爪がボロボロしたら爪水虫かも…自己治療が出来ない症状とは?

ふと気が付いたら足の爪がボロボロになっていたり、爪が分厚くなっていたりしませんか?

実は、それらは爪水虫の症状かもしれません。

今回は爪水虫についてご紹介します。

要チェック項目


□爪水虫は他人にも感染する
□爪水虫は自力で治療できない
□爪水虫は皮膚科を受診する

爪水虫って何?
爪水虫は正式には爪白癬(つめはくせん)と呼ばれる病気です。爪水虫は水虫の原因である白癬菌が爪の中に感染することで起こります。

爪水虫は多くの場合足の指の爪に出来ますが、手の指の爪に出来ることも稀にあるそうです。

また、爪水虫は爪の中で白癬菌が増殖し、他人や自分の体の他の部分に感染する可能性が高いため、注意が必要です。爪水虫になると以下の症状が現れます。

爪水虫の症状


・爪が分厚くなり、色が濁っている
・爪の表面がボロボロになり、爪の表面に筋ができる
・爪の周りに炎症ができる

以上のような症状が発症します。上二つは爪水虫の可能性が高いですが、ほかの病気が原因である場合もあるようです。上記のような症状に思い当たる節があれば爪水虫を疑いましょう。

爪水虫にかかる原因は?
爪水虫にかかる原因はなんでしょう。代表的なものを見てみましょう。

爪水虫の原因


・足ふきマットやスリッパから
・ネイル
・裸足で行う競技
・足がむれる

以上のようなことが原因で起こりやすいようです。基本的には普通の水虫と同じような原因で起こります。白癬菌は高温多湿を好むので、靴下もこまめに取り換えると良いでしょう。

競技でのは感染では、柔道などの格闘技の試合や練習で集団感染したケースがあるようです。

ネイルでの感染はジェルネイルと自爪の間に隙間ができ、そこから水分が侵入することでカビが増殖し爪水虫の原因になるようです。

爪水虫を放っておくとどうなる?
爪水虫にかかっても、痛みはないし放っておいても良いと思ってはいけません。爪水虫を放っておくと以下のようなことが起こります。

他の場所へも白癬菌が感染


爪水虫をそのまま放っておくと、爪の中でどんどん白癬菌が増加します。最初は1か所だけだったのに、爪水虫が2か所にできてしまったということがあれば爪水虫が進行している可能性が大きいです。

家族や他人へ感染


爪水虫をそのままにしておくと、自分以外にも感染させてしまいます。

爪水虫は空気感染でなく、足ふきマットやスリッパなどの湿度が高く暖かい場所で感染します。

他の人へ移す前に爪水虫の治療を始めましょう。

爪周りに痛みやかゆみがでる


爪水虫は痛みやかゆみが出づらく見逃されがちですが、ある程度進行すると爪周りに痛みやかゆみがでます。この状態まで来ていると爪水虫の進行はかなり進んでいます。

また、爪もこの状態まで進行すると目に見えてボロボロになっているためほとんどの方が爪の異常に気が付くようです。

爪水虫にかかったらどこに行けばいい?
実際に爪水虫にかかってしまったらどこへ行けばいいのでしょうか? 爪水虫は皮膚科を受診するようと良いようです。

検査は爪の一部を採取し、顕微鏡で爪の中に白癬菌が存在しているかどうかを調べます。この検査の結果、爪の中に白癬菌が存在していれば爪白癬(爪水虫)であると診断されます。

爪水虫は進行度によって治療法も変わります。また、どの治療法でも医師の診断が必要となるので、爪水虫が疑われる場合には速やかに皮膚科を受診してください。

爪水虫の治療法
爪水虫の治療法には主に塗り薬と飲み薬があります。それぞれの治療法についてみていきましょう。

塗り薬


比較的症状が軽い場合には塗り薬治療を行います。現在出ている塗り薬は、爪への浸透力が高く体への負担が少ないとされています。

ただし、塗り薬はコストが非常に高く塗り薬1本で6000円前後かかるようです。爪水虫は治療期間が半年〜1年程度かかるため、かなりの費用が必要となります。

後述の飲み薬では定期的な血液検査が必要となりますが、塗り薬であれば血液検査は必要なく手軽に治療が行えるというメリットがあります。

飲み薬


数年前は飲み薬を使う治療が一般的だったようです。現在でも爪水虫の症状が重度の場合は塗り薬でも完治し辛いため、飲み薬が使用されるようです。

飲み薬は様々な種類があります。種類によって効果も違いますが、中には副作用として肝機能障害を引き起こすものもあり、定期的に血液検査を受けなければならないようです。

飲み薬も療法ごとに飲む期間は異なりますが、半年〜1年程度は継続して治療を行います。

もし爪水虫にかかったら
いかがでしたでしょうか。

爪水虫は早いうちに気が付き、早いうちに病院を受診することで治療期間も短くなります。また、体への負担も少なくて済みます。

自分では治すことができない病気です。爪水虫が少しでも疑われたら必ず皮膚科を受診しましょう。爪水虫は特に早めの治療が大切です。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
足の爪が臭いのは垢が原因だった!? 清潔にしたい足の正しいケア
マニキュアが爪水虫の原因?マニキュアと爪水虫の関係
水虫だけじゃない!知っておきたい足の爪のトラブル8選!

Doctors Me 11/25

このページのトップへ