ながらエクサは「やるorやらない」がおデブの分かれ道!オススメ5選

1日のうちで、ダイエットのために使っている時間はどのくらいですか? 「キレイになりたい!」という気持ちは大きくても、仕事や家事に追われる日々……。「エクササイズにかける時間があったら、ゆっくりしたい!」という方がほとんどではないでしょうか。せめて、日常生活のついでにできるものがあれば、習慣化しやすいですよね。
そこで今回は、美容ライターの筆者が、日常生活でできる簡単“ながらエクサ”を5つご紹介します。
 
■1:テレビを見ながら“小顔エクサ”
最初は、テレビを見ながらできる小顔エクササイズです。
口を閉じ、歯の外側を沿うように舌を大きく回します。左右それぞれ20回ずつゆっくりと回しましょう。慣れないうちは舌根の辺りが痛くなりますが、毎日続けるうちに痛み減ってきます。
顔周りの筋肉を引き締めることで、小顔効果が期待できます。ほうれい線ケアにもなるので、1日に何回も繰り返してください。「片方だけ引き締まった……」なんてことにならないように、左右均等に回してくださいね。
 
■2:歩きながら“美脚エクサ”
歩行は、脚の筋肉や骨盤の歪みに大きく影響します。普段歩くときに意識して、美脚を目指しましょう。
(1)骨盤のゆがみ解消
まず、歩行の際に膝の内側と内側が当たっているかチェックをしてください。膝が当たらない方は、1本の線の上をまっすぐ歩くようなイメージで、脚が交差をするときに膝の内側同士を当てましょう(O脚の方は、内側がこすれるようになるまで時間がかかるかもしれません)。毎日線の上を歩くように意識をすることで、骨盤や脚の歪みが整い、脚痩せに効果があります。さらに、大股で歩くとカロリー消費も増えますよ。
(2)内側の筋肉を使う
また、歩くときは内側の筋肉を使いましょう。人間の脚は外側の筋肉が太いため、どうしても重心が外側に偏りがちです。外側の筋肉ばかり発達してしまうと、脚が太く見えやすいので気をつけましょう。足の親指で地面を蹴り、常に脚の内側全体を意識しながら歩きましょう。
 
■3:電車にのりながら“お腹痩せエクサ”
電車に乗りながら、ぽっこりお腹改善に効果のある呼吸法です。座っていても立っていてもかまいません。
まずは、姿勢を正しましょう。肺ではなくお腹に空気を入れるように、息を2~3秒かけて吸います。次に3秒息を止め、体内に酸素がいき渡るのを感じましょう。
そして、おへそをお腹に入れ込むように息を吐いていきます。この時、肛門を締めるイメージでお尻にも力を入れるといいです。息を吐き切ったら、そのままお腹の凹みを30秒間キープ! 息が続かない方は、お腹の凹みを変えないように、浅い鼻呼吸をしてください。この呼吸法を10回、1日最低3セット行いましょう。酸欠にならないように自分のペースに合わせて行ってみてくださいね。
 
■4:歯磨きしながら“ヒップアップエクサ”
歯磨きをしながら行うヒップアップエクササイズです。
歯磨きをしながら片足をまっすぐ後ろに上げましょう。お尻の筋肉が硬くなるのを感じたらそのまま10秒間キープ。ゆっくりと元に戻したら、反対側も同様に行います。歯磨きが終わるまでこの上げ下げ運動を行いましょう。
 
■5:スマホを見ながら“むくみ取りエクサ”
夜まで頑張った脚は、パンパンにむくんでしまうことがありますよね。そんなとき行いたいのが、スマホを見ながらでもできるエクササイズです。
(1)脚を心臓より高くする
まずは仰向けに寝転び、壁に脚を立てかけます。このとき、お尻を壁にぴったりとくっつけ、脚と体が90度になるようにしましょう。このまましばらく休憩をします。自分の調子に合わせながら5分程立てかけましょう。
(2)血行をよくする
5分経過をしたら壁の方に向かって足先をゆっくり伸ばします。次に、かかとを押し上げるように、足裏を伸ばしましょう。最後に、脚を壁から離し、足首全体を回します。内回し、外回しに大きくゆっくりと動かしましょう。日中、脚に溜まっていた老廃物や血液を流し、血行をよくすることで、むくんだ脚がスッキリします。
 
どれも短時間でできる簡単なエクサなので、日々の癖にしてみてください。小さいことですが、続けていくと本当に効果が出てきますよ。日常生活のついでに、ぜひ行ってみてくださいね。
 

【関連記事】
1日何度でもやりたくなる!腹やせ・便秘に「腰ひねり」が嬉しい効果
ヒドい落とし穴!「食べてないのに太る女性」に共通する3つの理由
ウエストじゃない!男子が「細い女子認定」するパーツ1位が意外すぎた
あぁ…気持ちイイ!「ゴムボール足裏マッサージ」で驚きのほぐし体験
たった3分で全然違う!「ヨガ前」にやると効果的なウォーミングアップ

このページのトップへ