ファンデで隠せない「秋のくすみ」を吹き飛ばす効果的なスキンケア術

すっかり秋ですね。夏は皮脂や汗を気にしてしまい、思い切ってメイクを楽しめなかったという方も多いのでは? その分、秋は新しいメイクに挑戦してみたくなりますよね。
しかし、ふと鏡を見て気になってしまうのが“くすみ”。夏に浴びた紫外線などの影響で、秋の肌はくすんでしまいがち。
今回は、日本化粧品検定1級を取得している筆者が、秋のくすみ肌におすすめなスキンケア方法とくすみ肌に効果的な成分をご紹介します。
 
■秋のくすみ肌に必要なスキンケア方法とは?
秋の肌は、夏の紫外線やエアコン、過剰な皮脂や汗によって、肌の保湿・バリア機能が衰えた状態になっています。これらの夏に受けたダメージにより、肌が敏感になり、くすんでしまう可能性があるのです。
さらに、秋は夏に比べて皮脂や汗の分泌量も減り、空気も乾燥し始める季節です。これらの環境の変化も重なり、スキンケアを入念に行わなければなりません。では、くすみ肌に効果的なスキンケア方法をご紹介します。
(1)洗顔で肌表面の汚れを落とす
くすみ肌には、ターンオーバーを促進してあげることが大切です。そのためには、肌表面に付着している汚れ、古い角質を落としてあげましょう。
このとき、注意してほしいことは、強く洗い過ぎないこと。強く洗ってしまうと、角層が傷ついたり、肌のバリア機能が低下するなど影響があるので気をつけましょう。
理想の洗顔法は、空気を含んだモコモコの泡で優しく洗うだけで、汚れや古い角質を落とすことができます。
(2)化粧水でたっぷりと水分補給をする
500円玉くらいの量の化粧水を手に取り、たっぷりと肌になじませていきます。洗顔後の肌は潤いが不足しているので、洗顔後すぐに化粧水をつけてあげましょう。
(3)乳液・クリームで油分を補う
最後に行うのは、乳液やクリームで油分を補うことです。というのも、皮膚は皮脂や汗によって、肌の水分が蒸発しないような特徴を持っています。しかし、洗顔後は皮脂が減っていて、無防備な状態になっています。だから、乳液やクリームでしっかり保湿をしてあげることが大切です。
 
■くすみ肌に効果的な成分とは?
くすみケアにおすすめなスキンケア方法をご紹介してきました。もちろんこのとき、使用するスキンケア成分にもこだわることで、さらに改善させることができるのです。それでは、くすみ肌に効果的な成分をご紹介します。
(1)ビタミンC誘導体・・・ビタミンCを安定化し、皮膚に浸透しやすくした成分。効果は、メラニンを還元し、シミ、しわの原因となる活性酸素を抑える働きがあります。
(2)コウジ酸・・・コウジ菌から生まれた美白成分。効果は、肌老化の元となるシミ、しわ、を引き起こす活性酸素を抑えてくれます。
(3)プラセンタエキス・・・プラセンタエキスには、メラニン色素の原因となるチロシナーゼを阻害して、メラニンの生成を抑制してくれる効果があります。
今回ご紹介したこの3つの成分は、さまざまな化粧品に含まれています。化粧品を購入する際にぜひ、参考にしてくださいね。くすみには、美白成分が配合しているスキンケアアイテムが効果的です。
 
秋のくすみ肌を改善するには、しっかりスキンケアをすることが明るい肌への近道ですよ。
 

【関連記事】
ほっぺに「ツヤ玉」できてる?-5才効果の美肌&リフトアップ術4つ
ぐんぐん浸透!「オイルを化粧水の前に使う」と起きるイイコトとは…
朝の「やりがちNGな洗顔法」3つ…無意識に肌に悪いことしてない?
今夜からヤメなきゃ!入浴中もキケン「肌に悪いメイクの落とし方」4つ
スグ試して!「食べる&塗る」のW保湿でお肌が驚きのうるうるに

このページのトップへ