まだ若いからって安心できない。「更年期障害」は早めの対策がカギなんです



30代で発症することもある「更年期障害」

「更年期障害」と聞くと40代後半〜50代前半に発症するものというイメージがありますが、中には30代や40代前半という早期で発症する人もいるんです。完全に防ぐことは難しいですが、悪化予防はできます。

若いうちからの早めの対処で、症状を予防・軽減していきましょう。ここでは、更年期障害の対策についてお話します。


予防のために日常生活でできるコト。

更年期に現れる一般的な症状としては、ほてり、のぼせ、発汗などの、いわゆる「ホットフラッシュ」や、動悸、息切れ、めまいなどの身体的なものと、イライラや憂うつなどの精神的なものがあります。

これらの症状は、更年期になってもほとんど感じない人もいれば、日常生活に支障をきたすほど重篤な人もいるなど、人によって大きな差があるのが特徴です。
更年期の症状は、加齢によるエストロゲンの減少が原因のため、完全に防ぐことは難しいのが現状。しかし、早めに対処することで、症状を予防・軽減できることもあります。日常生活の中でできる予防法をご紹介します。
・食生活の見直し
更年期障害の症状は、エストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れが自律神経にも影響することで起こります。そして食生活の乱れも、自律神経のバランスを乱す原因に。栄養バランスのよい食生活が重要です。

積極的にとりたいのが、ホルモンに作用するビタミンE、亜鉛、大豆イソフラボン。特に大豆イソフラボンには女性ホルモンのバランスを整える作用があり、更年期障害で起こりがちな症状を緩和する効果が期待できます。
大豆イソフラボンにはこの女性ホルモンのバランスを整える作用があるため、更年期障害で起こりがちなのぼせや発汗、頭痛、肩こり、月経不順、イライラ、不安感などを緩和してくれる効果が期待できます。
大豆イソフラボンを含む食べ物!
また、ビタミンB1、ビタミンB12自律神経のバランスを整える働きをするのでおすすめです。ビタミンB1を多く含む食材には、豚肉、レバー、ビタミンB12は、あさり、牡蠣などがあります。

ストレスに対抗して体を守るホルモンの材料の一つとなるビタミンCは、更年期のイライラ緩和に有効です。ビタミンCを多く含む食材には、レモンやイチゴ、ほうれん草、ブロッコリーなどがあります。
更年期障害を和らげる食事とは?

・適度な運動の習慣化
更年期障害の緩和に有効な運動は、ウォーキングや水泳などの「有酸素運動」。自律神経によい影響を与え、呼吸器や循環器などの内臓の働きを活発に。また、運動によって快適な睡眠が得られ、心身のリフレッシュにも。
予防はいつから何をするべき?


早めの対策で、しっかり予防を

いかがでしたか。更年期なんてまだまだ先のこと、と安心していると、のちのち後悔することになる可能性も。今から、無理のない範囲で生活スタイルを改善し、更年期障害の悪化を予防していきましょう!

その他、「ヘルスケア大学」には女性の健康・美容やライフスタイルに関するお役立ち情報がたくさんあります。ぜひご覧になってください。
「ヘルスケア大学」をチェック!

【関連記事】
まだ若いのに更年期障害?どんどん減っていく女性ホルモンを効率よく補う方法とは!
イライラしたら「更年期」かも…。ストレス緩和に役立つ3つのおすすめ対処法
テレビ番組で告白!川村ひかるさんが苦しんだ「若年性更年期障害」とは?
そのときが来る前に…アラサー女子が”今から”始めておくべき「更年期障害の予防術」
え、もう来ちゃったの!?「プレ更年期」のセルフチェックとかんたん改善策

このページのトップへ