【血液型×美容】O型は敏感肌の傾向がある!?貴方に合ったベストなスキンケア

血液型ごとのベストなスキンケア法を紹介する血液型美容、今回は食べ物や腸内環境が肌に表れやすい「敏感肌」のO型にふさわしい美容法に迫ります。バランスのとれた食事と内側からのケアで健康的な美肌を手に入れましょう。


O型さんは美容オタクが多い?

O型は他の血液型に比べて、シミを気にする人が多く、積極的にケアを行っているのだとか。とあるデータでは、O型の64%が「シミの悩みがある」と回答。悩みに比例するようにUVケアの実践率もO型がもっとも高く、サングラスの使用率はダントツ。さらに美容関心度も高く、日頃から美容情報の収集にも熱心なようです。
気質的な特徴として、O型は裏表がなく大らか、楽天的で自由奔放な性格といわれていますが、美容に関してはこだわりの強い傾向があるようです。


「敏感肌」は環境の変化で起こるもの

実は、医学的に「敏感肌」という病名はありません。強い洗剤や化粧品を使った時に肌が荒れたり、赤みが出たり、衣類が原因でピリピリしたりするなど普通の人より反応しやすい肌を一般に「敏感肌」と呼んでいるようです。
最近では精神的なストレス、食生活、住環境の変化によって、肌が敏感に傾いている人が増えていますが、血液検査をしても、「敏感肌」であると判断できる数値が出てくるわけでもないのが実際のところです。
敏感なのはアレルギーのせいかも!?


敏感肌に優しい入浴法のススメ

常に肌トラブルがつきものの敏感肌の人にとって、入浴は大切なスキンケアタイムといえるでしょう。ただし、誤った入浴法では肌の刺激となることも。敏感肌向けの入浴法のコツを教えます。

熱すぎるお湯や長風呂は皮膚のバリアに欠かせない皮脂を奪ってしまうので、38度から41度のぬるめのお湯に5〜10分以内の短時間入浴がおすすめです。
ぬるめの湯に短時間の入浴では体が温まらないという方もいらっしゃいますが、それは、代謝が落ちている証拠。代謝が良くなれば、体内のあらゆる機能が高まっていくので、肌トラブルが解消されることもあります。
また、入浴後は肌が乾燥してしまわないよう、5分以内にこってりしたクリームやオイルを全身に塗り、しっかりと保湿することも忘れないでください。
敏感肌向けの「体の洗い方」は?


炭水化物と冷たい物の摂り過ぎには注意!

敏感肌には、食べ物の影響も少なからずあります。健康によいイメージのある生野菜のサラダは体の“冷え”を誘発するため、摂り過ぎに注意しましょう。
小麦や大麦、ライ麦などに含まれるたんぱく質の一種であるグルテンは、アレルギーを引き起こす可能性があります。

体が冷えて血行が悪くなると、肌の代謝が悪くなります。すると必要な栄養素が行き届かなくなり、乾燥肌がひどくなったりすることも。生野菜をたっぷり使ったサラダや、氷でキンキンに冷やされた飲み物など、冷えた食べ物は摂り過ぎにはご注意を。
コーヒー・紅茶でもカサカサ肌に?
肌のバリア機能を高めるにはビタミン類の摂取が欠かせません。ピーマンやブロッコリーなどの緑黄色野菜を“温野菜”にして食べ、ストレスに強い肌を育みましょう!

【関連記事】
【NHKきょうの健康で放送】どうしても我慢できない!「男性の尿もれ」の原因と日常でできる対策は?
【セレブの新トレンド】いつものお茶を変えるだけ!「ティートックス」が今アツい
活動再開した泰葉さんが発症していた!うつ病と誤診されやすい「躁うつ病(双極性障害)」とは?
【ヴィクトリア・ベッカムも愛用】ココナッツオイルで全身ケア
【血液型×美容】A型は混合肌が多い!?貴方に合ったベストなスキンケア

このページのトップへ