原因は“冷え”から…?自宅でカンタン「足湯」でスッキリむくみ知らずに



何でこんなに脚がむくむの?その理由を教えて!

仕事上、一日中立ちっぱなしだったり、デスクワークでずっと座り通しだったりすると、夕方になる頃、靴がきつくなったりしませんか?しかも、指で押すとその跡がくっきりと残ったり…。なぜこんなにむくんでしまうんでしょうか?
心臓がポンプのような働きをすることにより、私たちの体内に流れる血液は動脈を通して水分や栄養分を細胞へ供給する役目を果たしています。それと同時に、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環します。
しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

原因はいくつかあり、一過性のものと、血管や肝臓、腎臓、または心臓の障害によるなんらかの危険サインである可能性があります。
「むくみ」を引き起こす原因とは?


このむくんだふくらはぎを何とかしたい!

そもそも、本来、足に流れた血液は重力に逆らっています。なので、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たしているのです。実は、人間の下半身には70%もの血液が集まっているといわれています。その血液を心臓に戻すよう働いているのがふくらはぎです。「第二の心臓」ともいわれているのもわかりますね。

ふくらはぎのむくみを解消するには、筋肉を鍛えてポンプ機能を働かせてあげることが重要です。むくんでしまった場合には、血流を促進することが有効となります。
ふくらはぎを“むくみ”から解放する方法としておすすめなのが、脚のマッサージやストレッチです。これによって血行を促進し、むくみを解消する効果が期待できます。
ふくらはぎをむくみから解放する!


足湯がむくみに効くってホント?

ほかにも脚の血行を促進する方法として、おすすめなのが足湯です。身体が冷えた状態が長く続くと血流が悪くなります。そして、それによって脚に余分な水分が溜まりやすくなるため、むくみやすくなるのです。足湯なら気軽に脚を温めることができるので、むくみ対策としてはかなり期待できます。

足湯をすると自律神経の一種である副交感神経の働きが高まり、緊張が解きほぐされて血流が改善します。 緊張状態では交感神経が優位にたち、血管が収縮して血液の流れが悪くなっているのですが、副交感神経が優位になることで、むくみから解放されます。
足湯は夜、たとえばテレビを見ながらとか雑誌を読みながらとか、気軽にできますよね。リラックス効果の高い就寝する30分前にやるのが一番効果的です。脚のむくみ対策だけではなく、寝つきもよくなって快眠対策にもなります。
自宅で簡単!むくみに効く足湯法


脚の血液の循環をよくすることがカギなんです

むくみに悩んだら、まず自分のむくみの原因は何か考えてみましょう。あまりにも治りが悪い場合は病気が原因のこともあるので、まずお医者さんで検診を受けてみることも大事です。それでも、特になにも悪いところがないのなら、足の血行促進をはかるところから始めてみましょう。

血液の循環を促してあげるマッサージやツボ押し、足枕、足湯などのセルフケアが有効です。
その他、「スキンケア大学」には女性の健康・美容やライフスタイルに関するお役立ち情報がたくさんあります。ぜひご覧になってください。
「スキンケア大学」をチェック!

【関連記事】
なんか濃くなってる?妊娠中の「ワキや乳首の黒ずみ」の対処術
“美人ママ”がひそかにやってる?あなたもなれる5つの秘密とは。
あぁ、また今日もパンパン…。その"むくみ"、カラダからのSOSサインかも
ぽってりしてない麗しボディに!むくみ知らずになる予防&対策!
見えないからこそしっかりケア!「VIO」ラインの脱毛とそれぞれの注意点

このページのトップへ