何をしても出ない!ガンコな"便秘"から抜け出すための最強マニュアル



頑固な便秘の3大原因

頑固な便秘が起こるのは、便秘が慢性的になっているから。慢性的な便秘の原因には、主に3つのことが関係しています。1つは、ねじれ腸、もう1つは鈍感腸、そして最後は下剤依存症です。近年の調査結果では、便秘で悩む人の8割がこのねじれ腸であることがわかっています。
ねじれ腸になると、ねじれた部分が細くなって便が通りにくくなってしまうため、便秘になります。さらに、ねじれた部分に便が溜まることによって、その重みで大腸が伸長。絡まりやねじれがひどくなり、便秘が悪化するという悪循環が起こってしまいます。
鈍感腸・下剤依存症の特徴は?


生活習慣の改善でスルリ?

あれほど出なかったのに、生活習慣を改善しただけでスルリになったということもあります。改善したい生活習慣とは、お腹によい食事や適度な運動、規則正しい生活です。ありきたりと思うかもしれませんが、これらを続けていくのはとても大切なことです。

排便に関係する副交感神経は0時過ぎに活動のピークを迎えるため、腸のぜん動運動を促すには0時には眠っていることが理想的と言えます。夜型の生活をしている方は朝型に切り替えましょう。
ひどい便秘は、こうした日々の積み重ねによって解消につながります。時間はかかりますが、じっくりと取り組んでスッキリ生活を目指しましょう。
”朝の一杯”でぽっこりもスッキリ?


頑固な便秘対策に食べたいもの

便秘改善には、特定の栄養成分を含んだ食べ物がよいといわれます。代表的なのが、食物繊維です。食物繊維には2種類あり、バランスよく摂取するのが便秘の改善におすすめです。
すでに便秘であれば、タイプにより効果的な摂取バランスが変わってきます。腸が動かない弛緩性便秘の人は、不溶性食物繊維を多めに摂取して腸の動きをよくすることで便秘の解消が期待できます。

プルーンやバナナ、乳酸菌、りんご、オリーブオイルなども、便秘の改善によいとされる食べ物です。食事内容の見直しは、便秘解消の第一歩。意識して毎日の生活にとり入れましょう。
5つのスルリ食材、ベストな食べ方
いかがでしたでしょうか?頑固な便秘は、気持的にもスッキリしないもの。食生活や生活習慣を見直して、身近なところから便秘改善に取り組みましょう。ヘルスケア大学には、他にも健康に役立つ情報が盛りだくさんです。

【関連記事】
ツラい“肩こり”にサヨナラ。スキマ時間にできる簡単エクササイズリスト
重い…ワタシの肩にダレか乗ってる!?そのツライ肩こりは●●でバイバイしよう
アレルギー性だけじゃない?ムズムズ「鼻炎」の種類と効果的なツボ
今日は、朝食にツナサンドを食べよう!
つらい便秘は薬で解決。でも、おもわぬ副作用があるんです

このページのトップへ