【乳腺症ガイド】乳腺炎や乳がんとの関係はどうなっているの?

乳腺症という言葉を聞いたことがありますか? 乳がん検診を受けた時に言われた方もいらっしゃるかもしれませんが、医師によってもそのネーミングの曖昧さを指摘されることがあります。

はたして乳腺症とはどのようなものなのでしょうか。

要チェック項目


□乳腺症は良性の疾患です
□中年女性に多く見られます
□乳がんとは関係ありません

乳腺症ってなんですか?
乳腺症は、何らかの原因によって乳腺に変化がみられることを指す言葉であって、具体的には何が起こるのか、その名前からはよく分かりません。

このようなことは医学界ではたまに見られるようです。

乳腺症とはすなわち「乳腺になんだかいつもと違った状態が見られますよ」と説明しているだけのことに過ぎません。

乳腺症の症状にはどのようなものがありますか?

胸に現れる違和感


乳腺症の症状は実にさまざまであると言われていますが、女性ホルモンのバランスが大きく影響すると言われています。

そのため、毎月の生理にともなって、胸に張りが出たり、また元に戻ったりすることがあります。妊娠中に胸が大きくなることはみなさんもご存知のことと思いますが、それに関してもいずれは元に戻っていきます。

乳腺に見られる病変


生理の場合も妊娠、出産の場合もそうですが、乳房や乳腺に現れた変化は、必ずしも元と全く同じ状態に戻っているとは限りません。

毎月の生理や妊娠、出産によって、乳腺になんらかの病変を残すこともあります。それによって特には痛みが出たり、しこりのようなものが見られたり、また、乳頭から分泌物が出たりするようなことがあります。

症状によって名前はいろいろ


乳腺症は先述したように曖昧な言葉なので、乳腺に実際に現れた症状に応じて病名がつけられることとなります。

乳腺に嚢胞が見られるような時には「嚢胞」とよばれますが、複数個見られるような場合は「嚢胞症」と呼ばれます。

乳腺組織の細胞が、アポクリン腺の細胞のように変化した場合には「アポクリン化生」と呼ばれますし、乳管の細胞が増殖した場合には「乳管過形成」と呼ばれます。

乳腺症の原因について教えてください!

女性ホルモン


乳腺症になる原因としては、女性ホルモンの存在が挙げられています。乳腺は女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン、プロラクチンなど)のバランスの変化によって影響を受けます。

エストロゲンは乳腺の発育に影響を与えると言われていますが、あまりにおおく分泌され過ぎると、結果として乳腺症が発症すると言われています。

ということは、乳腺症の症状は月経周期と共に、ある程度の周期性があるということになります。

乳腺症が乳がんになる可能性はありますか?

基本的にありません


乳がんになった人が手術を行った後に、乳腺症を発症してしまうことがしばしばあるため、かつては乳腺症から乳がんに移行するのではないかと考えられていました。

ただ、現在では乳腺症になったからと言って、乳がんになりやすいということは否定されています。

ということで、もし検査をした時に「乳腺症ですね」と言われたからといって無用の心配をする必要はありません。

ただ、乳がんは乳腺症をは関係なく起こるものなので、定期的な検査が必要なことは言うまでもありません。

乳腺症の検査って?


乳腺症の検査は、一般的に乳がん検診と同じようなことが行われます。すなわち、胸にしこりがないかを確認したり、問診や視診を行います。

もしも疑わしいところがあるような場合は、レントゲンを撮影してみたり、超音波(エコー)による観察が行われることとなります。

乳腺炎とはどう違うのですか?

乳腺炎とは


乳腺炎は、授乳中の女性によく見られる疾患として知られています。

乳腺炎には、乳腺に母乳が詰まることによって起こる「急性うっ滞乳腺炎」と、細菌感染によって乳腺に炎症を起こす「化膿性乳腺炎」の2種類があります。

一般的に知られているのは、授乳中の女性がなる急性うっ滞乳腺炎の方です。

症状


乳腺炎になるとおっぱいが固く張ってきて、しこりが見られるようになります。炎症を起こすことによって赤く腫れたり痛みが出たりします。

また、母乳の色が黄色っぽくなるといった特徴もあります。乳腺炎の場合には通常、見た目に変化が現れることはないので、乳腺炎との判別は容易です。

治療法


急性うっ滞乳腺炎は母乳が詰まってしまうのが原因なので、一番は赤ちゃんにおっぱいを飲んでもらうことです。

お風呂で温め後にマッサージするのも有効です。ただ、症状があまりにも引かない場合には母乳外来などを受診するようにしましょう。

乳房に異常が見られたらまずは病院へ!
乳腺症と乳がんは基本的に関係ありません。

ただ、判別が難しいこともあるので、棟にしこりが見らるような時には、速やかに医療機関を受診するようにしてくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
生理前、バストの不快な“痛み・ハリ”をなんとかしたい!
マンモグラフィで乳がんが発見できない!? 「高濃度乳腺」とは?
乳腺炎かも…赤ちゃんに授乳を続けて大丈夫?

Doctors Me 10/19

このページのトップへ