼りなかった子が、頼もしい経営者になっていたり。
そんなギャップに、コロッといってしまうことがよくあります。じつはこれも、心理的な理由。
たとえば、人から誰かを紹介されるときに、「○○くんは、優しくて、かっこよくて、だけど女子にだらしがない」といわれるのと、「○○くんは、女子にだらしがないんだけど、優しくて、かっこいい」といわれるのと、印象が違って聞こえませんか。
必ずというわけではありませんが、ひとは最後にいわれたことに印象を支配されてしまいます。つまり、同じ内容でもほめてからけなされるより、けなしてからほめる方が印象がよくなるわけです。
同窓会もじつは同じ。昔のダメダメなイメージが再会して逆転する。それは、けなしてからほめるのと同じ。印象がよくなって、好意をもつのも当然というわけなんです。
 
同窓会は、恋を始めるにはうってつけの場所だったんですね。
「いまさら……」と思うかもしれませんが、彼氏が欲しいひとは同窓会にもでかけてみてくださいね。
 

【関連記事】
83%が「孤独」…ひとりが寂しい夜に絶対にしてはいけないこと3つ
モテないけど…怒られない!? 男ウケの悪い「地味な色」有効活用法
やっぱりひとは見た目?オトコが女子を見てがっかりするポイント
やればやるほどつらいのに…「不安になった時に」しちゃう行動3つ
小悪魔女子が興味のない男性にも「彼氏いません」を使う真理3つ

Menjoy! 11/25

このページのトップへ