いや、バレバレでしょ! 会社でこっそり居眠りする方法6つ

どれだけ仕事を真面目にがんばっていても、お昼休憩後の睡魔には負けそうになるもの。自分のデスクでウトウトしていると、サボっているようにも思われそうですよね。とはいえ、一瞬リフレッシュの睡眠を設けることができれば、頭もスッキリします。そこで今回は、社会人女性のみなさんに「会社でこっそり居眠りする方法」について、伝授してもらいました。

■1.トイレで寝る

・「トイレで居眠りをする。人に見られることもないので、どうしても我慢できないときはトイレでアラームをかけて少し仮眠をする」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「トイレで寝るに限ると思う。ほかの人にも見られないし、何か言われてもおなか痛くて……って言えるから」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

眠くなったときはトイレに行って、こっそり居眠りをするのがよさそうですよね。いざというときは、「お腹が痛くて……」と言い訳できそうという、ズル賢い意見もありました。

■2.資料室などで寝る

・「資料室などで隠れて寝ればいいと思う」(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「人気の少ない備品室などで居眠りしている人を見かけた」(26歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

会社に資料室などの別室がある場合は、そこに移動して居眠りをすることもできそうです。あまり頻繁に行くと、疑われてしまうかも!? あらかじめ人気のない場所をチェックしておけば、いざというときに逃げ込める安心感が生まれますね。

■3.堂々と寝る

・「机でガッツリ寝てます(笑)。それは、前日徹夜したから許される的な雰囲気で」(31歳/情報・IT/技術職)

・「堂々と寝る。堂々としてれば逆に何も入ってこない。呆れて」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

中には、こっそり寝るよりも、堂々と寝てしまうという人もいるようです。睡魔を感じたときは、少しでも寝たほうが、本当は集中力が増すといいますものね。しかし、あくまでお昼の休憩時間内などに試さないとダメですよ!

■4.考えるフリをする

・「下を向いて考えるフリをして寝る」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「下を向いて髪の毛をたらし、考えているフリをする」(31歳/不動産/事務系専門職)

何か考えごとをするフリをして、下を向いていると、誰も声をかけてきませんよね。でも、あまりにも長い時間そのポーズでいるとバレそうなので注意!

■5.書類を見るフリをする

・「ペンを握ったまま資料を見ることだと思う」(24歳/その他/営業職)

・「書類に向かってじっと考える。ゆっくり目を閉じる」(26歳/医療・福祉/専門職)

仕事をする上で、大事な書類をチェックすることは多々あるもの。おかしいところはないか、しっかりチェックするフリをしておきましょう。「集中してるんだろうな……」と周囲に思ってもらえれば、作戦成功です!

■6.外回りに出る

・「外回りに出たときにどこかで休む」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「外出先で。サボって寝る。オンとオフが大事」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

外出できることができる職種の場合、眠くなったときは、さっさと外出するに限りますよね。眠いときにいくらがんばっても、成果はなかなかついてこないものです。オンオフを切り替えることが重要だという意見もありました。

<まとめ>

会社での居眠りなんて、とんでもないと思う人が多い中、いろいろ工夫して、こっそり休憩している人もいるようですね。どうしても眠いときは、15分ほど軽く寝ることで、逆に頭が冷めることもあります。みなさんは、眠気が我慢できないときどうしていますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月12日~2016年9月16日
調査人数:107人(22~34歳の女性)

関連リンク
バレバレだから! 会社で人の居眠りに気づいた瞬間12
仕事中に居眠りしていた人が言うとうそくさい言い訳1位「考えごとをしていました」
上司の居眠りは見て見ぬふり!? 働く女子の「会議中あるある」

このページのトップへ