ゲーマー・高橋名人復活!? 『Bugってハニー』が再放送

1986年に日本テレビ系で放送されていたアニメ『Bugってハニー』の放送30周年を記念して、11月5日に都内でイベントが開催されることが決定した。さらに12月5日からはTOKYO MX 2で再放送もスタートする予定で、にわかに盛り上がりを見せている。

ファミリーコンピュータ全盛期の1980年代、ゲーム名人として子供たちから大人気だった「高橋名人(高橋利幸氏)」。『Bugってハニー』は、彼をモデルとした“高橋原人”が主人公のゲームソフト『高橋名人の冒険島』の世界観をベースにしたアニメ作品だ。架空の世界“トイコンワールド”を舞台に、高橋原人とガールフレンドのハチの妖精“ハニー”らが冒険を繰り広げるという物語。高橋名人本人がオープニングとエンディングテーマを歌って話題を呼び、劇場版映画も制作されるなど人気を博した。

11月5日、東京・テアトル新宿で開かれるイベントでは、1987年に公開された劇場版映画『Bugってハニーメガロム少女舞4622』を上映。高橋名人が登場するトークショーも実施される。

さらに11月21日には『Bugってハニー』の総集編DVD、サウンドトラックCD、主題歌のカバーを集めたCDも発売。12月5日からの再放送に先駆けて、GYAO!ストア、DMM.com、ビデオマーケット、TSUTAYA TV、HAPPY!動画の各動画配信サービスではすでにアニメが配信中だ。

UHF局のサブチャンネルとはいえ、まさかの地上波再放送となった『Bugってハニー』。ツイッターでは、

「マジかよ…俺が道を踏み外した黎明期の開祖といっていい作品やんけ。懐かしすぎる」
「ひゃーーー懐かしい!テレビ見よう!と思ったら12/5~なのね…先すぎる」
「MX2でBugってハニーを放送するらしいな。懐かしさは感じるだろうけど、なんかすげえ残念な気分になりそう。たぶん見るけど」

など、30年前、子供の頃に観ていたというアラフォーと思われる世代が、その懐かしさに思わず反応しているようだ。

ちなみに、『Bugってハニー』の人気を受け、1987年には新たに『高橋名人のBugってハニー』というファミコン用ソフトが発売された。前作の『高橋名人の冒険島』と同じく、基本は横スクロール型アクションゲームだが、ボスを倒すためには、ブロック崩しでパスワードを獲得する必要があるという一風変わったゲームだった。ツイッターでは、

「Bugってハニーは子供心に『高橋名人が出るゲームなら面白いに違いないぜ!』とテンションあがったものの、実際にはずっとブロック崩しをしていた記憶しか無い」
「ゲーム版Bugってハニーの高橋名人の冒険島みたいなゲームだと思ったら…本体はブロック崩しだった時の驚き」

といった声も多く、今回のニュースをきっかけに、ブロック崩しのインパクトの強さを思い出すネットユーザーも多かった。
(小浦大生)


(R25編集部)

※当記事は2016年10月16日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
ゲーマー・高橋名人復活!? 『Bugってハニー』が再放送の【もっと大きな画像や図表を見る】

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

■「off」に関する過去のイチオシ記事
小島秀夫×VRゲーム「世界が驚くヤツを一発かます」
日本の競馬界を変えたゲーム「ダビスタ」伝説5選
「130試合した」『ファミスタ』30周年に感慨の声多数
『ファミ通』30周年で感慨に浸る人続出
彼女に着せたい「ハロウィンコス」1位は?

R25 10/17

このページのトップへ