ママだけの問題じゃない!?「妊娠中」のトラブルは赤ちゃんに影響するの?



妊娠中にむくむ原因

妊娠中記には、顔や足などにむくみが生じやすくなります。原因は、体内の血液量が増えて水分量が増すため。胎児の重みも加わって、脚がむくみやすいという問題もあります。
妊婦さんの30%程度はむくみに悩みます。中でもむくみやすいのが、妊娠前までデスクワークが中心だった方や接客などの立ち仕事をされていた方です。むくみとはそもそも、細胞の間に過剰に水が溜まることで起こる現象です。
妊娠中のむくみ解消には、無理のない程度に身体を動かすのが効果的。座りっぱなしでいると、妊娠していなくてもむくみやすくなります。
妊娠中は誰もがむくむの?



妊娠中にお腹が張るのは異常?

筋肉で構成される子宮は、行動して疲労がたまると、他の部位の筋肉と同じように影響が出ます。子宮の場合は筋肉の収縮につながり、お腹の張りを感じることがあるのです。
妊娠していない状態での子宮は50ml程度の容積ですが、出産するまでに約4Lにまで膨らみます。このように、子宮が大きくなることによって子宮の周りにある膜や皮膚の表面が膨らんでつっぱり、お腹の張りとして感じることもあります。
お腹の張りは、妊娠の週数によっても違いが出てきます。また、お腹が張ったと思ったら、休憩するのがおすすめです。
妊娠週数別でみる!「お腹の張り」



風邪やインフルエンザの影響は?

妊娠中の感染症は、とても心配なはず。咳やくしゃみで早産や流産の危険がないか、胎児に感染がおよばないかなど、気になるでしょう。しかし、ウイルスや細菌の感染に関しては、あまり心配いらないようです。
高熱が出た場合は子宮収縮が誘発される恐れや、胎児の酸素消費を増やしたりする恐れがあるため、高熱が出る程の重症になる前に治療を受けることが重要です。
妊娠中の薬の服用やインフルエンザの影響も心配ですね。気になる方は、こちらをチェックしてください。
妊娠中の服薬とインフルの影響は?
いかがでしたでしょうか?健康な人でも、妊娠中の体調管理には気を遣うもの。病気にならないことも大切ですが、病気になってからの正しい対処も重要です。困ったときは、ヘルスケア大学も参考にしてくださいね。

【関連記事】
仕事も楽しいけど、そろそろ適齢期。妊娠を考え始めた女子が知るべき豆知識
元気な赤ちゃんが欲しいから。「妊娠力」を高めるライフスタイルのすすめ
妊活は”妊娠しやすいカラダ”を作ることが大事!では、妊娠力を高めるライフスタイルとは!?
妊活中の女性たちへ!妊娠しやすい食事のポイントは「色」にあるんです
おなかの赤ちゃんのために…。妊娠中に必要な”4大栄養素”はコレです!

このページのトップへ