エッそれ塗るの!? 驚きテクで「べースから透明ツヤ肌に変える」方法

疲れている日などは、いつも通りにメイクをしても“粉浮き”してしまう女性も少なくないのではないでしょうか?
「うわっ!せっかくファンデ塗ったのにカサカサ……」なんてことも起こりがちですよね。透明感のある肌に仕上げたいのに粉浮き肌になってしまうときは、透明感をプラスしましょう。
今回は時短美容家の筆者が、透明感のある肌を作り込むベースメイクの技を3つご紹介していきます。
 
■1:ゲルなどで肌のツヤを出す
透明感のある肌に仕上げるには、肌の凹凸を利用し、おでこや頬などの出ているパーツにツヤを出しましょう。
最近ではメイクの上からでも、ツヤを出すためのコスメも出ているので、簡単にツヤのある肌をつくることができます。また、保湿ゲルなどをブラシで薄くのせるだけでも、ツヤがプラスされ透明感もアップします。
指でのせるとムラになりやすいので、必ずブラシでのせてくださいね。
 
■2:浮いているパウダーをブラシではらう
粉っぽさが目立つときには、思い切って浮いている粉をブラシでサッと払ってしまうのも技です。
せっかくメイクしたのにすぐ取ってしまうようで、「えっ!?もったいない!」って思うかもしれません。でも一度、ブラシで粉を払うことで、つきすぎた余分な粉を取り除くだけでなく、肌にファンデを馴染ませる効果もあるんです。
粉っぽいときは、ブラシひと払いで修正して、馴染ませましょう。
 
■3:メイクの上からさらにスキンケアを繰り返す
上記の1でもお伝えしたように、透明感ある肌に見せるためにはツヤ感がマスト。粉っぽい顔がくすんで見えるのは、水分不足が原因の可能性もあります。
そんなときは、メイク前のスキンケアをメイク後にも行ってみましょう。メイクの上から、化粧水、乳液、美容液などをメイクが崩れない程度にそっとのせていきます。メイクが崩れないよう、優しくハンドプレスをしながら潤いを補っていきます。
しっかり潤った肌は、それだけで透明感がアップします。粉浮きしてお困りのときのスペシャルテクにしてみてください。
 
せっかくメイクをしたのに、完成後に粉浮きしていると悲しくなりますよね。透明感のある肌に仕上げるために、肌の調子が悪いときはぜひ今回ご紹介した技を試してみてください。ちょっとの手間で透明感がアップし、お疲れ顔の粉浮き肌にならずにすみますよ!
 

【関連記事】
ほっぺに「ツヤ玉」できてる?-5才効果の美肌&リフトアップ術4つ
ぐんぐん浸透!「オイルを化粧水の前に使う」と起きるイイコトとは…
残酷ですが…10歳は老けて見えます!「首のシワ」徹底解消テク3つ
整形級の技に驚いた!目の錯覚を利用する「骨筋メイク」体験レポ
檀れい…最強45才の「美は1日にしてならず」!すぐ真似したい6習慣

このページのトップへ