気になるお母さんの産後ケア “肥立ち”の注意すべきポイントとは?

出産という大仕事を終えたお母さんの体は相当に消耗しています。また、出産を期にそれまでと体質が変わるという人も少なくありません。

そんなお母さんにとって、また周囲の家族にとって、産後のケアは大切なもう一つの仕事です。

これから赤ちゃんを育てていかなければならないお母さんがしっかり元気に戻れるよう、知識を備えておきましょう。

要チェック項目


□産後で特に注意すべき期間は6週間から8週間が経過するまで
□赤ちゃんと同じくらいお母さんの体も大切にするべきである
□家族の協力は必要不可欠、事前に相談しておこう

よく聞く「産後の肥立ち」とは?
産後ケアの話になると必ずと言って良い程に話題となるのが「産後の肥立ち」という言葉です。

しかし、皆さんはこの言葉を意味を正確に知っているでしょうか? 産後ケアの基本知識である「産後の肥立ち」について解説していきます。産後の肥立ちとは産後から主に6週間から8週間の特に母体への配慮が必要な期間のことを言います。別名、産褥期とも呼ばれます。

この期間は出産により傷付いた母体が修復を行っている期間です。赤ちゃんを包むために膨らんでいた子宮が元の大きさに戻り、また損傷した産道なども治癒していきます。

その際、後陣痛と呼ばれる痛みや残留出血を含む分泌物の排出である悪露(おろ)が起こりますが、これは適切な経過であり心配はありません。こういった経過を辿り、母体は妊娠や出産の前の状態へと戻っていくことになります。

「産後の肥立ち」期間中の気になる症状
産後の肥立ちの間は心身を休めることが大切なのは言うまでもありません。しかし、そうして気を付けていても回復の経過が悪いと様々な症状が起きてしまいます。俗に言う『産後の肥立ちが悪い』という状態です。以下に症状別に解説します。

乳腺炎


赤ちゃんにあげるために母乳が蓄えられる乳腺内で細菌感染による炎症が起きたり、場合によっては化膿してしまう状態です。化膿まで起きてしまうと高熱が出るため、弱った母体には酷な疾患となります。

産褥熱


出産によって傷付いた産道や子宮が細菌感染し、40℃近い高熱が出る疾患となります。乳腺炎と同様に弱った母体には酷な状態となります。

産褥子宮復古不全


産褥子宮復古不全は赤ちゃんを包むために大きくなっていた子宮の回復に時間がかかり、傷の治りが滞ることで出血や分泌物の排出が長く続くことです。

産後うつ


産後はホルモンバランスが乱れがちになり、結果として心理面が不安定になりやすい状態です。

産後うつというと子育ての不安などと簡単に片付けられがちですが、ホルモンバランスによるものは心持ち次第でどうにかなるものではありません。

周囲の理解と医師によるフォローが必要になることも多い、真剣に考えるべき状態です。

「産後の肥立ち」を良くするポイント
産後の肥立ちを良好な状態で乗り切るためにはいくつかのポイントがあります。キチンと覚えておき、回復に役立てるようにしましょう。

休息


出産後の2週間から3週間は隙あらば休むくらいで丁度良いでしょう。そうでなくとも赤ちゃんのお世話や多少の家事など、家族に任せきりにできないことがあればやらなければならないと思います。

そんな中にあっては、赤ちゃんが眠っている時は絶対に一緒に寝る、など休息を意識の中心に置いて過ごすくらいが適切です。

しかし、数週間が経過してからは休み過ぎないことも重要です。休み過ぎは産褥子宮復古不全などを招くことがあるからです。

入浴


産道や子宮から出てくる分泌物、悪露が続いている間は湯船に浸かることは避けましょう。細菌感染の危険性があるためです。シャワーなら平気ですので、上手にリフレッシュするようにしましょう。

食事の内容


出産はそれ自体に大きなエネルギーを費やす上に、体の一部だった赤ちゃんを取り出す作業でもありますから、その後の回復にはかなり栄養が必要になってきます。

バランス良く食べることはもちろん、血液を作る鉄分と皮膚や筋肉を作るタンパク質、また母乳を作ることで失われがちなカルシウムを意識して摂取しましょう。

産後ケアは事前の準備が大切
産後はとにかく体力が消耗しており、日用品を買いに行くにも一苦労ということもあります。

また、どうしても赤ちゃんが生活の中心になるために、他の用事には基本的に手が回らなくなると考えておいた方が無難です。生活必需品の買い出しや清潔な衣類、寝具やタオル類などの準備、赤ちゃん用品の備蓄といった事前の準備が産後の自分を助けてくれます。

ただ赤ちゃんと自分のことを考えて生活できるよう、備えあれば憂い無しの心掛けが大切です。

産後は積極的に家族を頼りましょう

赤ちゃんに対する責任感からか、出産後も何でもかんでも自分でやろうとしてしまう人はかなり多いようです。

しかし、出産後は体が消耗しているなどということはもはや常識です。周りもきっと理解を示してくれるはずですので、遠慮なく家族を頼るようにしましょう。

どうしても赤ちゃんのことは自分でする、という考えであるならば、他のことは基本的に家族に任せるなど負担を切り分ける作業が必要です。

場合によっては、実家に帰省するというのも有効な手段でしょう。とにかく気兼ね無く頼れる相手には存分に頼ることがお母さんの、ひいては赤ちゃんのためになります。

また、最近では食事の宅配サービスが充実してきていますし、ヘルパーやファミリーサポートセンターを利用するという方法もあります。頼れるものは何でも頼るという考えで丁度良いのが「産後の肥立ち」です。

産後ケアは抜かり無く お母さんあっての赤ちゃんです
赤ちゃんのことばかり考えてしまうのは仕方の無いことでもありますが、それでお母さんが体を壊していては元も子もありません。

お母さんが元気でいないと赤ちゃんもキチンと育つことができないかも知れません。

十分な知識と準備、できるだけの周囲の協力を得ながら産後ケアという仕事を乗り切りましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
胎児に危険な妊婦さんの飲酒 気がつきにくい妊娠初期は注意!
妊婦さんの食欲旺盛は当たり前? 妊娠中の食事で気をつけたい大切なこと
ママさん必見!妊娠初期段階から確認できる「心拍数」からわかること

Doctors Me 11/25

このページのトップへ