もう溺愛!コスメマニアが「浮気しても必ず戻る」ベース作り3アイテム

学生時代からバイト代はひたすらコスメだけにつぎ込み、自他共に認めるコスメマニアとなった筆者。筆者がコスメをこよなく愛する理由はただ一つ、手っ取り早く美しくしてくれるモノだから。
そこで今回は、美容ライターである筆者が“必ずリピートしたくなる! 凄腕ベース作りアイテム”をご紹介します。
 
■1:ポーラ『B.A プロテクター』
常にストックを確保しておかないと、不安になってしまうほど溺愛しているのがポーラの『B.A プロテクター』です。
ポーラ最高峰ブランドB.Aシリーズだけあり、一度使ってしまったら二度と手放せない心地よさ。
SPF50・PA++++と紫外線カット率が高く、ジェルとクリームの長所を合わせたハイブリットプロテクト処方で、肌にのせた瞬間スッとなめらかに溶け込んでいきます。
日焼け止め特有の重たい感覚やツッパリ感は全くなく、スキンケアクリームのような保湿力がたまりません。試してみた友人が皆、即お買い上げしてしまうほど! ぜひ試してみてくださいね。(45g/11,000円<税抜き>)
 
■2:ランコム『アプソリュ サブリムグロー ベース』
続いては、まるで美容液かのような繊細で美しいボトルに目を奪われてしまう『アプソリュ サブリムグロー ベース』です。
ボトルの中心部の一輪のローズの中にエイジングケアの美容液成分がたっぷりと凝縮配合。皮脂成分に近く優しい感触で、肌に一日中うるおいを与え、明るくツヤのある発光肌を叶えてくれます。
“ベースづくり”というと仕上げのファンデーションばかりに気にしてしまいがちですが、重要なのは土台となる“下地”であることを改めて思い起こさせてくれるアイテムです。
乾燥が気になるこれからの時期は、特におススメですよ。(24ml/9,000円<税抜き>)
 
■3:イヴ・サンローラン・ボーテ『アンクル ド ポー ルクッション』
特別なテクニックは一切いらず、どんな人でも“憧れの女優肌”にしてくれる優秀なアイテムです。
各ブランドから相次いで発売されているクッションファンデですが、「ツヤ感はあるけれど、素肌に近すぎてカバー力が心配」、「カバー力がありすぎて、いかにもファンデ塗りました!って見えてしまう……」など、いいなと思えるクッションファンデには出会えず仕舞いでした。
しかし、『アンクル ド ポー ルクッション』は、パフでなでただけで陶器のような肌に! みずみずしいうるおい感と上質なツヤ感のバランスが絶妙で、軽いつけ心地なのに念入りにつくり込まれたかのような女優肌へと仕上げてくれます。
テクニックが必要なクッションファンデとは違い、ムラになりにくく、スーッとなじませるだけで肌にフィットするのも嬉しいポイント。
筆者はテカりやすい額や小鼻だけお粉をのせて、乾燥しやすい目元や頬、口周りは『アンクル ド ポー ルクッション』のみで仕上げています。そうすることで、乾燥やツッパリ感がなくなり、一日中みずみずしい極上のツヤ肌をキープできるようになりました。
未だ「理想の肌に出会えていない」とお嘆きの人は、運命の肌に出会えるかもしれません!(全5色/7,500円<税抜き>)
 
メイクアップの完成度は、ベースづくりにあるといっても過言ではありません。とっておきのアイテムで、自分史上最高の美肌を手に入れちゃいましょう。
 

【関連記事】
ぜ~んぶ950円以下!オシャレ女子の「旬顔」をつくる最愛コスメ5選
旬顔できた!「YSLの限定コスメ」でメイクすると人から褒められるって噂
山田優のセレクトは?去年のコートはアリorナシ「2016年トレンド」判定
篠原涼子&ガッキーより!「眉毛のお手本にしたい」憧れ芸能人1位は
3位ダレノガレ!男の本音「可愛いけどメイクが苦手な芸能人」1位は…

このページのトップへ