バスタイムでケアしちゃお!治りにくい「背中ニキビ」&ストレスの関係って?



ストレスで、皮脂分泌が増える?

ニキビの原因は、毛穴が詰まって皮脂が溜まり、そこにアクネ菌が増殖してしまうこと。角質層が厚いため毛穴がつまりやすく、皮脂や汗の分泌が多い背中は、他のパーツよりもニキビが発生しやすい環境にあります。
背中はもともと皮脂分泌が多い部位ですが、ストレスなどの要因により、皮脂分泌が通常よりも活性化することで、毛穴がつまりやすくなります。不規則な生活によるストレスや食生活の乱れが過剰な皮脂の分泌を招いてしまうのです。
ストレス→男性ホルモンもUP!?


背中ニキビを防ぐ、正しいお風呂の入り方

一番問題なのは、シャンプーやリンスの洗い残しが背中の毛穴に残ってしまうことです。背中は皮脂の分泌量が多く、毛穴汚れのたまりやすい部分。体が温まって毛穴が開くお風呂では、毛穴に詰まった皮脂汚れを落とすことが重要なのですが、シャンプーとリンスの洗い残しにも注意が必要です。

そこで、髪を後ろに垂らした状態でシャンプーやリンスしている方は、できるだけ顔を前に倒して髪を前から垂らした状態で洗い、すすぎをしましょう。シャンプーの泡もリンスを含んだ髪も、肩や背中にかからなければ、毛穴に残ってしまうリスクはぐっと軽減されます。
"洗う順番"にも気をつけてみて!


入浴後は、顔だけじゃなく背中にも保湿を

お風呂できれいさっぱり洗えたら、洗顔後のケア同様に、背中も化粧水でケアしましょう。肌をしっかり保湿していれば、角質層の肌バリアであるラメラ構造を維持できますから、皮脂が過剰分泌される心配はありません。

背中ニキビに悩んでいるのなら、まずは保湿力の高い石けん、化粧水などを使用して保湿ケアを行うことが大切です。具体的には、セラミド、天然保湿因子(NMF)など角質層の保水力を向上する成分を含んだ製品がおすすめと言えます。
"乾燥肌"のほうがニキビ体質!?


見えないところだからこそ、忘れずにケアしよう

いかがでしたか。背中は、ニキビができやすい環境が整っているにもかかわらず、洗いにくい場所であるため、洗い残しが発生しやすいパーツです。自分ではケアもしにくいため、いったんニキビができると悪化しやすく、跡も残りやすいのがやっかいな部分。重症化する前に適切なケアを行いましょう!

その他、「スキンケア大学」には女性の健康・美容やライフスタイルに関するお役立ち情報がたくさんあります。ぜひご覧になってください。
「スキンケア大学」をチェック!

【関連記事】
できる前に「●●」が大事!やっかいな「シミ」のしくみと種類&対処法
捨てるとこなし!甘くて美味しい「かぼちゃ」の秘めたる”美のチカラ”とは?
極ぷる効果!ヒアルロン酸以上の保水力がある『プロテオグリカン』の使い方
“間違った常識”が悪化につながる。ストレスや睡眠不足でもなる「ニキビ」
鏡を見たらニキビが...。そんな肌トラブルを防ぐ“3つのうるおいのカギ”とは?

このページのトップへ