あぁ、また今日もパンパン…。その"むくみ"、カラダからのSOSサインかも



今日も脚が、パンパン。

夕方になると靴がきつい。指で押すとその跡がくっきりと残るほどにパンパンに。このような“むくみ”は医学的には浮腫(ふしゅ)といい、女性によく見られる症状のひとつ。ここではむくみの原因についてお伝えします


そのむくみ、カラダからのSOSかも

むくみの原因はいくつかあり、一過性のものと、血管や肝臓、腎臓、または心臓の障害によるなんらかの危険サインである可能性があります。

長時間の起立状態
立ち仕事をしている方の足がむくみやすいのは、長い時間立っていると、重力により血液は足に溜まってしまいます。すると、静脈は圧が高くなってしまい、戻ってくる水分を受け入れることが難しくなってしまうのです。
運動不足による冷え性や血行不良
足の筋肉は収縮することにより血液を循環させるポンプの役目を果たします。運動不足によって足の筋肉が衰えると、そのポンプ機能が低下しまい足に水分が溜まりやすくなってしまうのです。

さらに足先の毛細血管まで血液が潤滑に流れなくなり、冷え性や血行不良をともなうむくみが起こります。
水分・塩分の摂り過ぎ
水分や塩分を採り過ぎることにより、血液中の水分が増えてしまいます。それにより余分な水分が留まりやすくなり、むくみの原因になります。
"むくみ生活度"セルフチェック!
下肢静脈瘤
静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れることで血液が逆流し、血液が足に溜まってしまう血管の病気が原因でむくむことがあります。悪化すると、溜まった血液により肌が黒ずんだり、湿疹やかゆみの元にも。

肝臓の病気
血管内に水分を保持するアルブミンという成分があります。これは肝臓で作られるのですが、肝臓が弱っているときにはこの成分がうまく生成されなくなります。
そのため、動脈の水分が血管の外に出やすくなり、静脈では血管に水分が戻りにくい状態になってしまい、むくみを引き起こすことがあります。

腎臓の病気
腎臓がなんらかの原因で弱っていると、身体の中の余分な水分を尿として排出できなくなり、むくみの原因になることがあります。その他、血液を送りだす役目をしている心臓が弱っていて、むくみの原因になっていることも
"ホルモン"が減っちゃう病気かも


むくみにくい生活を心がけて

普段から、早寝早起きや正しい食生活を心がけるなどして、自分なりの「むくみにくい生活」を心がけるようにしましょう。日常生活でできるむくみ予防には、次のようなことがあります。
・半身浴などでゆっくりと、ややぬるめのお湯に使って余分な水分を排出する
・寝る前に水分や塩分を摂りすぎない
・代謝を活発にする運動(ウォーキング、ジョギング、水泳など)を生活に取り入れ

現状の生活習慣や食習慣などをいま一度見直し「むくんでいないか」「もしむくんでいるなら、生活のどの部分を改善すればいいか」を考えてみてください。見直しても改善されない場合、内臓に異常がある場合も。
普段と変わらない生活や立ち仕事などをしていないのに突然足のむくみに悩まされたり、慢性的なむくみが1週間以上続く場合には、内科など専門医による診断を仰ぎましょう。
"ツボ押し"でもむくみがスッキリ


むくみはカラダのバロメーター

むくみは放っておくと慢性化します。もしかすると、慢性化してしまったまま気づかないなんてことも。不安な場合は医療機関への相談も、お忘れなく。むくみのないスッキリボディで気持ちのよい毎日を!

その他、「スキンケア大学」には女性の健康・美容やライフスタイルに関するお役立ち情報がたくさんあります。ぜひご覧になってください。
「スキンケア大学」をチェック!

【関連記事】
高脂肪なのに食べるほどスリムに?ナッツダイエットの真実!
老化も防ぐ!リバウンド知らずの「サートフード」で脂肪燃焼&基礎代謝UP
はじめよう!ハンドケアできれいな手!
カラダを動かすのが苦手でもOK。「女性ホルモン」を増やす運動のススメ
たった3つだけで!?憧れの美バストを手に入れる生活習慣とは?

このページのトップへ