ぽっこりお腹を凹ませたい!”くびれ”も叶える最強エクササイズ、教えます



ぽっこりお腹を引っ込める方法が知りたい!

シュッとくびれたウエストに、引き締まったお腹は女性の憧れです。でも、いろいろな方法を試してみるけどなかなか引っ込まないこのお腹!何かいい方法はないのでしょうか?
ぽっこりお腹を防いで、理想のボディを目指すためにも、腹筋トレーニングは有効です。さらに、腹筋を鍛えると、便秘の対策などにもつながり、健康面でもメリットがあります。
女性の身体には「遅筋」というトレーニングなどで大きく成長することはほとんどない筋肉が多く、男性に比べて筋肉がつきにくい仕組みになっています。それでも、努力次第でスッキリお腹にすることはできます。
しなやかな美腹を作るトレーニング


ウエストに「くびれ」も欲しい!方法はある?

女性なら、やっぱりお腹をひっこめるだけではなく、ウエストに「くびれ」も欲しいですよね。腹筋は、お腹の前にある「腹直筋」、わき腹部分に存在する「腹斜筋」、お腹を横方向に向かって走る「腹横筋」の3つ構成されており、それぞれの筋肉でトレーニング方法が異なります。

くびれにアプローチするためには、わき腹を斜めに走る腹斜筋を鍛えることが重要です。この筋肉が衰えると、わき腹に脂肪がつきやすくなり、浮き輪のようなたるんだウエストになってしまうのです。
腹斜筋を鍛えることで、ウエストが細くなるのはもちろん、代謝が高まることで太りにくい体質を作れ、冷えやむくみの解消にも効果が期待できます。
ツイスティングクランチでくびれ美人


運動が苦手でも出来るエクササイズってあるの?

美しいくびれを目指して、毎日腹筋運動を行っても、くびれをつくる「わき腹の筋肉」に効いていなければ、憧れのくびれを手に入れることはできません。運動が苦手な方でもできる、ボールを使った簡単なエクササイズをご紹介します。

(1)足を揃えた状態でひざを曲げて座り、両手でボールを持つ。背中が丸くならないように、背筋をしっかり伸ばし、ボールを胸の高さに持ってくる
(2)息を吸いながらボールを持った両手を少し前に出し、息を吐きながらゆっくり上半身を右側へひねる。腕が下がらないように気をつけること
(3)ひねりが深まっていくのを感じながら、できるだけ右後ろの床にボールをつける。足が浮きやすくなるので、浮かないように注意すること
(4)反対側も同じように行う。
今回ご紹介しているエクササイズは、ボールを使っていますが、なければ似たような形ものを使っても大丈夫です。座る場所さえあればどこでもできるので、気軽にできます。
くびれエクササイズ「応用編」も!
いままで、ぽっこりお腹に悩んでいた人も、ウエストの「くびれ」をあきらめていた人もちょっとした努力の積み重ねでスッキリしたウエスト周りにすることができます。ぜひ、挑戦してみてくださいね。

【関連記事】
●●がダイエットに効果的!?そのウレシイ効果のヒミツ、くわしく教えて!!
“プロテインダイエット”って効果あるの?正しい摂り方があれば教えて!
どうしてリバウンドしちゃうんだろう…その原因は、意外な「体のメカニズム」にあったんです
夏までに燃やせ!「脂肪燃焼系ダイエット」でおすすめしたい成分3選
プルプルして細くならない…二の腕が太くなる原因

このページのトップへ